通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
仕組まれた円高 (青春新書インテリジェンス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仕組まれた円高 (青春新書インテリジェンス) 新書 – 2012/2/2

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仕組まれた円高 (青春新書インテリジェンス)
  • +
  • 騙されるニッポン (青春新書インテリジェンス 179)
総額: ¥1,693
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

暗躍するヘッジファンド、無意味なドル買い・円売り介入……。現在の円高はある目的をもった勢力によって仕掛けられており、日本人には驚くべきシナリオが待ち受けているという。青い目をした日本人が、通貨や金融のカラクリについて解説する。

内容(「BOOK」データベースより)

暗躍するヘッジファンド、無意味なドル買い・円売り介入…。この先に待ち受ける驚きのシナリオとは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 189ページ
  • 出版社: 青春出版社 (2012/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4413043499
  • ISBN-13: 978-4413043496
  • 発売日: 2012/2/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 196,322位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 友井幹夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/6/22
形式: 新書
世界を操る権力の裏舞台を、日本人ベンジャミン・フルフォードが読み解く。
大手のマスコミで報じることのない、多角的な視点と、その豊富な情報で、私たちの想像を超えた、危険に満ちた、人類の未来に、古歩道は警鐘を鳴らす。

p23「円高には、借金棒引きの効果がある」には、驚いた!

アメリカの国債をドル建てで保有している日本は、円高により、その資産は減少している。
それが、これまでに話題になったことがあるだろうか?
国債による資産運営という物語ではなく、それは、為替差損で膨大な損失になっている。
これが、日本の、アメリカへの忠誠と貢献の意思表示なのだろうか。

p45「日銀の大株主は誰か?」

日本銀行は株式会社で、政府出資は55%、個人が39%、その他。
個人の投資家に、デヴィッド・ロックフェラーとロスチャイルドがいることを知る。
これは、何を意味しているのか?

「第三章、大変革へ向けて動き出した世界」では、ロシアのウラジミール・プーチン大統領が、祖国を守る意識の高さに、魅力を感じました。

世界を動かしているのは、誰なのか?
そして、人類の未来の幸せを願う本書である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ベンジャミンフルフォードさんの話は、非常に論理的で、読む人を納得させるものです。この本を読むことで、今の経済情勢にかなり明るくなるものと思います。思わず、試験勉強もしないで読破してしまいました。
 話の内容は、現在なぜ円高になるのか、という点に尽きると思います。また、この背景にはある国際的な金融資本が関係しているという点もだんだんと分かってきます。外貨投資・中国株などを実践している人にも読んでもらいたいです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
彼の作品はややもすると『トンデモ本』という扱いをうけるのでしょうが、なぜか妙に説得力があって、ついつい読んでしまうんですよね・・・。今、大きな問題になっている円高について、その理由を解説した本は多いですが、日銀や政府が対策を打たない理由を明確に説明した書籍には出会えないでいました。この本が答えです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルからは窺い知れない、世界を牛耳る金融資本家や闇勢力について書かれたかなり過激な本でびっくりしました。
具体的な人名やグループ名、事実関係が豊富に提示されています。

効果のない為替介入を日本政府が実行することに対してずっと疑問に思っていたのですが、そうだったのか!と妙に納得してしまいました。

大事なのは、この本の内容の真否ではなく、様々な知識を得ることによって自分で考える力がつき、メディアの流す情報を鵜呑みにせず、隠された意図を読めるようになること、そして未来を選択できる自由を得られること、だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
それなりの本でした。状態は可もなく不可でもなくでした。
普通の本でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック