中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

企業価値向上論講義 社長の器 単行本(ソフトカバー) – 2008/11/18

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

*日本のM&A界の第一人者で、一橋大学国際企業戦略研究科(MBA)教授も務める佐山展生氏がコーディネートし、MBAの履修生やOBまでもが毎年聴講に殺到する人気講座「企業価値向上論」を単行本化。気鋭の経営者や、企業再生・M&Aの世界で佐山氏が「これぞ」と見込んだプロたちが、実体験や持論に基づき、企業価値向上・再生の秘訣を開陳していく。
*講演者について
フジマキ・ジャパン(元伊勢丹) 藤巻幸夫氏
リヴァンプ(元ユニクロ副社長) 澤田貴司氏
経営共創基盤(元産業再生機構COO) 冨山和彦氏
スパークスグループ社長 阿部修平氏
ケンウッド社長(元東芝常務) 河原春郎氏
森・浜田松本法律事務所 米正剛氏
吉野家HD社長 安部修仁氏
日本電産社長 永守重信氏
インテグラル 辺見芳弘氏
インターネット総研 藤原洋氏

内容(「BOOK」データベースより)

「危機こそ最大のチャンス!」カリスマ経営者たちのリーダーシップとその根源にある人間力―。一橋大学大学院国際企業戦略研究科の人気講座を待望の単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2008/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532314216
  • ISBN-13: 978-4532314217
  • 発売日: 2008/11/18
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 99,990位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
日本のM&A界を代表する人物の一人で、M&Aビジネスを行っている上場企業GCAの代表でもある佐山氏が一橋大ビジネススクールでMBAの履修生やOBまでもが毎年聴講に殺到する人気講座「企業価値向上論」を持っており、佐山氏が「これぞ」と見込んだプロたちが、実体験や持論に基づき、企業価値向上・再生の秘訣を披露していく。そこに下記の著名な経営者が学生に体験談を語ってもらったものをまとめたものが本書である。

経営者の方々は皆著名な方ばかりで、雑誌等で彼らの体験はよく知られているが、これを自分の会社に当てはめて考えてみれば、この本の価値は、経営の実践書として計り知れない程大きいものとなる。

なかなか含蓄ある経営者や佐山さんの言葉から大変な経営のヒントが隠されていることに気づかされる本である。

本書に登場する講演者は以下のような面々である。
フジマキ・ジャパン(元伊勢丹) 藤巻幸夫氏
リヴァンプ(元ユニクロ副社長) 澤田貴司氏
経営共創基盤(元産業再生機構COO) 冨山和彦氏
スパークスグループ社長 阿部修平氏
ケンウッド社長(元東芝常務) 河原春郎氏
森・浜田松本法律事務所 米正剛氏
吉野家HD社長 安部修仁氏
日本電産社長 永守重信氏
インテグラル 辺見芳弘氏
インターネット総研 藤原洋氏
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
”社長の器” とは正に本書の題名としてはまっている!
”経営者に必要なことは何なのか?”を一つ一つの事例を語ってもらいながら
教えていただいているような気がする名著。
経営者に大切なことは”Decision"であることがよくわかるが、
その"Decision"は何に基づいての、何をよりどころにしての
"Decesion"であるのか、考えさせられる書である。
個人的には吉野家HDの安部社長、ケンウッドの河原会長の話は圧巻!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は一橋大学大学院の教授である著者が講義に講師として招いた経営者たちの講演集である。
創業社長やアルバイトからの叩上げの社長、コンサル会社やファンド出身の社長など多彩かつ豪華な顔ぶれである。

社長の講和と質疑応答、最後に著者の解説が数ページ付くという構成なので、著者の考えを知りたいという
目的の読者には不向きだが、さすがに各社長の話は迫力のある話が多く、十分に興味深い内容になっている。

しかし、日本電産の永守社長の奥様の話は、まさに「この社長にしてこの妻あり」といった感じである(笑)。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
何十年も下働きを我慢してそのご褒美に2期4年だけ社長をやる、という時代から、経営者という専門職業を考える時代になっていく必要がある。

そんな点への編者の思いもあったと思われるが、まさに経営をやっている経営者たちの、これまでの経験、経営理念、実践といったことを語り口調で伝えてくれていて、とても貴重。こうした話にインスピレーションを受けた力強い経営者が出てくることを期待したい。

ただ、一つの本として見た場合、編者による各経営者へのインタビューがのっているが、ちょっとおざなり感が否めず、全体としての統一感が不足しているのが物足りなかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告