Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 176 (10%)

Kindle 価格: ¥1,584

(税込)

獲得ポイント:
16ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[内田 和成]の仮説思考―BCG流 問題発見・解決の発想法 内田和成の思考
Audible版のサンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


仮説思考―BCG流 問題発見・解決の発想法 内田和成の思考 Kindle版

5つ星のうち4.0 213個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,584
単行本 ¥1,760 ¥1,299
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法
「仮説思考」とは、情報が不十分だったり、分析が進んでいない段階でも、先に自分なりの「仮の答え」を持つという考え方だ。よく言われることだが実践するのは難しい。ボストン コンサルティング グループで長く活躍する筆者が自らの実践方法を説く。結論から先に考えることで、問題の全体像を素早くつかみ、正しい解決策を効率よく導き出せるという。

ビジネス書で「仮説」の重要性を説くものは少なくないが、中でも本書の特徴は、とにかく早く仮説を立てるなど「スピード」を重視すること。決断を早くするよう心掛けることで先見性が養われ、限られた時間を重要な問題の検証にあてられる。その結果、仕事の質も高まる。本書では「どうすれば早く良い仮説を立てられるか」、「仮説が正しいかどうかを、どう検証すればいいのか」などを、「化粧品の売上打開策」といったビジネスの現場でよく出会うような事例を基に解説する。

日本人はあらかじめ問題がはっきりしている場合には対処できるが、自ら問題を発見する能力が弱いと筆者は危惧する。ビジネスパーソンのみならず、IT関係者にとっても自らの行動を見直すきっかけになる指摘が多く含まれている。


(日経コンピュータ 2006/05/29 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

仮説から始めれば作業量は激減する。BCGコンサルタントが3倍速で仕事を進められる秘訣。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

出版社より

「仮説」が仕事の質とスピードを決める!

ボストン・コンサルティング・グループでの20年の経験を持つ著者が、ビジネスパーソンの必須能力である「仮説思考」を解説。

仮説思考 コンサル コンサルティング 右脳思考 論的思考 ボストンコンサルティング BCG ロジカルシンキング 論理的思考 内田和成 ビジネス 仮説思考 コンサル コンサルティング 右脳思考 論的思考 ボストンコンサルティング BCG ロジカルシンキング 論理的思考 内田和成 ビジネス 仮説思考 コンサル コンサルティング 右脳思考 論的思考 ボストンコンサルティング BCG ロジカルシンキング 論理的思考 内田和成 ビジネス 仮説思考 コンサル コンサルティング 右脳思考 論的思考 ボストンコンサルティング BCG ロジカルシンキング 論理的思考 内田和成 ビジネス
仮説思考―BCG流 問題発見・解決の発想法 右脳思考 論点思考 内田和成 思考力大全【合本版】
概要 ビジネス書で「仮説」の重要性を説くものは少なくないが、中でも本書の特徴は、とにかく早く仮説を立てるなど「スピード」を重視すること。「どうすれば早く良い仮説を立てられるか」、「仮説が正しいかどうかを、どう検証すればいいのか」などを事例を基に解説。 ビジネスは左脳重視の世界だ。しかし本物の経営者は思いつきやひらめきを大事にしている。戦略コンサルティングファームのトップを務めた著者が、右脳・左脳の使い分け方、使うタイミングを解説する。生産性と創造性が劇的に上がる1冊。 成果を出すには「正しい答え」でなく「正しい問い」「解くべき問題」=論点が重要となる。本書はこれまでコンサルタントの頭の中にしまい込まれていて名人芸と思われていた論点が何かを見つけだす能力を、わかりやすく説明。 ロングセラー『仮説思考』(2006年刊行)と『論点思考』(2010年刊行)が、2巻セットの合本版になって新登場!(Kindleのみ)
ページ数 240ページ 256ページ 235ページ 373 ページ
発売日 2006/3/31 2018/12/26 2010/1/29 2016/12/22
出版社 東洋経済新報社 東洋経済新報社 東洋経済新報社 東洋経済新報社

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 213
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2019年1月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年1月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年2月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年6月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年7月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
click to open popover