¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
企業病に効く!ビジネスコーチング がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

企業病に効く!ビジネスコーチング 単行本 – 2006/3/10

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,022

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 企業病に効く!ビジネスコーチング
  • +
  • はじめて部下をもつあなたへ
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 70pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「部下のやる気がない」、「マネジメントがうまくいかない」…こんな症状があるのなら、あなたの会社は企業病に侵されている!

従来の「コーチング」は、個人のやる気を出し行動をうながすコミュニケーションスキル。しかし、会社に導入をしてもこれだけでは肝心の会社の業績は上がらないのが現実である。
しかし、日米トップビジネスコーチが開発した組織活性化の最新手法「ビジネスコーチング」は、企業病を治し、組織を活性化する手法で100社以上の企業で実績を上げている。
(採用企業例:アサヒビール、NEC、伊藤忠商事、ディーツーコミュニケーションズ他)

ビジネスコーチングなら、社員と会社の両方が幸せになる!

著者からのコメント

多くの企業では数々の組織的な問題をかかえています。
そんな会社では、
「会社の体質が問題だねぇ」「組織が腐っているんですよ」
といった社員の声が聞こえてきます。
アサヒビール、東京電力を始め100社を超える企業の問題解決型のコーチングを体験した私(著者)は、あることを発見しました。
それは、企業はあるパターンで組織的な病=企業病にかかること。
その企業病の病状と原因、さらに治療法をこの書籍で紹介しています。
また、理論だけでなく、著者が現場でガチンコ体験した実際の話がふんだんにある実践的ビジネス書です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 総合法令出版 (2006/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893469495
  • ISBN-13: 978-4893469496
  • 発売日: 2006/3/10
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 376,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
“コーチング”や“企業病”に関する書物があふれている中で、

現場で出来そうなことを簡潔にまとめてある良い本だと思います。

 特に4章の「企業を健康にする10のクスリ」は、

具体的な行動イメージが沸いてきて、参考になりました。

「コーチングで組織は変わらないよ」

著者の気づきの原点を、冒頭にもってきての説明も、好感が持てます。

胡散臭い“コンサルタント”も多い中、著者の志を感じる一文があることで、

納得性も高まっているのではないでしょうか。

 惜しむべくは“装丁”でしょうか。せっかく簡潔にまとめているので、

絵本風にまとめてみる手もあったかもしれません。

藤巻氏の『チームリーダーの教科書』風にすると、

もっと“売れる”かもしれません・・・

内容と著者の志には関係のない話ですが。(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「コーチング」という言葉もだいぶ認知されてきました。

ティーチングや指示、指導の対比として取り上げられる例が多いためか、

甘やかす事=コーチングと受け取られている場合が多いような感じを受けていました。

この本では、

組織に対して

ビジネスコーチングでガチンココーチとして

活躍されている泉氏のひたむきさが伝わってきます。

そして、

コーチングの本質は何か?

について多くのヒントがある一冊です。

表面をなでてお互いに傷つかないようにするのが

「コーチング」じゃないんだって気づきを得られます。

  

真剣に相手の価値観にガチンコしていくことが、

コーチとして大切なことなんですよね。

  

承認することが大切です。 

ってコーチングの教本には書いてあります。

しかし、

その承認に至るまでに本当に相手の事を信じ切って

全てを受け入れているか?
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は、こう告げている。「コーチングでは組織は変わらない」

企業に長年勤めていると、自分の力を最大発揮できるなんて、稀なことだと感じてしまう。
個人でかなり頑張ってみたけど、結局は動かぬ組織に力及ばず諦めてしまったり、
沈滞した職場にエネルギーを吸い取られ(?)、元気だった人がしょんぼりしたり、
そんな、やるせない姿になっている人(自分自身)を目にすることは、実に多い。

著者は、それらの現象を「企業病」と命名し、本書でその病気の解明と、
治療法となるビジネスコーチングの説明を行っている。

コーチングによって「自分を変える」ことに成功したとしても、
自分が属する「組織を変える」ことができなければ、企業人は決してハッピーになれない。
「自分を変える」だけでは不十分。「企業を変える」視点が企業人の幸せには必要。
この重たい問題に対して、直球勝負で挑んでいる姿が、とても印象的に感じた。

本書の一読を是非おすすめしたいのは、組織(とくに大企業)で、頑張っている方達である。
きっと、この本に出てくる企業病の諸症状に共感したり、泉さんからの励ましのエールを感じ、
やる気が湧いてくるのでは、と思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告