通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
仮面の忍者赤影 (1) (秋田文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仮面の忍者赤影 (1) (秋田文庫) 文庫 – 2001/7

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仮面の忍者赤影 (1) (秋田文庫)
  • +
  • 仮面の忍者赤影 (2) (秋田文庫)
  • +
  • 新・仮面の忍者赤影 (2) (秋田文庫)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 347ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2001/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253176895
  • ISBN-13: 978-4253176897
  • 発売日: 2001/07
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 635,540位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/10
形式: 文庫
実写版でTVドラマ化され大人気だったことを良く憶えています。
改めて読み直してみて、流石は横山光輝先生の作品、実に緻密に作られていることに驚くと共に、抜群の面白さが甦ってきました。
本当に面白いです。
舞台は、織田信長が天下統一を進めている頃のこと。姉川の戦いの少し前あたりです。
浅井・朝倉軍との決戦が避けられない織田軍。その前進基地にいる羽柴秀吉は、戦いを有利に進めるため周りの大名達の様子を探っています。
そこに六角義治の情報がはいってきました。不穏な動きアリ。
六角氏は、忍者の里、甲賀・伊賀を手中に収め、忍者を使って反織田の勢力を増している様子。
ここに、飛騨忍者、赤影が羽柴秀吉によって招集されます。
敵陣に入って情報を得ると同時に、忍者同士の戦いが開始されます。
忍法を駆使しながら戦う忍者に憧れを持った人は多いと思います。
この赤影の格好良さが大きく貢献していると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 今読んでも面白いのが凄い。もちろん時代による絵柄の古さなどはあるのですが、話の内容自体はぐいぐいと引き込まれる優れたもの。これ設定を異能力モノとかにしちゃえば、そのまま現代でも通用しそうとか思いました。
 主人公無双という訳でもなく、それなりに苦戦しているのがいいですよね。それは取りも直さず敵にも見せ場があるということ、オレツエーな物語はどうにも――ねえ?もちろん主人公補正はあってもいいのですが、こういう展開の方が読んでいて燃えるのも確かです。次の話も、早く読みたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 popi3 投稿日 2004/4/16
形式: 文庫
 運命にも誰にも恨み言を言わず、淡々と自分に課せられた使命を果たす。なすべきことをやる。横山漫画にはこんな主人公が多い。赤影の技の華麗さや忍者達の技比べも見ていて楽しいが、何よりも横山漫画の主人公の精神的な強さに憧れてしまう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック