中古品
¥ 500
中古品: 良い | 詳細
発売元 槐堂 
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品につき多少の傷・少し汚れ・ヤケ・褪色・折れ等あります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

企業進化論―情報創造のマネジメント (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2002/2

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
文庫
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

商品説明

   本書は、環境変化に適応して生き残る企業は情報処理のみならず情報を自ら創造している、という仮説から「自己組織(セルフ・オーガニゼーション)」という組織の自己革新モデルを導いた、1985年刊行の名著の文庫版である。とくに「情報創造」の理論は当時の経営論のパラダイムを塗り替えただけでなく、後の『知識創造企業』の基礎になる重要な意味合いをもっている。

   全体の理論展開は戦略論の大枠から始まり、「マネジメントの偉人」たちの時代から「経験効果」やPPMの開発、戦略経営システム集成までの流れが検証されている。「情報創造」や「自己組織」は、これらの分析的手法がめまぐるしい環境変化に対応できるのかという疑問から導き出されている。実践的な戦略の創造を、組織の手に引き戻そうという狙いである。

   そのために組織を「絶えず不均衡な状態にしておかなければならない」という著者の議論は強烈なインパクトを放っている。本書の功績である「ゆらぎとリズム」に特徴づけられる「自己組織」の原則、企業進化のプロセスの明示は、環境変化に拠らない普遍的なマネジメントを企業にもたらすものである。また、理論を肉づけするGM、ホンダ、旧日本軍と米軍、AT&Tなどのケーススタディーは、実践的な指針を与えてくれる。

   巻末に補論として収められた一橋大学での講義で、日本の独創的哲学といわれる「純粋経験」を唱えた西田哲学を引用するあたりに、著者のめざす方向が読み取れる。「日本発」の経営理論を生み出した著者の意気込みが感じられる1冊である。(棚上 勉)

内容(「BOOK」データベースより)

激しい環境変化のなかで生き残っていく企業には、環境からの情報を処理するだけでなく、新たな情報を創造していく自己組織化の力があることを説き、経営学のパラダイムに大転換を促した名著。文庫化にあたり、一橋大学での講義「知識創造への軌跡」を付す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 338ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2002/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532191114
  • ISBN-13: 978-4532191115
  • 発売日: 2002/02
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,027位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

2015年12月16日
形式: 単行本
2005年1月25日
形式: 文庫
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年3月17日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2002年2月10日
形式: 文庫
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
殿堂入り
2002年3月6日
形式: 文庫
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告