通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仮面の恐怖王 (少年探偵) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外観:多少の小傷等はあります。本文:使用に支障があるようなダメージはありません。【アマゾン管理ラベルは再剥離を使用しております】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仮面の恐怖王 (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 263

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仮面の恐怖王 (少年探偵)
  • +
  • 電人M (少年探偵)
  • +
  • 鉄人Q (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

有馬君の家には鉄のよろいがあったが、なんとそのよろいが動きだし宝物を盗もうとしている。そこで名探偵がのりだした。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

有馬さんの西洋館にしのびこんだ鉄仮面の男。名探偵明智小五郎は、知らせをうけてかけつける。ところが、そのうしろから何者かがおそいかかった!気がつくと、そこは窓のないふしぎな小部屋。ついに明智探偵は、悪者によってとらわれの身に!?脱出をこころみる名探偵と、「恐怖王」との知恵のたたかいがはじまる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084337
  • ISBN-13: 978-4591084335
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 13.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 261,572位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2011/3/16
形式: 単行本
本作は,「仮面」をモチーフにストーリーが展開されます。

まずは「ろう人形館」という不気味な場所において,ろう人形であるはずの「鉄仮面」(正体はもちろん二十面相)が動き出すという,異様な出来事から開幕します。
この鉄仮面が宿敵明智小五郎を虜にするのですが,隠れ家(隠れ「船」?)で明智に見せたのが「道化の仮面」つまりピエロ面です。
(このあたりの展開は,『魔術師』からの借り物ですね。)

結局明智は脱出に成功し,以下「黄金仮面」の暗躍へと移ります。
もちろん『黄金仮面』の換骨奪胎ですが,作中であえて同作品に言及されています。

本作品の出色は,小林少年とポケット小僧の洞窟内での苦闘と徳川埋蔵金の発見です。
これらの場面も,他作品が下地になっていますが,迷路をさまよう恐怖感とお宝発見の高揚感がうまく連結されており,終盤に向けての盛り上げの見事さはさすが乱歩ですね。

エンターテインメント性タップリの作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック