ポケットモンスター 赤 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 11,480
通常配送無料 詳細
発売元: にゃんちゃくれ
カートに入れる
¥ 11,740
通常配送無料 詳細
発売元: LIFE SHOP 【 お取引件数 10000件突破 】
カートに入れる
¥ 12,734
通常配送無料 詳細
発売元: K&S Media Mart (コンビニ・ATM・ネットバンキング・代引き・電子マネー決済OK♪)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポケットモンスター 赤

プラットフォーム : GAME BOY
5つ星のうち 4.3 42件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 10,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、レインボーネットが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 10,980より 中古品の出品:110¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポケットモンスター  赤
  • +
  • ポケットモンスター  緑
  • +
  • ポケットモンスター  青
総額: ¥38,060
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B00005OVDD
  • 商品パッケージの寸法: 6.4 x 5.8 x 0.8 cm ; 18 g
  • 発売日: 1996/2/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,584位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonより

   TVアニメや映画にもなった、かわいいポケットモンスター(以下、ポケモン)と一緒に冒険をする大人気RPGシリーズの第1弾。捕まえたポケモンを他のモンスターと戦わせながら育て、最終的に四天王を倒し、150匹のポケモン図鑑を完成させるのが目的のゲーム。同じポケモンでも、育て方によって強さや特長が変わってくるのがおもしろい。別売の通信ケーブルを使えば、他の人とポケモンの交換や対戦をして遊ぶこともできるようになっている。

   同時発売の『ポケットモンスター 緑』とはゲームの内容やストーリーは同じもの。登場するポケモンの種類が「赤」と「緑」で若干違っており、ロコン、ペルシアン、ニャースなどは手に入れることができない。全ポケモンを入手するには、両方をプレイするか、通信ケーブルで他の人と交換しなければならないのである。冒険して敵を倒す以外に、集めたり、育てたり、交換したりという楽しみが満載で、大人も子どもも遊べるゲームだ。(秋月昭彦)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ろぽら 投稿日 2003/11/16
いっちばん最初のポケモンです。7年前に買ったゲームなんですが
今だに時々プレイします。
思い出がたくさんつまっているからってのもあるのですが、
今やってもまだ、はまれるんですよね。
まだゲームボーイが白黒のときのゲームなのに、カラーや画面の
綺麗さで競っているこの時代に白黒のゲームにはまるんですよ。
これって結構凄いことだと思います。
やっぱりゲームは画面の綺麗さとかよりも内容の奥の深さ、おもしろさ
なんですよね。当たり前ですが(^^;
このポケモンは白黒なので確かに画面は今のゲームほど綺麗な
ものではないかもしれません。
ですが、はまれる要素、本来のゲームに不可欠ともいえる
「純粋なおもしろさ」がたくさんつまっているのです。
ポケモンを捕まえては育てて、敵とバトルして勝ったり負けたり、
集めたり、単純な内容ながら奥が深いんですよね。
そんな「ポケットモンスター 赤」は今の時代でもまだ輝いている
ゲームだと思います。まだこのゲームを手に入れてない方には是非
プレイして「純粋なおもしろさ」を存分に楽しんでもらいたいもの
ですね(^^)。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YNK VINE メンバー 投稿日 2010/9/26
後に大量の「ポケモンのパクり」というレッテルを張られるゲームを生ませた革命児であり、
当時落ち目だったゲームボーイをこのソフト1本(正確には2本だが)で復興させた救世主でもある。

野生に出てくるモンスターを仲間に出来るというシステム自体は
ポケモン以前から女神転生やドラクエ5などですでに存在していたが
はじめからモンスターで戦い合うことが想定されたゲームはこれがはじめてだったと思う。
それゆえ、サブシステム的な位置づけとして適度に手を抜いたものとなっているのではなく
それ(モンスター収集・対戦)に特化したゲームのつくりになっている。

RPGの面白さを語る上で自由度というものがあるが、
このポケモンはシナリオ的及びマップ的にはほぼ一本道で自由度が少ない。
しかし、捕まえたポケモンを適宜メンバーに加えたり抜かしたりする自由がある。これは大きかった。
ドラクエ3や9などもそうだがメンバーを自由に選べるということは、
予め用意されたプロットの中にありながら、人とは違う自分なりの経験をすることが出来ることにつながる。
しかもポケモンは初代で151匹もいるのであるからそのパターンも恐ろしく多い。

とりわけ情報も少ない初期のプレイな
...続きを読む ›
1 コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このソフトそのものは知らないとしても,「ポケモン」と言えば大体の人がわかるだろう。
今でこそ,数々のグッズやゲームソフトが出ているが,このソフトこそが,「最初の」ポケモンである。
そう,ポケモンはここから始まったのだ。
ポケモンを捕まえ,集め,そして戦わせる。
ゲームを盛り上げるシンプルながらも複雑なシステム。
やりこむと奥が深く,初心者にはわかりやすい。
この感覚に取り付かれた人々がいったい何人いただろう。
子供はもちろん、大人でも「はまって」しまう人が続出の不朽の名作。
そう,それこそが,この「ポケモン」なのである。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『あのポケモンは通信しないと手に入らない!』というのが当時ポケモンの画期的な要素だった。今ではそれが当たり前に(ずる賢いともとれるこの手法は他のメーカーも次々と真似していきましたね)。。。
ゲームバランスは、はっきり言ってちょい悪い。

当時は無理だったけど、
今の値段なら赤と緑を自分でそろえて
(できれば初回生産版でバグだろうとミュウも出したいですね)
図鑑コンプなんて事も。

かなり長く遊べると思います。

最近はバトルばかりに集中してるような気がしますが、この初代ポケモンは『ポケモン集め』に主眼を置いた、すばらしい作品だと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今や全世界でその名を轟かせる事となった「ポケモン」シリーズ。
その火付け役となったのがこのポケモン「赤」「緑」だ。
主人公は150種類存在するポケモンの全てを捕獲し「図鑑」に記録する事と、
ポケモンバトルで頂点に君臨する「四天王」を倒すことだ。
150種類のポケモンは全てが違う外観、能力、技、タイプ、進化形態を持ち
単純ながらも実に奥深いバトルが展開される。
とは言ったものの発売された時期が時期なので画面は今の水準から
いくと子供の落書きの様だし、戦闘も決して複雑とはいえない。
しかしそのシンプルさの中に何か揺り動かされるものを感じるはずだ。
またこのゲームは「ポケットモンスター金銀」「ポケモンスタジアム」シリーズとリンクしており
それらとポケモンのやりとりをしたりスタジアムでは3Dの大画面で大迫力のバトルを楽しめる。
特に「金銀」とのリンクでは「金銀」では入手不能なミュウツーや伝説の鳥ポケモン、
入手困難な石で進化するポケモンを送れて、非常に役に立つでしょう。
またこのゲームの隠れた醍醐味として恐ろしいほど豊富なウラワザが存在する。
それらを研究・実践していくのもなかなか面白い。
だが数百時間かけたデータが一瞬でぶっ飛んでしまう事もあるので軽々しくはできないが・・・
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー