通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
伊豆漫玉日記 (ビームコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

伊豆漫玉日記 (ビームコミックス) コミックス – 2017/1/25

5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 561
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 伊豆漫玉日記 (ビームコミックス)
  • +
  • 日々我人間
  • +
  • 漫喫漫玉日記 深夜便 (ビームコミックス)
総額: ¥2,656
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

桜玉吉、待望の最新コミック集!! 伊豆山中の生活は厳しく、面白い!!

流浪の漫画家・桜玉吉が、長く暮らした漫画喫茶を抜け出し、伊豆の山中に引っ越した!! それは自然との闘いの日々のスタートであった!!

大きな話題となった『漫喫漫玉日記 深夜便』から3年、我らが玉さんは、あれ以来なにをしていたのか……、え? 虫と闘ってるの!?
玉吉ファン感涙、待望の短篇コミック集、お馴染み「読もう! コミックビーム」4コマもたっぷり収録して、遂に遂に、発売!!

著者について

●桜 玉吉:多摩美術大学在学中より、デザイナーとして活躍。そのかたわらアスキーに漫画を発表、その漫画が読者に大評判となり、そのまま漫画家となる。


登録情報

  • コミック: 144ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047344427
  • ISBN-13: 978-4047344426
  • 発売日: 2017/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
北杜夫や中島らもなど子供の時から好きだった作家のエッセイを読んでいるような不思議な感覚。
二人の新作はもう読めないが、桜玉吉の新作は今も読める幸せ。
高校生だった僕も40を過ぎて家の中では父親ヅラしており、
同じく50を超えた作者が普段の生活の中で「簡単な義憤」を自ら戒めたり。
父親のこと、娘のこと。生活の合間にふと描かれる家族の話が他人事とは思えない。
とにかくいつまでも描き続けて欲しい。
こちらも生きて、いつまでも読み続ける。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 東京の漫画喫茶暮らしから、昔買った伊豆の山荘へ移住した作者のここ3年ほどの日常を
ゆるだらと描く最新作……ということで前作『日々我人間』の補完というか姉妹作みたいな
ものです。伊豆山中の寂しくも静かな(虫だらけの)生活を面白渋く描く主に10エピソード。
タイトルの割りに伊豆オンリーというわけでもなく漫画喫茶の話も少し入ってます。各話に
「読もう!コミックビーム!」の宣伝4コマが4本ずつ付く構成。特にネタ被りもないので
『日々我』とは優劣つけがたいですけど、ネタ数で劣れども読みやすさで勝るといったところ。
亡きお父様の思い出がちらほら入っているのが切ない。奥村編集長恐い。
 ページ数の割りに高価なのはもうお布施と割り切ってますが、安いKindle版の方に特典
イラスト(1点ですけど)付きでは本が買いにくい。
なお書籍版には作者の声が聞けるニコニコ生放送の宣伝チラシ入り。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
玉吉さんの漫画は大好きでいつも楽しみに待っているんですが、今回の舞台は伊豆ということで頼んだ時から楽しみでした。結果は、大変読みごたえがあり楽しい作品でした。
また単行本を首を長くして待つことにします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SPK 投稿日 2017/5/25
形式: コミック Amazonで購入
月刊ファミ通時代からのファンです。
単行本はほぼ全て購入しています。自分も結構なおじさんになりましたが、今現在、漫画本は玉さんのしか買っていません。
引退されるまで、ずっとずっと応援し続けます!

肝心の漫画内容は、賛否あると思いますけど、私は毎度楽しみに見させて頂いております。一見さんは作品を最初から見た方が、より楽しめると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
伊豆に移り住んで以降の、桜玉吉先生の日常。以前のような破壊的なまでの妄想やギャグは無いものの淡々とした、例えるならば、冷奴を醤油をかけずに味わうような滋味を感じる一作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
歳を重ねるごとに枯れた野の原のような作風が染み入るようになってきました。
こういう作風は狙って描けるものでは無いでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 運転手(42) トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/7
形式: Kindle版 Amazonで購入
ファミ通時代から読んでます。
皆さん大好き。玉吉先生の漫画。
ファミ通時代にバブルで儲かったおじさんが、
ウッドボールCDとか出したり、
パジェロ買ったら誰かに洗われたり
色々あって、漫喫生活したり。
気が付けば、ご自身の人生が漫画になって。
しあわせのかたちは、一つじゃないんだなぁ。

遠い昔ファミコン世代と呼ばれた私たちには
玉吉先生の本は常に教科書の様なものです。
またパジェロ買えるように、お布施をしたいと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ファミ通の頃から買い続けてますが、幽玄漫玉日記のラスト辺りからキレが悪くなってきて読むのが辛いです。
面白エッセイ漫画が、ごく普通のエッセイ漫画になった感じ...伊豆の生活、虫と格闘して云々は全編つまらなくて何の興味も持てない。
伊豆以外のネタも総じてつまらない&絵も手抜きで、ご本人も病を患いながらの執筆で辛いのでしょうが作家、プロとしての自覚は…?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
親戚のおじさんの近況をみるようです
よもう!コミックビーム!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/1/26
形式: コミック Amazonで購入
都内の漫喫から、
伊豆山中の、それより上に民家のない
結界のような一軒家へ。
目のくらむような住環境の転変にも
余裕の漂う玉吉さん。

明け方、山道の方から「キャン」「キャヒューン」となき叫ぶ
犬たちの声と車のガタゴトが聞こえてくると、玉吉さんは
「ペットショップで売れ残った犬を、生き埋めにする気では」と追跡を決意。
「やつらは裏のプロ集団で、オレも一緒に埋められるかも」と思い、
「もしオレとの連絡がとだえたら、埋められてるから」と、
親や編集者に連絡を入れる。
玉吉ワールドの根っこに、弱い者への慈しみがある。

ホームセンターの外のブランコにいた、まっ黒なホームレスじいさんに
「モクある?」と言われると一本あげて、トランジスタラジオを「きく?」と言われると
しばらく一緒に、ぼんやりと高校野球中継に耳を傾ける玉吉さん。

54歳だけど、ウルトラマン前夜祭をオンタイムで観る玉吉さん。

漫喫時代は隣りの「15分に1回全力で屁をこくイタチの様な女」に悩まされ、
伊豆では、隣りの森のタイワンリスに家の中を荒らされながらも、
常になんとか折り合いをつけて生きる玉吉さん。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告