Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 324の割引 (20%)

ポイント : 271pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[野口 悠紀雄]の仮想通貨革命
Kindle App Ad

仮想通貨革命 Kindle版

5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

紙の本の長さ: 276ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ビットコインをはじめとする仮想通貨が、世界を揺るがし始めている。管理主体を持たない通貨、国家の枠組みを超えた通貨として、経済・社会の枠組みを変え、ビジネスや日常生活をも変えようとしている。従来の通貨が脅かされるとき、何が起きるのか。そのインパクトと日本経済の課題を明らかにする。

著者について

野口悠紀雄
1940年東京生まれ。
63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。
一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、
2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。
著書に『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞)、
『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)、『「超」整理法』(中公新書)、
近著に『金融緩和で日本は破綻する』『期待バブル崩壊』(ダイヤモンド社)、『変わった世界 変わらない日本』(講談社現代新書)など多数。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12919 KB
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2014/6/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00M7J9SKA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,588位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私自身「クリプトパーク」という仮想通貨のSNSサイトを運営しており、開発会社でもあるので日々仮想通貨について勉強していますが、この本は一番勉強になった本です。

多くの本ではビットコインの送金については詳しく書かれていますが、ビットコインや他のアルトコインは、送金以外にも使用できるものが多く、そのことに詳しく言及している本は少ないです。難しい内容や発展的な内容の為、そこまで踏み込めないのかもしれませんが、この本は違います。

「ビットコインは始まりにすぎない」というサブタイトルのように、ビットコインの送金の先にあるもの、スマートコントラクトやカラードコイン、DACと言った内容にまで踏み込んで説明し、他の仮想通貨や仮想通貨の未来まで予測しているものはこの本以外には見当たりませんでした。将来の産業や発展を考える時は、こちらの内容こそ大切で重要に思います。

深く見ないとその本質が見えてこないものは、世の中沢山ありますが、仮想通貨については特に言えると思います。電子マネーの拡張版とか、投機的な通貨と思っているだけでは、仮想通貨の本質は見間違います。

ちょっと難しく書きましたが、Bitcoinは、簡単に言えば金銭移動プラットフォームです。通貨と呼ぼうが、価値記録と呼ぼうが、即時かつ匿名の金銭移動の可能性を与え
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/12/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
野口教授でもそうなのかな、と思った。
仮想通貨の技術的背景を知っていたら、あまり両手離しで賞賛することはできないと思う。
たとえば、「Bitcoinは計算量理論から見て「無限連鎖講」である」という言葉で検索してほしいのだが、ビットコインをこのままノーテンキに使い続けていたら、世界のコンピューターパワーをもってしても計算しきれない段階に陥る。
もともとビットコインは試作がそのまま世の中に出てしまったような仮想通貨であって、まともに相手にするべきシロモノとはいえないと昔から思っていた。
CMで宣伝しているということは、誰かが濡れ手に粟ということであって正しいとは限らないのだ。
他の技術も完全かどうかは、はなはだあやふやだ。
なぜならば現在の暗号化技術が一応安全とされている理由は「計算量が莫大だから」というところにつきるわけだが、別の解を数学者が発見する可能性はないとはいえないのだ。
通貨はとんでもなく長い永続性が必要となるのに、こんなあやふやな技術背景でいいのだろうか?
金がニクソンショックにより、通貨からモノの代表になったが、その時から金と通貨は密接な関係を続けてきている。
モノとはなんの関連もない、不安定な、いつ技術的に破綻するかわからない仮想通貨を簡単に信頼できるわけはない。
個人的にはPaypalが採用している「デジタルバリュー」のほうがまだ穏やかなように感じる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 edge walker トップ500レビュアー 投稿日 2014/7/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者は東大工学部を卒業して大蔵省に入省し、現在は作家活動を行ない「超整理法」などを執筆した野口悠紀雄氏です。
本書は近年よく耳にするようになった、ビットコインを代表とする「新通貨」について解説したものです。
週刊ダイヤモンドの巻末コラムに連載している氏のエッセイで同様のテーマを解説しているのを見て、面白そうだと思って手に取りました。

ビットコインは今までの常識を覆すような新しい技術が使われているようで、ちょうど初期のインターネットを思わせるようなイメージしにくいものです。
本書ではその技術の概要、歴史、現状、一般通貨との比較と問題点、将来展望などが述べられていました。
技術については次のような感じです。
まず取引の記録は「ブロックチェーン」という複雑な演算式を経ないと作れないデータを世界に散らばるユーザー達が共同して計算して構築し、そこにコインの所有者や枚数などの全ての取引の状況が記録されます。
そして更にコイン所有者には、ブロックチェーンで作られた計算式が解になるように即興で作られた公開キーと秘密キーが渡されるという流れになっています。
そしてコインを他者に譲り渡すときには、この2つのキーを元に所有者からの申請であることが確認され、その譲り渡された事実が新たに計算されてブロックチェーンに追
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
野口悠紀雄さんの最新作。
ビットコインを取り巻く現在の状況と新技術の意義について述べている。

2014年2月に起こったビットコイン両替所であるマウントゴックスの破綻では
ビットコイン=危険のような間違った認識が広がったという指摘はなるほどと思った。
一両替所が破綻した事と通貨の破綻は違うのであると。

むしろ中国政府はビットコインの規制に乗り出したし
何よりビットコインは恐るべき潜在性があることを認めたのだ。

まえがきにも書いていたのだが、ウクライナでのロシアに抵抗する人々が
ネット上でビットコインでの支援を求めるためにQRコードを写真で提示している。

ギリシャなど財政破綻国家では自国通貨からビットコインに逃避する事態になった。
このことは国が無責任な金融政策を続けようとする政府行動を制約する。
本書P196で日本の放漫財政と国債貨幣化、日銀の独立性侵害を続ける金融政策を
批判し、本当に規制と監視が必要なのはビットコインではなく国の通貨であるという
指摘にはハッとさせられた。

本書ではニュースなどでのビットコインの解説からもうワンランク上の解説が続く。
特に国際送金の手数料を劇
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す