Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,000

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[レンガ]の他人の人生を生きない教科書: 給料以外の自動収入を作って自分らしく生きるためのバイブル!
Kindle App Ad

他人の人生を生きない教科書: 給料以外の自動収入を作って自分らしく生きるためのバイブル! Kindle版

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2017/7/24
"もう一度試してください。"
¥ 1,000

商品の説明

内容紹介

【あらすじ】
31歳サラリーマンの「人生このままでいいのか」と感じていたウエムラが仕事の休憩中にカフェに立ち寄る。偶然にもそこで1日で1000万円を稼ぐ青年との出会いで、今まで想像もしなかった自分らしい生き方に完全に変わることになる。

【プロローグ】
あんな衝動的に行動したのは人生ではじめてかもしれない。

「人生本当にこのままでいいのか?」

それが、普段は知らない人に話しかけたりすることのない僕が、あの日カフェで"あんな青年"に話しかけるという突拍子もない行動に出た一番の思いだった。

僕の名前はウエムラ。31歳。都心の会社員で求人広告の営業職をしている。自分では顔はぱっちりした目で顔上半分だけは俳優の要潤に似ているつもり。飲み会で「芸能人で誰に似ている?」という会話で、「要潤」と答えると「カナメジュン?誰それ?」と言われるか、「残念な要潤だね」と言われる。

年収は330万円。実は最近結婚したばかり。その日、平日の昼過ぎ、僕は取引先の外回りをしていた。今の仕事が自分に合っているようには思えず、この先の将来が見えないなーと憂鬱な気分だった。

3件目の取引先を出たところでちょっと疲れたなと思い、最近できたカフェがたまたま目についたのでお店に入った。席に座ると斜め前辺りのテーブル席に2人の男性客が対面でなにやら話をしているのが目につく。

1人はくたびれたスーツを椅子にかけてヨレヨレのワイシャツを着た黒縁の眼鏡をかけた猫背の男性。いかにもダメリーマンって感じだ。

もう人はまだ春なのに短パンにTシャツを着たラフな格好の青年だった。キレイな姿勢で椅子に深く座っている。そして、真っ直ぐで見通すような澄んだ目で、そのダメリーマンを見ていた。

14時過ぎているのでランチタイムは終了して、店内に客はほとんどいなかった。僕がアイスコーヒーを飲みながらスマホを見ていると、その2人の男性客の会話が聞こえてきた。

どうやらダメリーマンの方が会社の不満を次々に漏らしている。

「それで、うちの上司は見る目がないから、今回も希望してない部署に移動させられてしまって。前にいた部署は比較的残業は少なかったのですけどねー。今回移った部署はみんな夜10時ぐらいまで残るのが当たり前で・・・。おまけに社長はウチの直属の上司があまり仕事してないこととか知らないんです。社内で目立つのだけは上手なんですけどね。目立っているってだけで出世してるなんてね。上司以外の僕らがいないと会社なんか立ち行かないのに」

一方、相手の短パンTシャツ男は、澄ました顔をして「へー」としか言ってないようだ。

「こんな会社すぐに辞めてやりますよ!僕だってね、前の会社では成績も良かっただったんですよ。それが今の会社に来たとたんにこれですからね。全然評価してもらえない。給料ももっと上がっていいはずなのに、人事の人なんて会社でペラペラしゃべってるだけで社員のことなんか見てないんですよ。それなのに会社に残る時間だけは長くなって、これで残業代がつかないとなると本当にキツイんです。だから、僕はレンガさんの話を聞いてみたかったんです。レンガさんならなんとかしてもらえるんじゃないかと思って」

更にダメリーマンの言葉は続く。

「年齢ももう39です。これが10年前だったらなあとか思います。もしもう1度やり直せるなら今頃僕はもっと良い生活を送っているですよ。だいたい、こんなに毎日会社に尽くして上げているのに給料を上げてくれないから、月末にはお金がいつもなくなってしまうんです。こんな不公平なことってありますか?だからね、僕は電車の定期代をもらってるんですけどね、実は交通費を多めに申請して、会社には自転車で通ってその分をぶんどってやってるんですよ。それに今日もレンガさんに会うために、会社には祖母が死んだと言ってここに来てるんです。これぐらいしないとやってられないっすよ。なのでレンガさん今日は時間はたっぷりありますので、いろいろビジネスのこととか教えてください」

ダメリーマンの声色が悦に入って自慢気になっていた。

その時、言葉を遮ぎりながら、短パンTシャツ男が初めて「へー」以外の口を開いた。

「遠藤さん。終わりです。帰っていいですよ」

一瞬、ダメリーマンの顔がこわばった。

「え?」

短パンTシャツ男は、コーヒーカップを1度口にして続けた。

「終わりです」

「え?どういうことですか?」

「僕が遠藤さんに教えることはないです」

「は?まだ何も話してないじゃないですか。何がダメなんですか?」

「それは自分で考えてください」

「いやいや。僕は今日レンガさんにいろいろ教わろうと思って、ここに来たんですよ。しかも会社の有給をとって!話してくれないなんて勝手すぎるじゃないですか!何が悪いのかぐらい教えてくださいよ!」

「今ここで答えを言っても遠藤さんのためにならないですので。気付くまでは自分でビジネスするとかは無理だと思いますよ」

ダメリーマンが歯を食いしばって睨みつけるような表情に変わった。と、思ったら急に今度は真顔になった。

ダメリーマンは握りこぶしをテーブルに叩きつけた。
ドンっ!とコーヒーカップが一瞬浮く音がした。

ただでさえ客の少ない静かなカフェが一瞬シーンとなって時間が止まった。

ダメリーマンの表情はまた睨みつける表情に戻った。

何も言わずにくたびれたのスーツの上着とカバンを持って、その場を立ち去った。立ち去る瞬間にダメリーマンの顔が一瞬見えた。

「なんだアイツ!全然わかってない!」

みたいなことが言いたいんだろうなとなんとなくわかった。顔にそう書いてた。

店内は何もなかったように、また少しざわつきはじめた。僕はあの短パンTシャツ男が気になってしょうがなかった。

今ダメリーマンがいた席に行って話しかけてみようか。いや、そんなことをしても・・・。でも、何かが変わるかもしれない。

変わらないかもしれない。変わらなかったとしても、もしかしたら何か得られるものはあるかもしれない。もしウザがられたらさっきのダメリーマンみたいに帰ればいいんだ。無視とかされたらすぐお店を出よう。

僕は覚悟を決めた。

席を立って斜め向かいの短パンTシャツ男の前まで歩いた。

「あの・・・ちょっとだけよろしいですか?」

僕は少し声が震えているのが自分でわかった。短パンTシャツ男に、さっきの人がなぜ怒って帰ったのかを聞きたいという旨を伝えた。

短パンTシャツ男は少し驚きながらも、「あーいいっすよー。どうぞ。」と言って、席に手を差し伸べてくれた。僕はいま生まれてはじめて知らない人に話しかけた。
 
なんかすごいぞこれ・・・

「あっ、なんてお呼びすればいいですか?」

「あーオレはレンガって呼んでもらえれば。ちなみにあなたは何と?」

「僕はウエムラといいます」

このレンガとかいう一見ふざけた名前の青年とこのカフェで話すことになるなんて後から振り返ったらすごい出来事だ。今思うとあの時勇気を出して行動して、話しかけて良かったと思っている。

レンガさんとカフェではじめて話たとき、失礼だけどその辺にいるただの兄ちゃんって感じだった。よくあるようなギラギラした成功者のオーラっていう感じはあまりない。本当に「普通の人」という印象。

僕もそんなレンガさんにたまたまカフェで話かけたおかげで、今まで想像もしなかった自分らしい生き方に完全に変わることになる。


【目次】

第1章 自分らしく生きる
1-1.本音で生きる
1-2.他人の人生を生きる人
1-3.自分の人生を生きるための方程式
1-4.もし今日が自分の人生最後の日だとしたら

第2章 新しい働き方
2-1.資格を取ると貧乏になる
2-2.正社員になることが安定した働き方ではない
2-3.遊びが仕事になる
2-4.働く時間と働く場所は自由でいい
2-5.働けば働くほどお金が遠ざかる
2-6.年収100万円時代の突入

第3章 給料以外の自動収入を作る
3-1.自動収入を得るための2種類の稼ぎ方
3-2.リスクゼロからはじめる
3-3.ネットで完結する起業の4つの面白さ
3-4.広告収入を得る
3-5.自分を発信する
3-6.一生お金に困らない人の稼ぎ方

第4章 新しい暮らし方
4-1.貯金は安心という罠
4-2.自分に投資する
4-3.お金が無いからタクシーに乗る
4-4.バランスとかとらなくていい
4-5.人間関係のポートフォリオ
4-6.オタクになる
4-7.内向型人間が楽しく暮らせる時代
4-8.会社の飲み会は百害あって一利なし
4-9.シェアの力を利用する

第5章 人と違う道を行く
5-1.パクるが勝ち
5-2.世間はあなたのことをなんとも思っていない
5-3.上手くいかなかった経験がお金になる
5-4.逆張りにチャンスあり
5-5.好きなことより稼ぐこと
5-6.1円でも稼いでいたら起業
5-7.小さくていいのでまず動く

まとめーウエムラメモ
最後に

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1460 KB
  • 紙の本の長さ: 193 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0747WCDL3
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 128,929位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ
2
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2017年7月30日
Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月31日
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月30日
Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
click to open popover