お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 リブヒール
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古ですがめだった傷みはありません。在庫切れの場合はもうしわけございませんが全額を返金とさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

仮面ライダーW Vol.1 [DVD]

5つ星のうち 4.8 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,090
価格: ¥ 4,372 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,718 (28%)
通常7~9日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,280より 中古品の出品:11¥ 1,097より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 仮面ライダーW Vol.1 [DVD]
  • +
  • 仮面ライダーW Vol.2 [DVD]
  • +
  • 仮面ライダーW Vol.3 [DVD]
総額: ¥12,121
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 桐山漣, 菅田将暉, 山本ひかる, なだぎ武, 寺田農
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2010/02/21
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002R8DJAG
  • JAN: 4988101148646
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,599位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【解説】
仮面ライダーダブルのTVシリーズDVDがいよいよ発売開始!
今回のDVDには、なんと!ファン必見・待望のミニドラマ「左翔太郎ハードボイルド妄 想日記」が付いてくる!
鳴海探偵事務所を舞台に翔太郎の妄想が繰り広げられる。その他、探偵事務所のメン バー3人によるスペ
シャルトークなどボリューム満載の映像特典。更に、初回封入特典には「チェンジン グカード型ライナーノーツ」が付いてくる。
まさに、平成ライダー10周年を締めくくるダブルにふさわしい豪華パッケージ!

【ストーリー】
風の街「風都」。一見平和に見えるこの街の裏側では、奇妙な犯罪が横行していた。
「ドーパント」・・・USBメモリのような「ガイアメモリ」を突き刺すと人間は、そう呼ばれる超人になるという。ドーパントが起こす奇怪な事件の数々に、警察も無力。陰謀に満ちたこの街で、悲しみを解放できるのはこの二人しかいない!左翔太郎、自称ハードボイルドを標榜する「ハーフボイルド(半熟野郎)」。フィリップ、脳内に「地球の記憶」を有する謎多き魔少年。二人は変身ベルト「ダブルドライバー」にガイアメモリを差すことによって仮面ライダーダブルに変身!二人で一人の探偵コンビが、風都を守るため数々の事件に立ち向かってゆく。

【収録話】
第1話 「Wの検索/探偵は二人で一人」
第2話 「Wの検索/街を泣かせるもの」
第3話 「Mに手を出すな/天国への行き方」
第4話 「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」

【キャスト】
桐山 漣/菅田将暉/山本ひかる/なだぎ武/寺田 農

【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎
脚本:三条 陸
監督:田崎竜太/諸田 敏
製作:テレビ朝日・東映AG・東映

【放送期間】2009年9月~ テレビ朝日系にて放送

【コピーライト】(C)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


【スペック】
●映像特典
◆左翔太郎ハードボイルド妄想日記&スペシャルトーク
「~もしも亜樹子が優秀な秘書だったら~」
◆仮面ライダーW制作発表ダイジェスト ◆予告PR集
◆ジャンクション
◆DESIGN GALLERY
◆DATA FILE
【初回封入特典】
チェンジングカード型ライナーノーツ


※封入特典は限定生産品です。在庫が無くなり次第、通常のDVDのみの販売となります。

DSTD08541/5,800円(税込6,090円)/COLOR/本編95分/片面2層/1.主音声:ステレオ/16:9LB/4話収録

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「平成仮面ライダー」第11弾シリーズの第1巻。ハードボイルドを標榜する左翔太郎、脳内に“地球の記憶”を有するフィリップの探偵コンビが「ふたりでひとりの仮面ライダー」に変身して戦う。第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」から第4話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
平成仮面ライダーシリーズを順番に鑑賞して来ていますが、今作Wは、初めて全巻揃えてみたいと思った作品でした。
役者さんの方々が魅力的な所と、ストーリーなど目的がしっかりしていたので、観ている側としても、楽しく鑑賞が出来ました。

印象に残ったシーンは、やはり「変身!」を二人一緒に言う所が、一番しっくり来ました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
子どもたちの特撮熱も以前よりは治まってきたので、そろそろライダー見るのも卒業かぁ……と、何となく寂しく思っていたのですが。
つい見始めたのが運の尽き。
あっという間に心を奪われてしまいました(親子ともに)
兄は翔太郎の口調を真似して日々成りきっており、フィリップ役の弟は変身時に倒れるところまでこだわってます(笑)
今まで子どもは割と変身後にしか興味なさげだったのですが、Wは(変身前の)役者さんたちのやりとりも笑いながら見ています。

親はと言えば…OPの曲も映像も格好いいし、風都という街の設定や不思議な雰囲気にぐんぐん引き込まれていきました。
犯人・敵役の役者さんも豪華で話に深みがでていましたし、敵にもそれぞれが抱えるドラマがあり、もう、出てくる人みんな好きです!
もう、途中からは完全に普通にアクションのあるドラマとして見てました。
日本の連ドラにはがっつりアクションメインのドラマって少ないですよね…
その点、ライダーシリーズ(戦隊シリーズもですが)は、非日常的な設定を生かしていて、かつアクションも楽しめる最高の「ドラマ」だと思います。
その中でもWは大人も子どもも楽しめる良い作品だと思います。
これを参考にどこかの局がアクションメインの連ドラ作ってくれないかな〜と切実に思いました。
途中からの視聴なので、DVDでゆっくり楽しんでいきたいと思います。
風都最高!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あららあ VINE メンバー 投稿日 2009/10/29
形式: DVD
ダブルいよいよ登場。いゃあ、おもしろい。二人でひとりの仮面ライダーなんてどうなるのかと心配していましたが、どこ吹く風でした(笑)。街を守るヒーローがいてもいいじゃない。ひさびさにライダーマシンで疾走するマフラー付きのライダーだからバイクのシーンがかっこいい。みなさんはどのフォームがお好きでしょうか?「サイクロン・ジョーカァー!」は基本なのでかっこいいのですが、「ヒート・ジョーカァー!」も好き。もぅ、立木文彦さんの声にハマッてます。お話もわかりやすくそして面白い。架空の都市「風都」を舞台にしているので、これからも
さまざまな「謎」やチープなローカルネタで、笑わせてくれそうです。パイロット版の冒頭シーンが「ビギンズナイト」のクライマックスのようですが、今度の映画も楽しみです。

毎年毎年、新機軸を打ち出していくのは大変でしょうが、ダブルは「ライダーは人知れず戦うひと」という原点を見つめつつも最高のパートナーとの出会いという「ふたりで一人」のダブル・ライダーというプラスワンが、ドラマを膨らめてくれているように思います。そして鳴海所長(大笑)こそ、立役者です。毎晩突っ込みスリッパの内職ご苦労様です。いつもすまないねぇ、毎週楽しみなライトでちょっとダークなこの物語が楽しみです。

おっと、忘れる所でした。セル版にはオリジナル・ミニドラマ「翔太
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
初めてこのWという作品の設定を目にしたとき、私も他の方々と同じく、
その「半分こ」な、奇異な外見に衝撃を受けました。
しかしそれ以上に、風都という架空の都市を設定し、
物語の舞台を一つの都市に限定してしまうことに対して、それでは世界観が小さくなり、
物語に入り込めないのではないかと言う不安を感じました。
しかし考えてみれば、クウガ以外の作品においては、怪人は全国規模で出没しているはずなのに、
描かれるのは主要なキャラクターの周りだけと言う「ご近所物語」が展開されてきました。
クウガ以外では唯一響鬼が山や森などへの遠方ロケを行って世界観を広げようとしましたが、
やはり予算と時間の制限から、途中からは「いつもの場所」でのロケが多くなりました。
いろいろな縛りがあるTV番組では、世界観を広げようにも限界があるのです。
そこでこのWは、そういった縛りを逆手にとって、意図的に世界観を狭め、
代わりに風都という「街」をしつこく描写することで、
かえって世界観が強固なものとなり、広がりを見せているように感じます。
また、最近の作品には奇をてらったり、斜に構えた主人公が多い中、
翔太郎のまっすぐな気持ち、悪を憎む思いには非常に好感が持てます。
やっぱりどんな時代でも、悪いことは「悪い」と言えないといけませんよね。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー