通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仕事の技法 (講談社現代新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

仕事の技法 (講談社現代新書) 新書 – 2016/1/20

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 9

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仕事の技法 (講談社現代新書)
  • +
  • 知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)
  • +
  • 人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

相手からの
「言葉以外のメッセージ」を感じ取る
この一つの技法を身につけるだけで
「仕事力」は、圧倒的に高まる。

ビジネスにおける数多くの修羅場を
くぐり抜けてきた著者が到達した究極の「仕事の技法」、
コミュニケーションの真髄を語る23話。


第一話 すべての分野で役に立つ「仕事の技法」は「深層対話の技法」
第二話 「仕事のできる人」は必ず身につけている「相手の心を感じ取る技法」
第三話 「心配り」や「気配り」の本質は「言葉以外のメッセージ」を感じ取る力
第四話 相手の「真意」や「本音」を感じ取る「深層対話力」
第五話 「言葉以外のメッセージ」こそが相手に伝わってしまう
第六話 本を読んだだけでは掴めない「プロフェッショナルの技法」
第七話 「深層対話の技法」が身につく本の読み方
第八話 多忙な日々の中でも深層対話力を身につける「反省の習慣」
第九話 商談や交渉、会議や会合の直後に必ず行うべき「追体験」
第一〇話 「追体験」において求められる「視点の転換」
第一一話 相手の表情、仕草、動作から感じ取る「言葉以外のメッセージ」
第一二話 優れたプロフェッショナルから学ぶべき「深層対話の視点」
第一三話 「一人での反省」がしばしば陥る「解釈の誤り」
第一四話 究極の「深層対話力」を身につける「深夜の反省日誌」
第一五話 「深夜の反省日誌」において見つめるべきは「自分の心の動き」
第一六話 相手から必ず見抜かれる心の中の「操作主義」
第一七話 「直後の反省会」を効果的にする「場面想定」の技法
第一八話 「場面想定」の習慣で身につく最も実践的な「戦略思考」
第一九話 「無意識に相手に伝えているメッセージ」に気がつく高度な「深層対話の技法」
第二〇話 最も成熟した「深層対話力」は「聞き届け」の技法から
第二一話 すべての仕事において活用すべき「深層対話力」
第二二話 「心理学」を学ぶだけでは決して身につかない「深層対話の技法」
第二三話 「深層対話力」とは極めて切れ味の良い「諸刃の剣」

内容(「BOOK」データベースより)

相手からの「言葉以外のメッセージ」を感じ取る。この一つの技法を身につけるだけで「仕事力」は、圧倒的に高まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062883503
  • ISBN-13: 978-4062883504
  • 発売日: 2016/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,002位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
仕事をさせて頂くうえで、上司、同僚、顧客の心の機微がわかれば、かなり素晴らしい結果がだせるでしょう。この本は、とても難しい内容を、具体的かつ、わかりやすい解説で、私のような平凡なワーキングマザーにも、がつんと来る、腑に落ちる内容でした。1日で読み通しました。また、何度でも、読みたいと思います。仕事の前と後の反省会を必ずやります。きっと、私の将来を明るく照らして下さるでしょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
若者向けの本という印象を持たれるかもしれませんが、23章があることで経営者やリーダーにこそ必要だと感じました。
力がある若者をどう用いるかは、少子高齢化社会では、重要な課題になると思うから。

力を得たら何に使うのか?

スターウォーズ3で、力はあるもののジェダイとして認めてもらえないアナキンがジェダイ・マスターと言い争う場面が浮かんできた

誰の何にどう役に立つのかという志を先に定めておかないと、力を得た際に、人を見下したり、傲慢になったりしてしまう可能性がある。そうなるとせっかく力があっても、活かすことが難しくなる。

だからこそ、年長者は、若者に志をもつ支援が必要だし、若者が志を持つ前に便利に使って、力をつけさせてはいけないということが言えよう。

日々、力不足で、情けない思いや、申し訳ない思い、悔しい思いをする。
それゆえに、成長したいと願う。

力を持つ前から、力を持った時のことを考えておかないと、力を自分のために使い、あれほど嫌だった、人を押さえつける存在に自らがなってしまう。

権力や金を得て、徳政を敷いた人もいれば、人を支配し、優越感に浸った人もいる。人類は化石燃料や原子力、医療などの技術力を得て、自らを滅ぼ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
仕事の奥深さとか怖さを感じました。
凄い人はこんなことまで意識しているのかと思い、
反省を促されました。

以下、本書を読んで印象に残った内容になります。

相手への敬意があるから相手のことを知ろうとする。
出来る限り情報を深く得ようとするから、
「反省」という行動につながる。
1を聞いて(見て、感じて)10を知る。
情報を大切にしようとしている意識がどの程度あるのか?

『下段者、上段者の実力がわからない』
世の中を怖いものだと思っておいた方がいい。
絶対に相手を侮ったりするな。油断するな。
相手を「サトリ」だと思っておく位がちょうどいい。

自分で自分の心をきちんと定めておくこと。
相手のために100%とかの意識。心掛けはなんだかんだで伝わってしまう。
面接とか行くときも、自分でもう仲間だと思い込んでいる位が、
おそらく上手くいきやすい。
状況に応じて、自分の心を定めておくこと。

深い人間への洞察力があり、表現力があるから、温かくなれる。

相手の心がどのように動いたのか?
相手にどのような考えがあったのか?
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
知識とは言葉で表せるもの、すなわち座学で身につけることができるものであるが、知恵とは経験の中でしかつかめないものである。
この知恵をどれだけ習得できるか、どう部下に伝えていくかということができるのがデキる上司である。
ある意味でしたたかに相手の表情や仕草から読み取れない情報を読み取ることがデキる人がビジネススキルの高い人である。
コミュニケーションは戦略的にすすめる必要があるが、操作主義にとらわれると、全く信用出来ない人になるので、注意が必要。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この著書では、数ある「仕事の技法」の中で、もっとも根幹的技法として、
「対話の技法」を「仕事の技法」として定義している。

どの分野、どの職種、どの仕事もその根幹は、「対話」であるため、その技法を見つけることで、
仕事力は圧倒的に高まると言うのだ。

対話の力としてビジネスパーソンが身につけるべきは、
「深層対話の技法」であり、それは、相手からの言葉以外のメッセージを感じ取る力だという。

著書の中では、日常に起こる上司と部下との会話、顧客との交渉や商談の場面の具体的なシーンから、
その大切さを感じ取る事ができ、そのシーンはビジネスパーソンであれば、誰もが経験する場面である。

そして、深層対話の技法を身につけるための、具体的な方法論も明確だ。
会議、商談後の「直後の反省会」、そして、一日の終わりに一人で行う「深夜の反省日誌」

「直後の反省会」は、上司同僚ら仲間とその会議・商談を追体験することにより、自分ひとりだけでは感じ取れなかったもの、自分だけでは解釈が自分都合になってしまうものをチームの知恵として溜めることができる。

「深夜の反省日誌」は、時間を置いて本当に自分の心に残ったものに対して自分の心の動きを見つ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー