Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,341
ポイント : 407pt (30%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宇都出雅巳]の仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方
Kindle App Ad

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方 Kindle版

5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,341

商品の説明

内容紹介

「あっ、すっかり忘れていた! 」
「おっと、うっかり見落としていた……」
「そうなんですか⁉ 勘違いしていました」
「なんで自分はあのときハンコを押したんだろう?」

これらのミスが起きてしまうのは、あなたの記憶力や注意力、コミュニケーション力、あるいは判断力が、低いからではありません。

実はそもそもわれわれの脳自体がミスを起こしやすいメカニズムになっているのです。

しかもそれは、「忘れた! 」というミスに限らず、そのほかのミスも脳の「記憶」にほとんどの原因があることが、最近の脳科学、認知科学の研究で急速に明らかになってきました。あなたはそのことを知らないがために、ミスを起こしてしまっているだけなのです。

本書は仕事のミスを以下の4つにわけ、それぞれのミスが起こるメカニズムと、ミスを防ぐ基本対策を解説していきます。

1 メモリーミス(忘れた! )
2 アテンションミス(見落とした! )
3 コミュニケーションミス(伝わっていない! 聞いていない! )
4 ジャッジメントミス(判断を間違えた! )

さらに、単にミスをなくす基本対策だけでなく、上司や同僚、取引先から「すごい! 」と言われるための応用編として、マスターへの道も用意しました。

この本は、一風変わった仕事術を紹介する本ではありません。

これまでさまざまなビジネス書で紹介されてきた王道テクニックがいかに脳のメカニズム上、有意義なことであるかを説明し、これまで以上に納得していただいて、「理解」だけではなく「実践」してもらうことを目的としています。

内容(「BOOK」データベースより)

脳のメモ帳「ワーキングメモリ」が集中力のカギを握る!ド忘れ、不注意、勘違い、誤判断を予防しよう。想像以上にいい加減な脳の性質を理解すれば、仕事のやり方は劇的に変わります。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5296 KB
  • 紙の本の長さ: 165 ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2016/8/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01KUQ14PI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,339位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 古舘 健 トップ100レビュアー 投稿日 2016/9/26
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こんにちは、古舘 健です。

私はミスをすることがあります。
例えば、今日のようにレビューを書いていると誤字や脱字をすることがあります。読んでくださっている方に申し訳ないと思うと同時に、ミスを教えてフォローしてくださる方に感謝しています。ミスの中には命や信用に関わるような致命的ミスと、他人には影響のないうっかりミスがあります。

人生において致命的ミスをなくすことが一番大事だと私は思います。致命的ミスは、全てを台なしにする可能性があるからです。

ミスとは、何かを行うときに、そもそも考えている段階で間違っていたり、考えていたことは正しくても実行する段階で失敗したりすることです。メールの送付先を間違えてしまった。パートナーの名前を間違えてしまった。「げっ。しまった!」と冷や汗をかいた経験があなたにも一度や二度はあるのではないでしょうか。

私のいる医療の現場では、常に成功が求められます。
例えば、口腔外科医は口の中という限られた範囲で、神経や血管を避けながら、外科手術をします。もし神経を傷つければ、患者様は食事がおいしいと感じられなくなったり、話がし辛くなったりする可能性があります。そのため、われわれ口腔外科医は、患者様のためにも日々、致命的ミスを起こさない方法を模索しています。
...続きを読む ›
コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 逆説的ですが、「ミスはするもの」という前提で頭を使うのが、ミスが絶対なくなる頭の使い方なんだとタイトルの真意なんだとよくわかりました。この本はミスを「やらかしてしまう人」、「やらかされて頭を痛めている人」の両方がよんでほしい本です。特に参考になったのはアテンションミスの基本対策は、「がんばらないこと」という点。こんなに頑張っているのにミスがなくならないと唇を噛み締めている日暮しは、「こんなに頑張るから」こそ視野が狭くなってミスをしているのかもしれませんよね。人が文章を読んでいるときの意識についても、読書モードと校閲モードでは、意識の向け方の方向が真逆であることなど、40年以上本ばっかり読んでいる日暮しが気づいていないことを気づかせてくれる本でした。
 この本については、Kindleで一度読んだものの、手元においてチェックリストの作成や仕事の進め方の座右の書にするために単行本を購入したくらいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
むかしからうっかりが多く、それは性格上目の前のことに気をとられてしまうから。
よって、個人的にすぐにメモを取ったり貼ったり。
努力はしてるんです。
頭の使い方で改善できるのかと思いましたがそういうものではありませんでした。
そうですよね。人の性格なんて早々変わりませんものね。。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
仕事をして忘れてしまうことは多い。若手だが、若手だからこそせめてミスなく仕事をしていきたいと思い購入。
読んでみた知ったことは「ワーキングメモリー」の存在。一時的に覚えていれる容量というのはわずかである。それに頼りすぎることで
うっかり忘れ等々のミスが起きるのだ。対策としてはワーキングメモリーをなるべく空にしておくこと。空にするということは考え事はメモしておくことや、ノートに書きだしておくこと。それだけでうっかりは防げるし、新しい情報が入ってきても対応できるのだ。
あとはチェックリストの作成や会話で相手に意識を向けることの重要性を改めて実感した。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
図書館で借りて読みましたが、買わなくてよかったと思う内容です。
できる人はやっているだろうし、できない人にとっては踏み込みが浅い感じがします。
ミスを4つに分類(メモリーミス(失念)、アテンションミス(見落し)、コミュニケーションミス(伝聞)、ジャッジメントミス(判断ミス))したところまでは良かったのですが、それぞれの内容が薄かったです。
中田 亨の『「事務ミス」をナメるな! 』の方が安くてためになりますね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読んで勉強になったことは、
自分のミスの原因がわかったこと、なぜミスをした後で
パニック状態になり、ミスにミスを重ねてしまうのかが
学べたことです。
ミスがなくなることはないでしょうが、ミスを少なくすること、
ミスに対して適切な対処を学ぶのに非常に役立つ本だと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover