¥ 11,100 + 関東への配送料無料
通常3~4日以内に発送します。 販売元: 福岡ミナモト商店

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 13,780
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: K&S Media Mart (コンビニ・ATM・ネットバンキング・代引き・電子マネー決済OK♪)
カートに入れる
¥ 13,980
通常配送無料 詳細
発売元: T&C JAPAN
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポケットモンスター 緑

プラットフォーム : GAME BOY
5つ星のうち 4.0 44件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 11,100
通常3~4日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、福岡ミナモト商店 が販売、発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:5¥ 11,100より 中古品の出品:69¥ 100より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポケットモンスター  緑
  • +
  • ポケットモンスター  赤
  • +
  • ポケットモンスターピカチュウバージョン
総額: ¥28,760
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B00002EIZW
  • 商品パッケージの寸法: 6.6 x 5 x 0.8 cm ; 18 g
  • 発売日: 1996/2/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 1,269位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   TVアニメや映画にもなった、かわいいポケットモンスター(以下、ポケモン)と一緒に冒険をする大人気RPGシリーズの第1弾。捕まえたポケモンを他のモンスターと戦わせながら育て、最終的に四天王を倒し、150匹のポケモン図鑑を完成させるのが目的のゲーム。同じポケモンでも、育て方によって強さや特長が変わってくるのでおもしろい。別売の通信ケーブルを使えば、他の人とポケモンの交換や対戦をして遊ぶこともできるようになっている。

   同時発売の『ポケットモンスター 赤』とはゲームの内容やストーリーは同じものだが、登場するポケモンの種類が若干違っており、アーボ、ウィンディ、ラフレシアなどは手に入れることができない。全ポケモンを入手するには、両方をプレイするか、通信ケーブルで他の人と交換しなければならないのである。冒険して敵を倒す以外に、集めたり、育てたり、交換したりという楽しみが満載で、大人も子どもも遊べるゲームだ。(秋月昭彦)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1996年冬、まだ自分は5歳になる年だったがこのゲームを父にプレゼントとして与えられた時のどきどきは今でも鮮明である。
それまで、RPGといえばドラゴンクエストを見てもわかるように1人1人の人間達が力を合わせて障害となっている敵を倒し謎解きを進めつつ物語を
歩んでいくものこそが主流であり、人間はもちろんの事普通の動物ともまったくかけ離れた異種の生き物を「収集。」し話を進めるといったコンセプトはこのゲームが、生まれてくるまで皆無であったと思う。しかしこのゲームが世に出てからの爆発的ヒットが引き金となり、テレビアニメ化もされ発展は今日まで続いているのである。ポケモンワールドに広がる未知の領域を感じさせてくれる作品。この初代のゲームと初代のアニメは
他のゲーム、他のアニメと比べても遥かに世界観が巨大すぎる。 凄すぎるのを通り越して芸術の域に達しているといっても過言ではない。
幻のポケモンミュウとミュウツーの誕生の歴史を見ても本当に奥深さを物語っています。
この作品こそ3DSにバーチャルコンソール化させて今の小さい子達にも、この初代の素晴らしさを体験してもらいたいと 切実に願っています…!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
第1世代ポケットモンスター
まだ電池が切れてなくて驚く。
そろそろ交換してやるべきなのだろうが。

タイプによって集められる内容が違い、他人と交換や対戦バトルをさせる事によって人気を博した一品。
多くの人に説明不要の携帯ゲームである。

絶対やっとくべき一作。

ソフト、外箱、仕切り、ソフトケース、取扱説明書、タウンマップが揃って完品揃い。

中古を買って前の人のデータを消したい時は
「タイトル画面で上+SELECT+Bを押す」です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
集めたポケモンが皆強くなると、一度来た事のある場所での戦闘はとても楽になります。相手は以前のレベルのままなのに、こちらは新しい技をいくつも覚えレベルも格段に上がっているから当然。ですがパーティーが伝説のポケモンなどで固められバカ強くなると、なぜか少しダレてきます。最後の敵を倒した後も続いていくこの物語、ふと空しく感じてしまう瞬間がありました。
初めてのポケモンをもらった時のあのワクワクする心境。これから始まる冒険に胸を躍らせていました。最初はバカ強い敵に四苦八苦し、お金もアイテムも少なくてポケモンをひんしの状態にさせてしまうこともしばしばでした。でも楽しかった。ゲームだけれど、命を張って戦う彼らに愛着が湧いていました。
それがいつしか、彼らがどんどん成長していくにつれ力が釣り合う敵がいなくなるにつれ熱が冷めていくのが自分でもわかりました。
このゲームの魅力は、レベルの低いポケモンを一から育てていく事。パーティーを入れ替え、昔のようにまたがんばってみようかとも思いました。でもきっと結果は・・・
私が好きなポケモンは、ガーディーです。このゲームでは一度もお目にかかれなかったけども。とても楽しい冒険の果てに、なにがあるんだろう?今やカラーのソフトが主体ですが、いつかもう一度このポケモンをプレイして真の魅力を探りたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Swordfish 投稿日 2008/10/1
突然の思いだしレビューです。

3色あるので、グリーンだったかは解らないのですがメインでやっていたのは「サンド」がいた奴です。
なんどやってもサンドだけは必ず入れてました。
まさに我が相棒です。

「赤と緑ちょっと違うよ?」というCMを見て購入。
ただ当時は誰もやっている人がおらず友達を無理矢理誘ってやってました。
今ほど子供っぽいイメージはなかったですね。
どちらかというと年齢層は若干高めでちょうど今のPSP層くらい?モンスターハンターとかそんな感じでした。

ブルーの後は子供路線っぽくなってしまいましたが自分にはこのレッドグリーンブルーはいい思い出ですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshu 投稿日 2006/10/18
今や全世界でその名を轟かせる事となった「ポケモン」シリーズ。

その火付け役となったのがこのポケモン「赤」「緑」だ。

主人公は150種類存在するポケモンの全てを捕獲し「図鑑」に記録する事と、

ポケモンバトルで頂点に君臨する「四天王」を倒すことだ。

150種類のポケモンは全てが違う外観、能力、技、タイプ、進化形態を持ち

単純ながらも実に奥深いバトルが展開される。

とは言ったものの発売された時期が時期なので画面は今の水準から

いくと子供の落書きの様だし、戦闘も決して複雑とはいえない。

しかしそのシンプルさの中に何か揺り動かされるものを感じるはずだ。

またこのゲームは「ポケットモンスター金銀」「ポケモンスタジアム」シリーズとリンクしており

それらとポケモンのやりとりをしたりスタジアムでは3Dの大画面で大迫力のバトルを楽しめる。

特に「金銀」とのリンクでは「金銀」では入手不能なミュウツーや伝説の鳥ポケモン、

入手困難な石で進化するポケモンを送信可能で、非常に役に立つだろう。

またこのゲームの隠れた醍醐味として恐
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー