零 ~眞紅の蝶~ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品はクリスタルパックにて大切に梱包し、アマゾンより直接発送させていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,938
通常配送無料 詳細
発売元: ☆★Spring Breeze Market★☆
カートに入れる
¥ 5,938
通常配送無料 詳細
発売元: media central
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

零 ~眞紅の蝶~

プラットフォーム : Nintendo Wii
CEROレーティング: 15才以上対象
5つ星のうち 3.9 94件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,994
価格: ¥ 5,938 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,056 (15%)
残り10点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • 【一夜にして、その村は地図から消えた】
  • 地図から消えた村を舞台に、禁じられた祭りにまつわる惨劇が描かれた「零~紅い蝶~」が、新しいグラフィックとWiiならではのゲームシステムで新生。
  • 手軽な恐怖体験「お化け屋敷モード」も加わった、和風ホラーアドベンチャーです。
  • プレイヤーは、主に双子の妹「澪」を操作し、足を悪くした姉の「繭」を守りながら、探索を進めていきます。
  • 迷い込んだ「皆神村」から脱出するため、2人は村内を彷徨い歩きます。その探索の中で、かつてこの村で行われていた、凄惨な「儀式」の存在を知ることになります。
新品の出品:13¥ 5,938より 中古品の出品:35¥ 3,459より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 零 ~眞紅の蝶~
  • +
  • 零 ~月蝕の仮面~
  • +
  • 零 ~濡鴉ノ巫女~
総額: ¥20,048
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B007CEKS3Q
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.5 x 1.5 cm ; 113 g
  • 発売日: 2012/6/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 94件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,142位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

繰り返される双子巫女の悲劇

怨霊と射影機
皆神村の村内を徘徊する怨霊たち。澪は「ありえないもの」を映し出す「射影機」と呼ばれるカメラで、怨霊たちを封じ込めます。

新たに語られる結末
「紅い蝶」では、双子の少女を待つ結末が、幾つか違った形で描かれてました。本作では、全く新しい複数の結末も追加。

視点と操作が怖さを演出
キャラクターを肩越しに追うカメラや、Wiiリモコンを射影や懐中電灯に見立てた操作を採用。
辺りをゆっくりと見回したり、照準を合わせたりといった操作も自由に行えるので、一つ一つの動作の中で、「零」ならではの怖さを実感できます。

新モード「お化け屋敷」
シンプルな操作で楽しめる「お化け屋敷モード」を追加。Wiiリモコンの振動を感知し、どれだけ怖がったかを判定。
色々なモードがあり、霊が出るタイミングや種類もプレイする度に変わるので、繰り返し楽しめます。

型番 : RVL-P-SL2J

Amazonより

【一夜にして、その村は地図から消えた】

地図から消えた村を舞台に、禁じられた祭りにまつわる惨劇が描かれた「零~紅い蝶~」が、新しいグラフィックとWiiならではのゲームシステムで新生。
手軽な恐怖体験「お化け屋敷モード」も加わった、和風ホラーアドベンチャーです。

■繰り返される双子巫女の悲劇
(双子の少女)
プレイヤーは、主に双子の妹「澪」を操作し、足を悪くした姉の「繭」を守りながら、探索を進めていきます。

(廃村を探索)
迷い込んだ「皆神村」から脱出するため、2人は村内を彷徨い歩きます。
その探索の中で、かつてこの村で行われていた、凄惨な「儀式」の存在を知ることになります。

(怨霊と射影機)
皆神村の村内を徘徊する怨霊たち。澪は「ありえないもの」を映し出す「射影機」と呼ばれるカメラで、怨霊たちを封じ込めます・

(新たに語られる結末)
「紅い蝶」では、双子の少女を待つ結末が、幾つか違った形で描かれてました。本作では、全く新しい複数の結末も追加。

■視点と操作が怖さを演出
キャラクターを肩越しに追うカメラや、Wiiリモコンを射影や懐中電灯に見立てた操作を採用。
辺りをゆっくりと見回したり、照準を合わせたりといった操作も自由に行えるので、一つ一つの動作の中で、「零」ならではの怖さを実感できます。

■新モード「お化け屋敷」
シンプルな操作で楽しめる「お化け屋敷モード」を追加。Wiiリモコンの振動を感知し、どれだけ怖がったかを判定。
色々なモードがあり、霊が出るタイミングや種類もプレイする度に変わるので、繰り返し楽しめます。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
このタイトルの元となった作品の、紅い蝶はストーリーも何周もプレイし、
ミッションモードも頑張ってオールSにしたくらい大好きな作品でした。
話も、報われないかもしれないけど初めてクリアしたときには大きなインパクトがあったし、
主人公の双子姉妹も可愛くて、隠しコスチューム目当てに頑張って攻略しました。

wiiリモコンでの操作は自分に出来るのか不安でしたが…プレイ当初は、全く慣れなかったです。
敵をサークル内に捉えているはずなのに、ゆっくりと照準が右へ左へとズレていく。
かなり苦戦したのですが、他の人のレビューや説明書を読み返したところ、
リモコンの捻りに反応してしまっているということに気付きました。
それから意識してリモコンを水平にするように保ったところ、わりと照準はぶれなくなりました。
月蝕の仮面だとズレたりしないので、リモコンの捻りは自分にはやり辛い仕様だと思いました。

話は、紅い蝶にはないムービーや、新しいエンディングが追加されていてとても良かったです。
コスチュームも、水着やニーハイなどがあって嬉しいのですが、どうせなら紅い蝶のゴスロリ服や双子巫女の和服もあってほしかった…
xbox版のコスチュームもあればいいなと思っていたのですが、ど
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しもんきん VINE メンバー 投稿日 2012/6/29
Amazonで購入
とりあえず一周目クリアしました。
追加のエンディングを除けば、ストーリーの流れに変化はないと思っていただいていいです。

ゲームシステムとしては、『月蝕の仮面』と同様のTPS視点になっていることが大きな変化と言えます。
(オリジナル版が『バイオハザード』の1〜3だとすれば、今作は4や5のように常に操作キャラの背後にカメラがある形になります。わかりづらいですかね?)
操作が不自由であった分、恐怖感はオリジナル版の方が上だったかもしれませんが、ゲーム性という点においては大きく向上しています。
『刺青の聲』もこの形式でリメイクして欲しいと思うぐらい、とにかくアクションゲームとして楽しいです。

目玉(?)のお化け屋敷モードですが、まあオマケですね。
それ単体が購入動機につながるような代物ではないです。
友達同士で集まってやると盛り上がるかもしれませんが…申し訳ないですが結構すぐ飽きると思います。

私は零シリーズの大ファンで、特にこの『紅い蝶』に関してはリメイクを心待ちにしていました。
そしてその期待に応えてくれる良質なリメイクであったと言えますが、おすすめする際に不安なのが値段ですね。
これが3800円とかなら自信を持っておすすめできるのですが、フ
...続きを読む ›
1 コメント 263人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
零シリーズは全てやり通して紅い蝶は何周もやっていましたが、所々細かい変更点があるのでその辺りを記述しておきます。
大まかな変更点は他の方のレビューを見ていただければと思います。

【セーブポイント関係】
セーブポイントが増加しています。このゲームは浮遊霊の撮影等にこまめなセーブが大切なのでこれはいい配慮だと思いました。また、若干位置が変更されているものもあります。

【ムービー演出関係】
オリジナルから変更されている演出部分が結構あります。ストーリーにはあまり関わりがないですが、オリジナルをやっていた方も少し新鮮な気分になると思いました。

【浮遊霊関係】
オリジナルだとフィラメントに反応しなかった浮遊霊が結構いましたが、今回はほとんどの浮遊霊が反応するようになったのでオリジナルよりは比較的撮影しやすくなってます。
しかし、オリジナルでは通用した浮遊霊の撮影方法がでは通用しないものが結構あるため、そこは新たに撮影を練り直す必要があるので注意が必要です。
因みに浮遊霊は以前より増加しています。

【怨霊関係】
一部の怨霊の攻撃方法が追加されています。
また、「闇帰り」というシステムが導入されています。月蝕みの仮面にも導入されて
...続きを読む ›
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
僕は、零シリーズには人のプレイを見てのめり込むようになりました。

さて、

月蝕の仮面ではバグがおおいだのなんだの言われてましたが、今作に特にバグもなく
普通にプレイができます。

正直なところ、「zero」「紅い蝶」「刺青の聲」とやってきて、
月蝕、眞紅の蝶に来ると、
「煩わしい」「なぜWiiで出した」など、ほかの方々のレビューを見ていても、
そう伝わってきます。

では、個人的に感じたものをかなりな長文ですが、レビューさせていただこうと思います。

★悪い点、またはPS2経験者には痛い点

*「カメラアングル」

誰もがご存知とは思いますが、
本作は「固定カメラ」ではなく、主人公を肩ごしに追いかけます。

正直なとこを言ってしまうと
ほぼ「慣れ」というふうにしか言い様がございません。
それゆえ、なれない人は当然
・「イライラ」
・「ストレス」
・「もどかしさ」
を感じる方が大半だと個人的には思います。

そもそも、僕がWiiの作品から入ったが故慣れと言い切れるのかもしれませんが、
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す