通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリ... がカートに入りました
+ ¥300 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 BOOK王国
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: リユースのため値札が付いているものがまれにございますが比較的状態の良いものを出品しております。帯はございません。まれにですが書き込み、ヤケ、折れ、付属品、付録がない場合はがございますが、読むには支障がないものを出品しております。6日以内に出荷作業をさせていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く!~ 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/14

5つ星のうち5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥2,160
¥2,160 ¥999
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


booksPMP

2冊で最大6%(期間限定)、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大6~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く!~
  • +
  • IoT時代のサイバーセキュリティ―制御システムの脆弱性検知と安全性・堅牢性確保
  • +
  • ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書
総額: ¥8,424
ポイントの合計: 84pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

近年では、コンピュータにしか存在しなかったマルウェアが、車や家電に脅威を与えるばかりでなく、工場、電力、鉄道といった私たちの産業インフラにも脅威を与えています。また、企業が調達する多くのIT機器にもマルウェアが潜む可能性があります。つまり、通信やネットワークとは関係なかった企業においても、「つながる機器=IoT機器」への脅威への対処が必要となっています。
さらに、この影響はシステムダウンという物理的な障害だけでなく、個人情報流出というプライバシー問題にも波及しています。企業や自治体がIT製品やIoT製品を調達する際に指標となるセキュリティ要件の検討も進んでいますが、分野横断的にインターネットにつながる機器において最低限守るべき共通要件についても、業種や業態を越えた検討が始まっています。
今やIoTセキュリティの脅威がボーダレス化していることから、企業はIoTセキュリティへの対策を避けて通れない時代になっており、これを怠ると企業生命の危機を招くことにもなってしまいます。
本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして、第3章ではAI技術を利用した技術トピックについて紹介しています。
続く第4章では、米国、EU、日本の政策動向を紹介し、第5章においては、拡がるIoT機器や多様なIoT機器を活用したサービスにおけるセキュリティの考え方やポイントが解説されています。特に、具体的な製品やサービス開発におけるSecurity by Design(セキュリティ・バイ・デザイン)の取り入れ方について紹介しています。
IoTを取り巻く脅威や技術的動向、そして各国の規制の動向を正確に把握すること、さらに自社あるいは製品やサービスにおいて、IoTの利活用を考える際のセキュリティ施策のヒントとして、IoTシステムの開発に携わる方々はもちろん、ぜひ、経営層の方々や、IoT機器やサービスを導入する企業・組織のビジネスリーダーの方々にも読んでいただきたい一冊です。

著者について

荻野 司(おぎの つかさ)博士(工学)
一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会 代表理事
キヤノン(株)中央研究所を経て、各種製品の研究・開発やISP事業に携わる。(株)ユビテック社長(2003-2014)時代には、IoT製品・サービス事業化を推進。また、(社)日本ネットワークインフォメーションセンターIP担当理事、IPv6普及・高度化推進協議会常務理事を歴任。現在、ゼロワン研究所代表、情報セキュリティ大学大学院客員教授、京都大学宇宙総合学研究ユニット特任教授。
伊藤 公祐(いとう こうすけ)
一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会 ストラテジックアドバイザ
1993年キヤノン(株)入社、インターネットビジネス開発に従事。2005年より(株)ユビテックにてSaaS型省エネサービス事業および組込みセキュリティ調査に従事。情報処理推進機構(IPA)とIoT時代を見据えて車や家電などの組込みセキュリティの啓発に尽力。2015年CCDS設立に参画。専務理事兼事務局長として協議会を運営。2018年より株式会社JVCケンウッドPSIRTリーダおよび現職。
小野寺 正(おのでら ただし)
一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会 ストラテジックアドバイザ
システム開発・運用業務を経て、セキュリティコンサルティングに従事。主に中期計画策定、統括組織やセキュリティ監視体制の組成、対策実装の支援などに関与してきた。また、事業戦略、業務プロセス改革、IT戦略の立案なども経験。2018年よりCCDSのストラテジックアドバイザーになる。
一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会 
IoT機器やIoTサービスを安全・安心に利用できる環境の実現を目指し、我が国のものづくり産業の発展と新規事業創造、そして国民生活の向上に寄与することを目的として、重要生活機器のセキュリティ技術に関する調査研究、ガイドラインの策定や標準化の検討、および普及啓発を行っている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 168ページ
  • 出版社: インプレス (2018/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 429500541X
  • ISBN-13: 978-4295005414
  • 発売日: 2018/12/14
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 397,794位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2019年4月2日
Amazonで購入