通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
会津士魂 12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディション「良い」の商品です。中古品になりますので使用によるヤケ・イタミ・ヨゴレなど、多少の状態の劣化がございます。読むにあたって支障はございませんが、ご了承の上お買い求め下さい。書き込みは見られません。お届けにあたっては日本郵便ゆうメールにて配送のためポスト投函となります。併売による欠品が生じた際は全額を返金させて頂きます。商品に重大な不備のあった場合はAmazonアカウントサービスよりご返品手続きを承っておりますのでご安心下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

会津士魂 12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫) 文庫 – 1999/6/18

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会津士魂 12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫)
  • +
  • 会津士魂 13 鶴ヶ城落つ (集英社文庫)
  • +
  • 会津士魂 9 二本松少年隊 (集英社文庫)
総額: ¥2,171
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

天皇に忠を、幕府に孝を尽くし、士道を貫いた会津藩主従が、なぜ“朝敵"なのか―。埋もれた維新史の真実に迫る巨編。各巻末に著名人のエッセイ付き。第23回吉川英治文学賞受賞作。(解説・高橋千劒破)

内容(「BOOK」データベースより)

会津領母成峠を急襲し、勝利した西軍はその勢いを駆って、会津盆地へ殺到してきた。最後の防衛線十六橋が破られれば、城下への侵攻は時間の問題である。直ちに藩主松平容保らが対策会議を開いた結果、急遽、猛将佐川官兵衛が十六橋防衛の総督に任命され、鮎川兵馬もそこへ配属された。そして、若き白虎隊三十七士も、勇躍その防衛線の守りにつく。


登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 集英社 (1999/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087488276
  • ISBN-13: 978-4087488272
  • 発売日: 1999/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 267,732位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
白虎隊のことを知りたくてこの本を読んだ。会津についてもあまり知らなかったが、白虎隊の悲劇が、というより戊辰戦争の会津編がこれでもかこれでもかと書いてある。力作。
会津士魂のなかの1冊。一読に値する。武士道は会津にありと思わせる秀作である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
豫は本書を単行書版にて全巻通読したのであるが、やはり白虎隊の巻にこそコメントしやう。本書は会津藩の滅亡とその後の流浪を描いた歴史の一大物語だ。だが早乙女さんの薩長批判にやや下品な記述が散見されるのが残念だ。お気持ちはお察しするが、三文文士ではないのだから、批判するにしてもまう少し文筆で描き切つてほしかつた。内容と水準では☆五つ文句なしだが、この点で敢へてマイナス☆一つだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック