ゼルダの伝説 風のタクト がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,539
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: ワンズワンショップ
カートに入れる
¥ 4,950
+ ¥ 330 関東への配送料
発売元: 本・ゲーム・CD・DVDの買取⇒<買取ヒーローズ>
カートに入れる
¥ 4,980
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ぎゃんすた★ 【15時までにご注文なら出荷予定日に関わらず毎日当日出荷!年中無休】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゼルダの伝説 風のタクト

プラットフォーム : NINTENDO GAMECUBE
5つ星のうち 4.3 245件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 5,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,344 (32%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、MOUSESHOP~全商品、迅速・安心の発送!24時間以内メッセージ対応!~が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • 任天堂の宮本茂が放つ大作アクションアクションRPG
  • 「トゥーンレンダリング」というグラフィック表現方法を採用し、アニメのキャラクターを操作するような感覚でプレイ
  • さらわれた妹を救い出すため数々の困難に立ち向かっていくという、子供でも十分楽しめるストーリー
新品の出品:16¥ 4,539より 中古品の出品:32¥ 857より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゼルダの伝説 風のタクト
  • +
  • ニンテンドーゲームキューブ メモリーカード251
  • +
  • 大乱闘スマッシュブラザーズDX
総額: ¥33,936
ポイントの合計: 265pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

製品概要・仕様

  • 任天堂の宮本茂が放つ大作アクションアクションRPG
  • 「トゥーンレンダリング」というグラフィック表現方法を採用し、アニメのキャラクターを操作するような感覚でプレイ
  • さらわれた妹を救い出すため数々の困難に立ち向かっていくという、子供でも十分楽しめるストーリー

登録情報

  • ASIN: B00006D2D3
  • 発売日: 2002/12/13
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 245件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 1,092位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • 絶版: はい
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

【注文後48時間以内に配送致します】 配送時には梱包して発送いたします。

Amazonより

   任天堂のもうひとつの顔ともいうべきビッグタイトル『ゼルダの伝説 風のタクト』。「もしもアニメーション映画の主人公を自在に動かすことができたなら」という願いをかなえてくれるソフトの登場だ。

   今作は、「トゥーンレンダリング」というグラフィックの表現方法を採用している点がポイント。3Dのグラフィックを2Dのアニメーション風に表現する技術で、味のあるかわいらしいゲーム画面を再現している。

   そして、この「トゥーンレンダリング」技術をうまく使い込んだゲーム内容の完成度にも注目したい。リンクが目の動きなどを使ってふりまく豊かな「喜怒哀楽」が、ゲームの謎解きにかかわってくるなど、プレイヤーの感情移入を高めてくれる演出が随所に盛り込まれている。

   妹をさらわれ数々の困難に立ち向かってくというリンクのストーリーは、子どもだけではなく大人にも感動を与えてくれるに違いない。(弥富久和)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 じむ 投稿日 2007/5/18
感動した!任天堂、やってくれた。

そもそもバイオハザードを購入する目的で手に入れた

GCだったが今では任天堂というブランドに対する見方を

変えてくれた貴重なソフトとなった。

その第一の理由が必然的にこのゲームの大半を占めることになるであろう

大海原の航海。時折降りしきる雨。海面に波紋を生むその水滴。

夜には月は満ち欠け、水平線の向こうに島の影がぼんやりと浮かび上がる。

あまりの壮大さ(と言ってもある程度のパターンはあるが・・・)に

買った当初はテレビを付けっ放しにしてぼーっっと映像に見入っていたものであった。

時折船から飛び降りて海のど真ん中で泳いでみたりもした。

そして時々はおぼれた。
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/12/24
えーと、初めに。
重厚で長大なRPGとか、意外性とかリアリティとか複雑さとか求める人は別にやらなくていいんだと思います。
素直に楽しめる人こそ楽しめるゲームだと思います。
冒険が純粋に楽しいゲームです。
トゥーンレンダリングによるアニメ調のグラフィックは、“結果的に”原点に戻る形になったんでしょう。
初代ゼルダの伝説のイメージイラストはセル画風だったんですよね。
「アニメにあるような冒険活劇をゲームで…」というのがゲームキューブになってついに現実化しました。
村で追いかけてくる小さなハナタレ小僧を見てついニコニコしたり、、
ディズニーアニメの恐いキャラクターのような敵に迫力を感じたり、と
見てるだけでも楽しいゲームというのはこのゲームをいうんでしょうか。
ニンテンドー64くらいの頃から、「64ではやや暗め、GBでは軽めに」という図式が出来てしまったようですが、
その忌々しい(?)構図を破ってくれた作品とも言えるようです。
64版ゼルダよりも操作がシンプルかつ整理された形で操作感もGOOD。
謎解きも程よい難易度です。
冒険を楽しみたい方、オススメですよ。本体と一緒に、是非。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まさか、9年前に発売されたゲームのレビューをするなんて思ってもみませんでした(笑) 当時僕は小学二年生。 当時の僕ではクリアまでかなりの時間がかかりましたが大変良い作品で今でも遊ばせてもらってます(^-^)/ 実はゼルダの伝説シリーズ、これがはじめてのプレイでした(笑) ですがゼルダの伝説特有の神殿などを一人で探検する「孤独」さ、夜になり村も静まり魔物が現れる「恐怖」が豊富で、後にプレイするトワイライトプリンセスで思い存分思い知らされますf(^^; これがゼルダの醍醐味なんだなあと思いますが。 ですが、このゲームのタッチがまるで絵本の中のような感じでいつまでもこの世界に浸りたいと思うほどです。 音楽も民族音楽が豊富で楽しいやつが多いです(^-^)/ 初心者のかたでも楽しめる作品になっていると思うので気になるかたは一度遊んでみたらどうでしょうか?
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2005/5/1
まず難易度ですが、ARPG初体験の私にはちょうど良かったです。
グラフィックも美しく、航海中の夜明けのシーンはとても綺麗でした。
また舞台が海で、ストーリーも明るく感情移入しやすかったです。
この作品のリンクは神話とは無縁で、ガノンの策謀に「巻き込まれた」
形です。犠牲者も後半の後半になってから2~3人程度。
そしてリンクの表情が豊か!数えたわけではありませんが20種類近く
あると思います。表情の流れが自然です。音楽も美しい。
沢山魅力のある作品ですが、難易度が低い、ダンジョンが少ない、
移動がダルイ等の欠点もあります。
ですがこの作品を味わう価値は十分にあります。
新しいゼルダの世界を存分に味わえると思います。
(EDが気になる終わり方なので、続きを出して欲しいです。)
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2006/2/27
見渡す限りの大海原。世界が「ウォーターワールド」になったのは勿論設定上の大きな理由があります。

リンク(私はこう名付けました。)をコミカルな猫目キャラとしてデザインした事より、フィールドの大部分を海にした事の方がゼルダスタッフさんにとっては大きな冒険だったと思います。

本作のリンクは殆ど泳げないので移動は船が不可欠となります。泳げてしまったら船なしで何処までも行けてしまいますからね。

物語の前半の山場でナゼ世界がほとんど海なのかが明かされます。そして「時の勇者」が残した聖剣の行方が示唆されます。

もうその時はすっかり物語の牽引力に引き込まれていました。いい感じです。

後半の「タライとホース」集めについてはやはりダンジョンの奥深くを探索し、ボスクラスの魔物を倒して1つづつ集めたかったです。それが「ゼルダ」の黄金のお約束だと思いますので。

叶わぬ願いかも知れませんが「タライとホース」集めの部分をリメイクしていただけたら、と思います。

我に七難八苦を与えよ!…今はこんな気持ちです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー