ポケットモンスター 金 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,000
+ ¥ 500 関東への配送料
発売元: W3G
カートに入れる
¥ 6,000
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: SomeNet33
カートに入れる
¥ 6,480
通常配送無料 詳細
発売元: ✅送料無料 ✅丁寧に梱包発送致します ☆ファミコントップ(愛知県) ✓English Support
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポケットモンスター 金

プラットフォーム : GAMEBOY COLOR
5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、MKストア 本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポケットモンスター  金
  • +
  • ポケットモンスター  銀
総額: ¥30,960
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00002T0D6
  • 商品パッケージの寸法: 12.6 x 9.8 x 2 cm ; 82 g
  • 発売日: 1999/11/21
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 613位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   TVアニメでもおなじみのポケットモンスター(以下、ポケモン)と呼ばれる生き物を集めながら、モンスターと戦わせて育てていくという大人気RPGシリーズの1つで、『ピカチュウ』の続編。基本のゲームシステムは今までどおりだが、ストーリーやマップが新しいものになったほか、ポケモンの種類が今までの150匹から250匹に増えたり、時間の概念が加わって時間と曜日に関わるイベントが追加されるなど、前作とは大きく違っている。

   特におもしろいのが、ポケモンに性別がつき、たまごを生ませることができるようになったこと。通常では覚えない技も、親から遺伝させて覚えさせることができるのだ。同時発売の『ポケットモンスター 銀』とはゲームの内容やストーリーが同じであるが、登場するポケモンの種類が若干違っており、ロコン、ニャース、レディアンなどは入手できない。別売の通信ケーブルを使って前作や『銀』のデータを取り込めるようになっているが、初めてポケモンを遊ぶ人でも十分に楽しめるゲームだ。(秋月昭彦)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
朝昼夜の時間システム、性別、卵(遺伝、卵技、卵厳選)と第一世代から大きくシステムが変わり、対戦も天候変化技の登場や、コンボ技の充実などで大きく環境が変わりました。役割分担ができたのも第二世代からです(第一世代はケンタロスで破壊光線を打つゲームでした)。バトルの長時間化など問題点もありましたが、やりこみ要素が増え、役割破壊としてマイナーとされていたポケモンが台頭するなどと、やり込み要素はかなり増えたと思います。ちなみに私の頃は、まだインターネットが各家庭にある時代ではなかったので、学校やスイミングスクールなどの友達と情報交換をして攻略していました。そのような思い出も含めて大変懐かしい作品です。また、システムの変更などについては、第一世代の攻略本巻末についていたスタッフ座談会で語られていた、卵、更なる進化(ニョロモ系がカエルポケモンになる)などが実現した形となっています。当時を知っている身としては実現がかなり嬉しかったです。

内臓電池切れについては、当時のデータ保存方式がフラッシュメモリではなく、内蔵電池に頼ったものだったので仕方がないところです。出品者の責任ではなく当時の技術的な問題点です。以前は任天堂が有償での電池交換を行っておりましたが、残念ながら金銀の電池交換サービスは既に終了していますので、破損の可能性を了承した上で個人の責任のもとで電池交換をするしかな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私は小学生のクリスマスプレゼントでゲームボーイカラーとこの金をもらいました。
朝起きて枕元を見てプレゼントが置いてあるだけで最高だったのに、包装紙を開けて
輝かしい笑ホウオウを見た時には何とも言えない気分でした。
今は全くポケモンに興味はありませんが、あの頃は本当に夢中だったw
何故、銀じゃなく金を選んだかというと単にルギアよりホウオウの方が神秘的で
憧れたからです笑
でもルギアも一生懸命念じながらゲットできたときは最高に嬉しかった。今思い出しても
感動する。実際にポケモンがこの世にいたらなんて考えたこともたくさんある。
一緒に冒険してきたポケモン達は家族の様だった。大好きでした。今は
無くしてしまったけどまた買ってやり始めたら凄いだろうなぁ…。。。金銀以降はやったことないけどこのシリーズに出会えて良かったと思える。
リニューアルバージョン出てほしい。

あ、あと初代ポケモンアニメの1話目か何話目かにホウオウ出てましたよね?
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人にもよると思うが、自分は金・銀・クリスタルこそポケモンシリーズで一番良い仕上がりとなっていると思う。物語の舞台はジョウト地方に加え、前作のカントー地方にまで行ける様になっており非常にボリュームがあり、ポケモンの数も多く、更に新たな新要素がたくさん加わっているので、飽きが来ず、いつまでも楽しめると思う。特にこのシリーズ限定の時間によって昼になったり夜になったりする、「時計機能」はゲームに親近感が持てて、非常に楽しめた。まだこのシリーズをやった事のない人は是非買ってみるとよいだろう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今でも残っていて、ずっとバックアップ電池が切れた状態だったのですがまた、やりたくなり、この間遂に交換。ちゃんとセーブ出来る様になりました。でも開けるドライバーが無くて強引にドライバーじゃない別の物で開けたのでネジの周りが傷だらけになりました。ネジはその後、サイズの似た物があったプラスのに変えました。でも本体が2つ持ってる(カラーとアドバンスsp)内のカラーの方のボタンが壊れていて別の意味でセーブ出来ないので仕方ないのでspの方でやってます。spでも出来るのは小さい頃知りませんでした。(spはバッテリーが既に駄目です…)その割には昔、そんなにやり込んで無く多分半分以下位しか進めた事ないです。
でも、今はネットで調べられるので最後までやってみようかと考え中です。その前にせっかく、バックアップ電池交換したのでspの交換バッテリーとy字ドライバー(多分部品も)を入手する必要があると思いますがなかなかバッテリーが良いのが無い…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全世界で超絶ブームを巻き起こしたポケットモンスターシリーズの「金」バージョン。
前作に比べ、ドット絵が非常に精巧になった上にカラーまでついた。
エフィクトもリアルに一新し、ゲームとしてのクオリティは相当上がっている。
更にポケモンはルビーやサファイヤと違い「グリーン」「レッド」などの出演ポケモン
を全て残したまま新たに100体が追加され実に251体を誇る。
新たなジョウト地方の冒険を終えれば難易度の上がった前作のカントー地方の冒険へ。
勿論、懐かしのキャラクター達は健在だ。
時間性やポケモン所持アイテム等、新要素も満載。
名作と言われたこの作品、プレイしなければ損である事は間違いない。
が、バージョン的な事を言えば「せいなるほのお」を使えるホウオウより
「エアロブラスト」を使えるルギアの方が遥かに使えるし
出現ポケモンも良いので銀の方をお勧めする。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー