通常配送無料 詳細
在庫あり。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
代表的日本人 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆カバー状態:目立つキズ、ヨゴレございません。◆本文状態:書き込みございません。◆(完全防水、クリーニング)到着後、問題がございましたら誠意を持った対応致します。021106
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


代表的日本人 (岩波文庫) (日本語) 文庫 – 1995/7/17

5つ星のうち4.2 210個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥1,210 ¥410
文庫
¥792
¥792 ¥60
お届け日: 1月20日 - 21日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
9 時間 55 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 代表的日本人 (岩波文庫)
  • +
  • 幸之助論―「経営の神様」松下幸之助の物語
  • +
  • 武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)
総額: ¥4,202
ポイントの合計: 42pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新渡戸稲造『武士道』、岡倉天心『茶の本』と並ぶ、日本人が英語で日本の文化・思想を西欧社会に紹介した代表的な著作。内村鑑三(1861‐1930)が、奔流のように押し寄せる西欧文化の中で、どのような日本人として生きるべきかを模索した書。新たな訳による新版。

登録情報

  • ASIN : 4003311930
  • 出版社 : 岩波書店; 〔新版〕 (1995/7/17)
  • 発売日 : 1995/7/17
  • 言語: : 日本語
  • 文庫 : 208ページ
  • ISBN-10 : 9784003311936
  • ISBN-13 : 978-4003311936
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 210個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
210 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2019年4月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年8月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年4月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年11月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年8月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。二宮金次郎