Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
割引: ¥ 307 (21%)

Kindle 価格: ¥1,123

(税込)

獲得ポイント:
11ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[デイル・ドーテン, 野津智子]の仕事は楽しいかね? (きこ書房)
Audible版のサンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


仕事は楽しいかね? (きこ書房) Kindle版

5つ星のうち4.1 940個の評価
仕事は楽しいかね? (全4巻)の1冊目

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,123
単行本 ¥1,400 ¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック
このシリーズの次の4巻 シリーズの詳細を見る
紙の本の価格 : ¥ 5,720
Kindle 価格: ¥ 4,419
¥ 1,301の割引 (23%)
獲得ポイント: 44 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

商品の説明

商品説明

   出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

   本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。

   試すこと、日々変化が必要であること、偶然を見落としていること…。本書のこうしたメッセージは特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特である。「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」などは、自分を振り返らせるのに十分である。

   物語仕立てのビジネス啓発書としては「短編」の部類に入る本書。シンプルながら味わいのある1冊である。(棚上 勉) --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

「仕事は楽しいかね?」 大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の「私」。仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一夜だけの講義を開始した…。
--このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ファイルサイズ : 6758 KB
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 推定ページ数 : 146ページ
  • 出版社 : きこ書房  (2015/1/19)
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効
  • X-Ray : 有効
  • 言語: : 日本語
  • ASIN : B00SIM19YS
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 940個の評価
click to open popover