ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 アサミ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【送料無料、迅速、確実なAmazon.co.jpより配送します(24時間・365日対応、保証付きの安全発送)】◆国内正規版、クリアケース・外箱・内箱有り、取扱説明書2冊有り。◆中古品ですが、ソフトに目立つ傷、痛み、汚れはございません。極々微細なキズや痛みはご容赦ください。◆発送の際は商品が傷まないように気をつけて梱包し、大切に発送させて頂きます。◆お支払いはクレジットカード・代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い等、お受取はお急ぎ便・コンビニ受取などが利用可能です。◆不備等あった場合は、Amazonを通じて迅速に対応させて頂きますので、ご安心下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
+ 関東への配送料無料
発売元: ✅送料無料 ✅丁寧に梱包発送致します ☆ファミコントップ(愛知県) ✓English Support
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前後編

プラットフォーム : GAMEBOY ADVANCE
5つ星のうち 4.6 40件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,480 通常配送無料 詳細
ポイント: 16pt  (1%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Hjc shopが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前後編
新品の出品:5¥ 2,450より 中古品の出品:20¥ 735より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前後編
  • +
  • ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女 前後編
  • +
  • ファミコンミニ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前後編
総額: ¥9,776
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0002M2U8Q
  • 発売日: 2004/8/10
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,813位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

新品未開封の商品ですが、Amazon専売品です。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

鬼才・坂本賀勇(よしお)氏の作品です。
代表作ではメトロイドがあり、知る人ぞ知る
「中山美穂のトキメキハイスクール」も坂本氏の作品です。
本作は、そのサブタイトルが示すとおり
資産家の相続争いを軸とした連続殺人事件がその内容となっています。
数箇所の矛盾、やや掘り下げの浅い描写、理不尽に近いフラグ立て
といった短所は散見されるものの、全般的に面倒な謎解きよりも
”ドラマ性”や”ストーリー性”を重視させるつくりとなっており、
クリアした後はまさに”読後感”という表現がしっくりきます。
当時のファミコンで表現できうるADVとしては非常に高い評価ができます。
人間関係の機微についてはこの作品でひとつの到達点を迎えています。
最初は主人公に警戒して全然話にならない人でも
色々な証拠品を提示することで話をしてくれるようになります。
”逆転裁判2・3”のサイコロックシステムの原型といえるかも知れません。
”なぜ、それまで話さなかったのか”ということがそのやりとりを通じて
違和感なくわかるようになっており、登場人物が単なる記号ではなく
個性を持った人間として感情移入ができるようになっています。
驚くべきは、この作品のシナリオを担
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
発売当時、ディスクシステムでやり、去年GBA版の本作を見つけて、迷いもせずに買った作品。

しかもGBA版は前編後編が一気に入っていて、最高です。

こういう推理ゲームは推理部分もさる事ながら、シナリオも大変重要だと思っていますが、この作品は文句無しで、お勧めできます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みとら 投稿日 2004/7/18
地方の素封家と民間伝承をテーマにした純和風サスペンスで、

コマンド選択型の正当派推理アドベンチャーです。

プレイヤーは事故で記憶をなくした少年探偵。

依頼により旧家の頭首変死の謎を捜査する内に、事件は連続殺人事件へと発展、

そしてその影には忌まわしい死人返り伝説が……。

とにかく怖い。

それもホラーアクション的なドッキリ感ではなく、精神的な恐怖です。

夕陽に朱く染まる墓石の前で怪談なんかされては、おちおち夜も眠れません。

少ない色数と荒い解像度が、却って想像力をかき立ててしまうのです。

しかし登場人物はユニークですし、最後にはどんでん返しとせつない真相が。

未プレイの方も尻込みせず、メモを片手にぜひ遊んでみて下さい。

オリジナル版が発売された1988年はドラクエIIIやスーパーマリオ3が

大ヒットした、ファミコンが最も熱かった年であり、

また、アドベンチャーゲームというジャンルの転換期でもありました。

そんな“最後の昭和の夏”をいま一度振り返ってみませんか?
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これだけ規制が厳しい現代のゲーム業界で、「CERO全年齢」のレーティングで復刻できたのは奇跡としか言いようがありません。購入者のほとんどが「子供の頃の記憶と比較しながらプレイを堪能する」という楽しみ方をしているようですが、シンプルなゲームシステム、奥の深いストーリー、安価な価格、忙しい人でも必ずエンディングが見れる適度なゲームボリューム等を考慮すると、「新しいゲーム」として、当時を知らない人でも楽しめる要素が十分含まれています。私は、「あの時は子供だったから怖かったけど、今は大人だから心に余裕を持って、昔を懐かしみながら楽しもう」と思い購入したのですが、いざプレイを始めると、やはり怖いのです。さすがに今はトイレには一人で行けますが、若干ビクビクしている事は、隠しがたい事実です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K 投稿日 2005/5/2
 
 オリジナル版経験者(一ヶ月遅れて発売される後編に物凄く焦らされた者)です。なので、相当な思い入れがあるのですが。それをさて置いても、いいゲームだなぁと思います。

 ともすれば「ホラーアドベンチャー」と評されてしまいますけど、当時は今ほど「ホラー」色を売りにしてはいなかったと思います。記憶を失った主人公、土着の伝説・因習が今なお生きてる村で起った事件、などなど、(「怖いー!!」とドキドキしながらプレイしていましたが)ミステリアスな事件モノ。
 (犬神家や八つ墓村などの)横溝作品的な世界を体験出来るような。
 旅情ミステリー的な作品やハードボイルド、あるいはトリック看破重視だったり、異世界を冒険する物語・SF、そういった内容の当時のアドベンチャーゲームの中では珍しかったんじゃないかなと記憶してます。

 一本道のシナリオだったり、フラグ立て・コマンド総当りのゲーム進行など、今となっては何かとマイナスなイメージで言われてしまいますけど。
 シナリオは「犯人当ての推理モノ」としてキチンと一本筋の通った面白い(子供も大人も楽しめるような)物語ですし。ワケの解らない分岐でふざけた内容の物語に展開し「マルチストーリー」を謳うよりは(個人的には)ずっと誠意があると思います。
 コマンド総当りで進行する
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー