中古品
¥70
+ ¥250 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、商品に傷みや汚れはありますが、概ね状態良好です。◇画像と商品が異なる場合があります。中古品の為、書込み等がある場合がございますのでご了承ください。記載のない限り、帯や特典は付属致しません。通常2~3営業日以内の発送となります。発送は日本郵便(ポスト投函)・ヤマト運輸等で発送致します。△別販路にて販売行っている為、在庫切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。ご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


会津藩VS薩摩藩 (ベスト新書 185) 新書 – 2008/7/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戊辰戦争での長州藩の仕打ちは、今も会津人に怨念を抱かせる。だが、“長州憎し”と声高に叫ぶ多くの人々も、会津藩に温情を施した薩摩藩に話が及ぶと、とたんに穏やかな顔になる。長きにわたる会津と長州の戦いに和解の道があるとすれば、薩摩を仲介役にし、三者膝詰めでの話し合いにあろう。本書は、会津と薩摩両藩の蜜月時代から戦争に至るまでの関係をひも解きながら、戊辰戦争の裏側を描いていく。ふたたび、会津を救うのは薩摩であるかもしれない―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

星/亮一
1935年、宮城県仙台市生まれ。東北大学文学部国史学科卒、福島民報記者、福島中央テレビ報道制作局長を経て作家。この間、日本大学大学院総合社会情報研究科修士課程修了。『奥羽越列藩同盟』で第19回福島民報出版文化賞を受賞、またNHK東北ふるさと賞を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2008/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584121850
  • ISBN-13: 978-4584121856
  • 発売日: 2008/7/9
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,046,906位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう