ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。プロダクト、ダウンロードコードは使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,640
通常配送無料 詳細
発売元: だいなまストア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~

プラットフォーム : Nintendo DS
CEROレーティング: CEROレーティング審査中
5つ星のうち 4.0 146件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 8,100 通常配送無料 詳細
ポイント: 486pt  (6%)  詳細はこちら
残り11点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ゲームファーマーズONLINE SHOP【プレミア商品多数!コチラをクリック】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 8,100より 中古品の出品:43¥ 3,225より
《ご注意ください》2014年5月20日(火)以降、本ソフトのインターネット通信を使用するサービスはご利用いただけません。詳細は各ソフトのホームページをご覧ください。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
  • +
  • ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
  • +
  • ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ‾光と影の英雄‾ パーフェクトガイドブック
総額: ¥15,608
ポイントの合計: 885pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B003PGQ028
  • 商品パッケージの寸法: 13.8 x 12.4 x 1.6 cm ; 82 g
  • 発売日: 2010/7/15
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 146件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 606位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された『ファイアーエムブレム 紋章の謎』第2部のリメイク作品。アカネイア大陸の平和をもたらした英雄・マルスと、彼にあこがれて軍に入隊した若き騎士(マイユニット)の2人による視点で新たな『紋章の謎』が描かれる。プレイヤー自身の分身となるマイユニットは、性別や容姿、兵種、生い立ちを自由に設定可能。マイユニットに深く関わる新たな物語も用意されている。戦いで倒れた仲間が戻らない、伝統の"クラシックモード"の他、仲間を失わずにゲームを進行できる"カジュアルモード"も搭載し、SLGを普段プレイしない人でも気軽に楽しめる。

http://dol.dengeki.com/

Amazonより

英雄マルスを支える"影"となり、共に戦う。 新たなる『紋章の謎』の物語。

~ ストーリー ~
かつて、暗黒戦争と呼ばれた戦いがあった。
人々を絶望に陥れた暗黒竜メディウスの軍勢を亡国アリティアの王子マルスが、オルレアン公ハーディンら心強い仲間たちと共に打ち倒した戦いである。
その1年後-。ひとりの若者が、アリティア城を訪れていた。英雄マルスのために戦う騎士を目指して。

『ファイアーエムブレム 紋章の謎』の第二部が、リニューアルされて登場します。
英雄マルス。そして、英雄に憧れ、軍に入隊した若き騎士。
2人の主人公の視点で、新たな「紋章の謎」の物語が紡がれます。

◇影の英雄=「マイユニット」として物語に参加する。

本作では、自分だけのキャラクター「マイユニット」を作成可能。プレイヤーの分身でもあるマイユニットは、マルスを支える近衛騎士として登場し、
本作におけるもう一人の主人公となって、物語にも深く関わっていきます。

・名前、性別、容姿、初期の兵種、生い立ちを設定可能。自分だけのキャラクターをつくって英雄たちとともに戦うことができます。
・仲間との会話は、戦いのヒントになるものから、たわいのない雑談までさまざまです。仲間と親密になると何かいいことがあるかもしれません。

マイユニットに深く関わる2つの新たな物語
・プロローグ:マイユニットがアリティア軍に入隊し、マルスの近衛騎士となるまでの物語が楽しめます。
・サイドストーリー:特定の条件を満たすと、サイドストーリーに進むことができ、新しいマップを遊ぶことができます。

◇仲間を指揮し、大陸を転戦する。

大陸各地を転戦しながら、戦場となる各マップで味方部隊を指揮して戦います。
部隊には様々な特徴をもった兵種の仲間ユニットが存在。
位動力に長けた兵で一気に攻め込む、守備力に長けた兵を前進させ、盾として他の味方を守る、など、戦術の組み立てが戦況を左右します。

移動:マス目状に区切られたマップを移動します。

戦闘:互いの攻撃可能範囲に入れば、戦闘を開始します。

制圧:戦闘を繰り返しながら進軍し、敵陣の要所を制圧すれば勝利です。

◇共に戦い、成長する仲間たち。

作中には、数多くの仲間たちとの出会いがあります。仲間たちは戦いの中で成長し、より頼もしく、かけがえのない存在となっていきます。

◇対戦・配信。様々な通信要素。
DSワイヤレスプレイやニンテンドーWi-Fiコネクションを利用すれば、専用マップでの対戦や、ユニットの貸し借りなど、他のプレイヤーとの交流も楽しめます。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

SFC版からのファンで、発売が決まった当初から期待しておりました。

まず、紋章の謎は第二部として扱われる物語ですが、全作品のプレイは必須ではありません。
人物相関図も実装されておりますし、作中で語られるエピソードで大体は把握できます。

ゲーム内容
・シナリオ
紋章の謎の時代から、英雄となったマルスをかき回す陰謀と絆の物語は素晴らしいものでした。
今回はマイキャラクターが近衛騎士として登場し、それに合せてシナリオも追加されています。
追加こそあれど、戦争の凄惨さと絆の大切さを伝える名シナリオは輝きを失っていません。
今回は後述するシステムにより、キャラクターの掘り下げにも成功しておりますので、
より世界に入り込めるのではないかと思います。

・グラフィック
戦闘時におけるグラフィックは、前作と比べると改善は見られるものの、スピード感に欠け、少々もっさりしているイメージがあります。GBA版やリメイク前のSFC版のリアル版戦闘に劣る迫力になってしまっているのは残念です。
顔グラフィックは好みが分かれるかと思います。リメイク前からのファンとしては違和感がありますが、前作からの反省点もあってか改善されています。表情が硬く見える特徴的な絵です
...続きを読む ›
コメント 239人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カジュアルモードも搭載され、充実の難易度設定ができる今作。
新・暗黒竜で指摘された欠点も劇的に改善されていて、初心者から上級者まで満足できる懐の深いゲームになっていると思います。
特に最高レベル、ルナティック・ルナティックダッシュモードのゲームバランスが素晴らしいです。

新・暗黒竜ハードのように、ただ敵ステータスを上げただけというようなものではなく、
敵AIの強化、増援タイミングの早期化、配置をいやらしく変更、一部強力アイテム入手不可、敵竜ブレスの射程を1~2に強化
といったイヤというほどの多彩な高難度化が図られており、初挑戦時は聞いただけで尻込みしてしまう程です。

最初は誰しも「こんなの絶対クリアできない!」と思うのですが、
敵の配置、ステータス、味方の初期値、成長率などには精妙な調整が施されており、
しっかり考えれば安定して攻略出来る隙が必ずある、実に見事なバランスになっています。

上で挙げた敵の強化点も、見方を変えればこちらにとってプラスとなるものもあり
単純にマゾくなっているだけとは言い難い点も魅力の一つです。

・敵数の増加、特に経験値の多いDナイトや竜系が増えているため、うまく倒せればレベルアップが楽に。
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今作は新・暗黒竜に続くリメイク作品だが、前作での批判点を解消し、更に独自のシステムを構築し肉付け出来た作品だと思う。

<前作からの主な改善点>
・全キャラに会話が追加された。
暗黒竜では死に際の台詞以外一言も喋らないキャラクター(それすらも使いまわし)が、マイユニやキャラとの会話で沢山喋るようになった。ただ喋るだけでなく1人1人個性豊かで会話が面白かった。特にオレルアンズやサジマジバーツ等、ファンに愛されていたキャラは、まるでそれを汲んだかのような濃い個性付けが行なわれていた。まるで公式がネタ動画とか掲示板を見ているかのように。(本当に)
加えてみんなの様子や出撃前の会話等でマイユニに助言したりするようになり、本編における存在感も強くなった。

・キャラグラフィックの改善
暗黒竜ではマネキン顔と言われてる程に蒼白な顔立ちだったが、今作では全体的に明るくなった。
更にSFC版でも1部と2部で顔グラ違うキャラが居たが、今作ではSFC組に加え何人かの顔グラが変わっているのは面白かった。特にゴードンやアストリアは彼ららしさが現れた改良をしてくれたと思う。

・上級加入ユニットの能力底上げ
暗黒竜では、一部除く上級加入ユニットはパラメが悲惨だった。(SFC版を基準にしてし
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
第一作目からのユーザーです。
学生時代は、時間が無限(笑)にあったので、死んだらそれまで的なシステムのシビアさも含め楽しんでましたが、社会人となって、ゲームに費やせる時間が非常に短くなった身としては、カジュアルモードは非常に嬉しいです。
生き返るからといってプレイスタイルは変えません。
死なないように死なないように、慎重に進めます。
兵種も初期設定から変えるつもりは無いです
でも、ちょっとしたミスや計算違い、乱数の嫌がらせ(笑)などで死んでしまった時に、そのマップの最初からやり直すのは時間的に厳しいこともありますので、その時だけ恩恵にあずかりたいなぁと思っています。
それが嫌な人は、生き返らないモードで遊べば良いし、生き返るんだからこいつを特攻させて・・・みたいに感情移入をしてないプレイをしたければそうすれば良いと思います。
お金を出して買った以上、どう遊ぼうがその人の自由だし、そういう間口を広げたという点は評価して良いと思います。
マイユニットも賛否両論あるみたいですが、私は感情移入がさらにできるので嬉しいです。
ただ、ユーザー補正なのか、私の運が良いだけなのかわかりませんが、ちょっと強くなりすぎな感が・・・
プレーヤーの分身ではあっても、ポジション的には主人公じゃないと思っていま
...続きを読む ›
1 コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー