通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品として状態の良い物だけを出品しています。商品の状態等、何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。※弊店商品はAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインに準じます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 単行本 – 2006/3/31

5つ星のうち 3.9 120件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 724

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
  • +
  • 論点思考
  • +
  • イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 163pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法
「仮説思考」とは、情報が不十分だったり、分析が進んでいない段階でも、先に自分なりの「仮の答え」を持つという考え方だ。よく言われることだが実践するのは難しい。ボストン コンサルティング グループで長く活躍する筆者が自らの実践方法を説く。結論から先に考えることで、問題の全体像を素早くつかみ、正しい解決策を効率よく導き出せるという。

ビジネス書で「仮説」の重要性を説くものは少なくないが、中でも本書の特徴は、とにかく早く仮説を立てるなど「スピード」を重視すること。決断を早くするよう心掛けることで先見性が養われ、限られた時間を重要な問題の検証にあてられる。その結果、仕事の質も高まる。本書では「どうすれば早く良い仮説を立てられるか」、「仮説が正しいかどうかを、どう検証すればいいのか」などを、「化粧品の売上打開策」といったビジネスの現場でよく出会うような事例を基に解説する。

日本人はあらかじめ問題がはっきりしている場合には対処できるが、自ら問題を発見する能力が弱いと筆者は危惧する。ビジネスパーソンのみならず、IT関係者にとっても自らの行動を見直すきっかけになる指摘が多く含まれている。


(日経コンピュータ 2006/05/29 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

仮説から始めれば作業量は激減する!
BCGコンサルタントが
3倍速で仕事を進められる秘訣は本書にある!!

情報が多ければ多いほど、よい意思決定ができる。このように信じているビジネスパーソンは多い。そうであるがゆえに、できるだけ多くの情報を集め、それらを分析してから、経営課題の本質を見極め、解決策を出そうとする。
 実際に起こることは何か? 情報収集しているうちに時間切れになったり、あるいは、ほかのどうでもよいデータはあるが、最も重要なデータがないことに土壇場で気づき、苦し紛れで「エイヤーッ」と意思決定せざるをえないことになる。
 徹底的に調べてから、答えを出すという仕事のやり方には無理がある。では、どうすればよいのか? 仮説思考を身につければよい。仮説とは、十分な情報がない段階、あるいは、分析が済んでいない段階でもつ、「仮の答え」「仮の結論」である。常に仮の答えをもちなながら、全体像を見据える習慣を仮説思考と呼ぶ。
 「仕事が速く、優れた成果をもたらすコンサルタントはみな、仮説をもって仕事をしている」と著者は言う。著者である内田和成氏は20年以上にわたって戦略コンサルティングの仕事に携わり、2000年6月から2004年12月までボストンコンサルティンググループの日本代表を務めたほどの人物。20年間のコンサルティング経験の中で培ってきた「仮説思考」の要諦を解説したのが本書。BCGコンサルタントならではの問題発見・解決の発想法が満載である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2006/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492555552
  • ISBN-13: 978-4492555552
  • 発売日: 2006/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,687位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
仮説思考ができるようになると3倍ではなく10倍近く作業量を減らすことができる。
これは仮説を使いこなせている人は痛感していることだろうと思う。
しかし、この本を読んで、普通の人がその価値を理解できるとは思わない。
やはり、コンサルは職人芸なので本当の真髄はオープンにしないのだろうなというのが感想である。
少し説明をすると、コンサルプロジェクトをするときは課題の洗い出しをし課題を発見したときも原因の追求をする、そして解決策を考える。
この3つのプロセスにおいて事前に仮説を構造化していれば漏れなくダブりなく本質を当てることができる。
大切なことは仮説を立てることではなく、仮説を構造化することである。
行き当たりばったりの仮説を立てて仕事を進めるということはコンサルはしない。
仮説を構造化するということがどういうことかがわからない人はこの本を読んでも意味がないと思う。
内容は簡易だが、本質は隠されている。何のために書いたのか少し疑問を感じる本である。

しかしそこを理解できるならばものすごい価値のある本ではある。
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
仮説思考とは予め答えを絞り込み、仮説を立てながら
それを分析して証明する事です(帰納法)。この方法は網羅的に
分析するよりも早く結論にたどり着く。

例えば羽生善治は次の一手をこれまでの経験からほとんどの手を捨てて
これは良い手と思う二、三手に絞込む。これが仮説力の発想だそうです。

なぜ仮設を立てる方が逐一調べるよりも良いか?

1.最初に仮説を立てて、答えを見つけ絵から検証するから闇雲に調べるよりも
スピードに格段の差がつく。

2.予め仮説を立ててそれを検証すると言うプロセスを繰り返す事で仮説の精度が
上がる。即ち意志決定の質が上がる。

3.常に限られた時間の中で答えを出す事で情報不足の段階でも問題の真因を
探り、解決策を模索していく力がつく。

またこの要約は本書のまとめにありますので、そこから読み始めると
より理解が早まるはずです。

内容的にはこれだけです。良い内容とは思いますが、これだけの内容しか
ないものを200頁以上に渡って単に具体例を列挙する為に紙面を割いているのは
不愉快です。もう少し分量を減らす事はできたのではないか?
それこそ著者に仮説力を働かせてもらいたかった!
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経験や本で得た知識等を総動員して、勘を働かせつつ(それを「仮説」と呼ぶかどうかは別として)ストーリーをつくり、それがデータ等で裏づけできるかどか検証するというプロセスは、意識しているか否かはともかくも、そこそこ経験を積んだ、まともなビジネスマンなら多少なりともやっているはずである。それ以上の何かを期待して読み始めると失望する可能性大である。前半は同じような文章が何度も出てきて、「まともに編集したのか?」という印象を受ける。また、当たり前すぎるような例示が多く、読んでいて新鮮味がない。本書の半分以下の分量で十分に書ける内容を冗漫にして一冊の本に仕立て上げたという印象は拭えない(きっと著者ご本人が書かれたのではないのかも・・・)。例えば、「問題解決プロフェッショナル 思考と技術」(齋藤 嘉則著)という本に15ページ程度であるが仮説思考に関する章があるが、こちらの方が簡潔で、且つ他の思考技術との関係等も理解できて良いのではないかと思う。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 BCG出身の方と短期のプロジェクトを組むことになったので、チームビルディングのための準備運動で「仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法」を読みました。無駄に網羅的な調査をしたりせず仮説をたてて検証するほうが早いでしょう、という主旨の本だと想像し、そのとおりのことが正しく書かれています。ただ、骨を包む肉や皮(事例やたとえなど)にきらめきがなく、退屈してしまいました。

 BCGの方の本というと、最近では「戦略「脳」を鍛える」(御立尚資氏)があったので自然と比較して読んでしまったかもしれません。骨があるのは共通ですが、御立氏のもののほうが面白く感じられました。

 経営コンサルタントの仕事であれば、正しくあることがまず難しく、クライアントに説得するだけの正しさをクリエイトするだけで希少価値を持つのかもしれません。一方、テレビニュースのコメンテーターとして登場する御立氏の話は、一般向けの話としてもふくらみを持っています。

 著者の内田 和成氏のお話を聞いたことはありませんが、この春から大学の先生になるということで、そのタイミングにあわせて教科書を意識して出版をされたのかもしれません。教える場面では、楽しさはリアルのライブで生み出せるので、教科書には正しいことの骨子だけがあればいいでしょう、ということかもしれません。ちょっと深読みをしてしまいました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック