Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,600

¥ 128の割引 (7%)

ポイント : 45pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[内田 和成]の仮説思考―BCG流 問題発見・解決の発想法
Kindle App Ad

仮説思考―BCG流 問題発見・解決の発想法 Kindle版

5つ星のうち 3.9 124件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,600
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 950

商品の説明

メディア掲載レビューほか

仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法
「仮説思考」とは、情報が不十分だったり、分析が進んでいない段階でも、先に自分なりの「仮の答え」を持つという考え方だ。よく言われることだが実践するのは難しい。ボストン コンサルティング グループで長く活躍する筆者が自らの実践方法を説く。結論から先に考えることで、問題の全体像を素早くつかみ、正しい解決策を効率よく導き出せるという。

ビジネス書で「仮説」の重要性を説くものは少なくないが、中でも本書の特徴は、とにかく早く仮説を立てるなど「スピード」を重視すること。決断を早くするよう心掛けることで先見性が養われ、限られた時間を重要な問題の検証にあてられる。その結果、仕事の質も高まる。本書では「どうすれば早く良い仮説を立てられるか」、「仮説が正しいかどうかを、どう検証すればいいのか」などを、「化粧品の売上打開策」といったビジネスの現場でよく出会うような事例を基に解説する。

日本人はあらかじめ問題がはっきりしている場合には対処できるが、自ら問題を発見する能力が弱いと筆者は危惧する。ビジネスパーソンのみならず、IT関係者にとっても自らの行動を見直すきっかけになる指摘が多く含まれている。


(日経コンピュータ 2006/05/29 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

仕事の速さ・出来栄えを決めるのは何か? それは「分析力ではなく、仮説である」と著者は説く。ボストン・コンサルティング・グループでの20年の経験から、コンサルタントの必須能力である「仮説思考」を解説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1903 KB
  • 紙の本の長さ: 240 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2006/3/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AQEPY1K
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 124件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,489位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
筆者の説く「仮説思考」とは、仮説をまず立て、分析や本格的な情報収集は

その仮説を検証、裏付けるプロセスとして行うべきであるという方法論。

これにたいしてまず関係のありそうな情報を全て集め、全ての選択肢を調べる

方法を「網羅的思考」と呼んでいる。仮説思考の短期的な利点として、筆者は、

回答に効率よくたどり着けること、また仮説を立て、検証する過程を繰り返す

ことで、仮説の精度、ひいては先見性が高まることをあげる。背景に、

網羅的思考では回答にたどりつくまでに時間がかかりすぎるため時間の制約が

ある中では良い答えが提供できない。という大前提がある。

現代において情報の重要性は十分に強調されているし、ビジネスでは

決断できないことの言い訳に「情報をまず十分に集めよう」となることが

多いことを考えれば、仮説思考を強調する意義はわかる。なによりも、

目的と文脈を明確にしない情報収集は時間の無駄遣いだと思う。しかし、

仮説思考の利点を強調するあまり欠点・留意点について触れていない点、

検証の重要性や検証方法について
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
課題図書として読みました。全て準備して答えを出すのが普通だと思っていましたが、それは方向転換が発生した時にダメージが大きく間違いであると自覚させられました。これから出来るかどうかは別として、実践してみようと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
仮説思考の重要性が繰り返し語られる本。あまりにもスマートな本なのでスラスラと読め、読んでいると「できるわ!」と思える部分も多い。が、本当にそれが仕事で実践できているか?といえばできていない部分も多いだろう。
最も教訓的な言葉はおそらく「網羅思考は責任を取りたくない人の考え方」といったところになる。データを集めて、時間切れまで考えて、結局判断できない、けど頑張った、という納得を積み重ねて、判断を上に委ねていくこと。それの積み重ねが組織の、自身のスピードダウンを招いていく。
仮説思考における前提は失敗をおそれないこと、繰り返し失敗すること、恥を恐れないこと、それを自分が、周囲が許せるかどうかというところになるわけで、本書を実践に移すには能力そのものよりも、そういった考え方の文化自体を自他含めて変えていくタフネスになるのではないか、と感じた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
情報が多い≠良い意思決定ができる環境

少ない手順で目的を達成するために、仮説を立て、必要でない情報を見極める事によって、少ない情報で素早い決断をくだすことが史上。

・先見性
・決断力
・実行力
が仕事力の内訳になるが、先見性、決断力は「仮説思考」することによって対応できる。

物事に対して「なぜ?」を最低5回以上繰り返し、物事の根元を理解し、根本的な問題を解決するのに役に立つ本。

最後に印象的な言葉があった
直感の7割は正しい
ー羽生善治

定石をたどり、研鑽に研鑽をつんだあと、
迷ったなら「直感」を信じれば、だいたい正解の事が多い。(迷いの中、実行に移せるか?が次の鍵)
自分の直感は正しく、やることはすべて「当たる」と思う人は、足下をすくわれる(本当にそれでいいか、研鑽しなさい)

という感じの名言かな?と思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
仮説思考を日頃からしているので、自分のやり方とどこが違うのかを調べるために購入した。
ほぼ、一緒でホッとした。
固定概念を補強するのではという意見があるが、闇雲にデータを集めて、まとめめきれず時間切れというパターンを経験したことがないのだろうか。
部下に、仮説を立ててストーリーを作ってから作業に入れ、その前に、まず、仮説を説明しろと言っているだけに、これは、いい!
自分は建築士だけど、でかくて複雑な建物の平面図を描くとき、まさに、仮説と直感が役に立つことが多く、腹落ちした。オススメです!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover