数量:1
仮面の忍者 赤影 第三部 根來篇 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

仮面の忍者 赤影 第三部 根來篇 [DVD]

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 14,904
価格: ¥ 11,178 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,726 (25%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 11,178より 中古品の出品:11¥ 7,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 仮面の忍者 赤影 第三部 根來篇 [DVD]
  • +
  • 仮面の忍者 赤影 第四部 魔風篇 [DVD]
  • +
  • 仮面の忍者 赤影 第二部 卍党篇 [DVD]
総額: ¥33,534
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 特撮(映像)
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2002/02/21
  • 時間: 335 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005TOLP
  • EAN: 4988101092154
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,120位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

傑作特撮時代劇「仮面の忍者 赤影」が待望のDVD化! 出演に坂口祐三郎、金子吉延、牧冬吉ほか。第三部“根來編”全13話収録。

レビュー

原作: 横山光輝
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

根来篇は、悪代官 夕里弾正を討つべく京都を目指す織田信長を赤影たちが護衛する物語で、赤影らを迎え討たんとする根来十三忍との戦いが繰り広げられる。13話で13人の敵を倒すため、やや駆け足的な印象も受けるが、それだけにバラエティに富んだ忍者や怪物が登場する。中でも赤影の怪獣といえば「ああ、あれね」というくらい有名なカブトムシのアゴンと大ムカデのドグマの二匹が登場。それにくのいち同士の手柄争いを絡めた物語は本シリーズ有数の見せ場だ。そのほかの根来衆と赤影たちとの戦いは見てのお楽しみだが、さらに根来篇は信長護衛の兵士たちと赤影たちとの衝突や伊賀忍者の応援など今までにないエピソードが見るものをひきつける。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
悪大名「夕里弾正」が根来忍者を雇って、織田信長の命を狙う「根来編」。その最大の魅力は、これまで2編にない激しいまでの斬り合いと大怪獣との戦いです。赤影、白影、青影までもが、根来忍者をバッサバッサ容赦なしに切り倒します。その過程にはユーモアはあまりなく、正しく激闘編に相応しい内容となっています。
確か当時、どこかのPTAが、テレビで多くの人が死ぬ俗悪番組調査で、赤影再放送がワースト1位になっていたニュースを思い出しました。大人は(母親は)、赤影の面白さなど分かってくれないもんだと子ども心に思ったもんです。今回、DVDで見直すと確かにたくさん斬られてますね。それが、時代劇の醍醐味だと思うのですが…
今編の目玉は、やはりカブトムシ怪獣アゴンとムカデ怪獣ドグマの死闘でしょう。それを操る二人のくのいち風葉と矢尻のセクシーさも必見ですね(^_-)
残念ながらこの根来編DVDが、一番画質が悪いです。おそらく、保存の状態が影響したものと思われますが、赤影のスカーフの赤色がピンクに見えたり、妙な雑音が聞かれる部分もあります。
しかしながら、そんなこと以上に魅力的な「根来編」です。これでもかと襲いかかる根来衆と大怪獣に立ち向かう赤影たちを応援しましょう!!
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/9/2
昭和40年代に少年期だった30代~40代の人には特に懐かしく、ストーリー的にも現在の特撮にはない独特の雰囲気がお勧めです。お子様と一緒にごらんになっても、喜ばれると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 第三部の根来編は、第一部や第二部と違って、「SFファンタジー度」が減少、赤影の「ウルトラマン度」減少しつつ、「怪獣度」大幅増加し、ぐっとハードな「忍者ドラマ」が展開されます。ヘッドホン、通信機もなければ、白影の凧もない。白影の凧は観たかったな、と思いつつもクノイチ、「大ムカデ・ドグマ」矢尻のパンチラはある。どうせなら、島景子さん扮する

「鉄甲アゴン」風葉のパンチラが観たかったのは残念だが仕方がない。第38話の「怪忍獣勢揃い」はただの回想シーンだけの30分爆走で、今なら「ありえなーい」世界だが、それも許そう。何せ、第三部の赤影は「斬って」「斬って」「斬りまくる」のだ。あたかも、第一部や第二部を観て、「赤影を軽んじた輩」に対して、「やりゃ出来るんだぜ」と見せつけるように。そんな赤影に対して、大人になった私は「もういいんだ、もういいんだよ、わかったよ、赤影。それより島景子さんの風葉の衣装はもうちょい色っぽくできなかったのか」と心の中でつぶやき、第一部と第二部を食い入るように観ていた6歳の息子は、「幻妖斎はもうでないの?」と言いつつ、怪獣シーン以外は人形遊びをしていた……これだから、特撮を創る側は難しいのだろう。赤影の苦労も知らないで、観る側は好き勝手である。しかし、例え、そうであろうと第三部の「最高傑作度」は揺るぎないのは間違いない。力の入り方が「違う」のだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
仮面の忍者赤影の第3部作品である。第1部、第2部の敵、天津敏演じる甲賀幻妖斉から、東映時代劇の名優、原健策演じる暗闇鬼堂率いる根来13忍との戦いである。今回の特徴は敵として怪獣が多く出てくることだろう。セクシーな女忍者も登場する。1.2作と違い、赤影達は多くの怪獣と戦はなければいけないため、根来13忍とのコミカルで人間的な絡みは少ない。斬り合いが多いのも特徴の一つである。また、織田信長の家来との確執なども他の作品には見られないものだ。赤影4部作はファンにより評価が別れるところだろうが、是非全作そろえて見ていただきたい。そうすればいろいろ発見がある。黄門様の里見浩太郎の若き勇姿、全4作の中でいろいろな役を演じる役者さん(くぐつ陣内、黒影)(夕里弾正、魔風雷丸)まだまだあるが、発見するのも面白い。また第1部から4部に至る流れの中で、赤影役の坂口祐三郎さんが、あまりにハードな撮影スケジュールのため見る見る痩せていくのわかるだろうか。今や坂口、牧(白影)両氏もこの世の人ではない。坂口氏は晩年まで赤影の新作の映像化に意欲的だったと聞く。お二人の御霊に哀悼の意を表したい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック