通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
代表的日本人 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

代表的日本人 (岩波文庫) 文庫 – 1995/7/17

5つ星のうち 4.6 98件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188 ¥ 322
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 201
Audible版
"もう一度試してください。"
無料体験スタート

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 代表的日本人 (岩波文庫)
  • +
  • 幸之助論―「経営の神様」松下幸之助の物語
  • +
  • 武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)
総額: ¥4,061
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

内村鑑三(一八六一―一九三〇)は,「代表的日本人」として西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮の五人をあげ,その生涯を叙述する.日清戦争の始まった一八九四年に書かれた本書は岡倉天心『茶の本』,新渡戸稲造『武士道』と共に,日本人が英語で日本の文化・思想を西欧社会に紹介した代表的な著作である.読みやすい新訳.

内容(「BOOK」データベースより)

新渡戸稲造『武士道』、岡倉天心『茶の本』と並ぶ、日本人が英語で日本の文化・思想を西欧社会に紹介した代表的な著作。内村鑑三(1861‐1930)が、奔流のように押し寄せる西欧文化の中で、どのような日本人として生きるべきかを模索した書。新たな訳による新版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 208ページ
  • 出版社: 岩波書店; 〔新版〕版 (1995/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003311930
  • ISBN-13: 978-4003311936
  • 発売日: 1995/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 98件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,320位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「日本人で尊敬するのは誰か?」、かつてこう聞かれた米、ケネディ大統領は、すかさず、「上杉鷹山」と答えたそうですが、それは、この本を読んでいたからと言われています。 著者は5人の人物を挙げています。
西郷隆盛(政治家)、上杉鷹山(領主)、中江藤樹(教育者)、日蓮上人(宗教者)、そして二宮尊徳(農業者)です。 

ケネディ大統領は立場が似ている「上杉鷹山」に注目しましたが、私がこの本で、注目したのは二宮尊徳です。 一般大衆にとっては、二宮尊徳の方がはるかに役に立ちます。
尊徳は、「自然」と人との間に立って、人々を「自然」の方に引き戻しました。

この本から二宮尊徳の教えを引用してレビューにします。
「キュウリを植えればキュウリとは別のものが収穫できると思うな。 人は自分の植えたものを収穫するのである。」
「誠実にして、はじめて禍を福に変えることができる。施術は役に立たない」
「一人の心は、大宇宙にあっては、おそらく小さな存在にすぎないだろう。 しかし、その人が誠実でさえあれば、天地も動かしうる」 「なすべきことは、結果を問わずなされなくてはならない」
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昔、確か立花隆かだれかの本の中で、故ケネディ大統領は「政治家として最も尊敬する人は上杉鷹山」と語ったという内容を読んだ記憶がありました。その時は、一体ケネディ氏はいつどこで上杉鷹山の事を知ったのだろうと不思議に思いましたが、この本を読んでそのなぞが解けた気がします。元々この本は20世紀の初めに敬虔なキリスト教徒である内村鑑三が英語で書いた本であり、確か当初ニューイングランド地方で出版されたと思います。そういう意味で、ボストン出身の若き日のケネディ氏が、この本を読んだという事は十分想像できます。100年前に書かれた事を感じさせない素晴らしい内容の本です。偉大なる代表的日本人達。何度読んでも、思わず姿勢を正してしまいます。
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1908年刊
本書は岩波文庫で常に販売上位にランキングされるベストセラー。
遅ればせながら手にしました。もっと読みづらいのかと思いきや、
素直な文章でとても読みやすいです。中学生、もしかすると小学生
でも充分読めると思います。所謂、偉人の伝記風の趣で、日本人の
琴線に触れるようなエピソードが満載。素直に感動しました。
政治・主君・農業・教育・宗教という切り口で、西郷さん、上杉鷹山、
二宮尊徳、中江藤樹、日蓮が取り上げられています。
ただ、勤勉というイメージしかなかった二宮尊徳も実業家ばりの
リーダーシップ、教科書では名前がでるかでないかの位の鷹山
の感動的な主君ぶり。西郷さんの章だけ妙なナショナリズムの香り
が際立ち違和感があったのだが解説をよんで納得。
一見、純日本的ともみえる精神性に、キリスト教受容の下地が意外に
も用意されていたんだなあと思いました。
西郷さんについては、勝海舟の『氷川清話』もおすすめします。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
原題は、"Representative Men of Japan"。
日本最後のサムライと言われる内村鑑三氏が日本人を紹介することで、
日本文化、価値観を紹介した本である。
明治初期の当時、世界の殆どの列強と呼ばれる国々はキリスト教世界であり、
異国の道徳、異文化と言ったものは理解どころか想像さえ難しかった。
このような時勢の折、日本と言う新興国が一体どんな道徳観、文化を持っているか
積極的に英文で紹介している点は素晴らしい。
新渡戸稲造氏の「Bushido」と双璧を為すといっても過言ではあるまい。
代表的日本人として選ばれ紹介された面々は、一見奇異ではあるが、
どの人物も素晴らしい経歴と思想をもった方々である。
二宮金次郎、上杉鷹山の両氏は、非常に有名であるにも関わらず、その半生を顧みられることが少ない。
また、中江藤樹に至っては、私は恥ずかしながら本書を読むまで知らなかった。
激動の江戸末期、明治において活躍した内村鑑三氏だからこそ選んだ
これらの代表的とされる日本人をぜひ日本人である我々がまず
認識し学ぶべきであろう。
残念ながら、内村氏の本文は聖書からの引用、キリスト教世界観を有しており、
キリス
...続きを読む ›
1 コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー