通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仕事に効く 教養としての「世界史」 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 全体に目立つダメージはなく、使用感の少ない綺麗な状態です。帯付。ゆうメールで発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

仕事に効く 教養としての「世界史」 単行本 – 2014/2/22

5つ星のうち 3.5 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,890
¥ 1,890 ¥ 450

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仕事に効く 教養としての「世界史」
  • +
  • 仕事に効く教養としての「世界史」II  戦争と宗教と、そして21世紀はどこへ向かうのか?
  • +
  • 「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史
総額: ¥5,346
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■人類5000年史から現代を読み抜く10の視点とは。
■京都大学「国際人のグローバル・リテラシー」歴史講義も受け持ったビジネスリーダー、待望の1冊!
■日本を知りたければ、世界の歴史を知ることだ
ビジネスパーソンたちが、世界のあちらこちらで、日本の文化や歴史について問われたり、時の政府の行動や見解について問われることは、日常的になってきました。
その場合、この国が歩いてきた道、または歩かざるを得なかった道について大枠で把握することが、相手が理解し納得してくれるためにも必要です。
そして、日本が歩いてきた道や今日の日本について骨太に把握する鍵は、どこにあるかといえば、世界史の中にあります。(本文より)

内容(「BOOK」データベースより)

人類5000年史から現代を読み抜く10の視点とは。京都大学「国際人のグローバル・リテラシー」歴史講義も受け持ったビジネスリーダー、待望の1冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2014/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396614837
  • ISBN-13: 978-4396614836
  • 発売日: 2014/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,401位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
出口氏の過去の著作が好きな流れで本書も手にとってみました。

出口氏の博学さ、あれだけのビジネスをされながら、これだけの読書量をこなし、こうした洞察をまとめあげる姿勢には感銘を受けますが、本書が「教養としての世界史」というタイトルであることを考えると、内容的にはあまり満足のいくものではありませんでした。

”仕事に効く”という出版社の狙ったタイトルが個人的には好きになれないですが、百歩譲って、”仕事に効く”世界史という一冊にするのなら、ピックアップされている時代や記載の仕方などが全体的に偏っている印象があります。

ゆえにこの本で「世界史」を学ぼうというのではなく、歴史エッセイを楽しく読むといった姿勢が一番間違いがないかと思います。
コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
純粋な歴史を学ぶ書籍というには大部分が作者の主観に拠る所が大きいため、歴史エッセイ程度の認識で読むのをオススメする。詰まる所、事実を知っている人間など究極的には居ない訳で、どんな歴史書籍も編者・著者の主観は多少なりとも入ってしまうのだが、それを加味しても事実としての歴史を学ぶ書籍としては不適当と思われる一冊。自身が今までに学んだ歴史に関して新しい視点を持たせてくれるという意味では面白い。世界史から日本史のみを切り離すことは不可能であり、世界史の視点から日本を眺めてみようという意見は興味深い。
 内容は歴史における重要要素、国家・宗教・民族・交易・戦争などを中心に作者の考察が説明されている幅広いものである。
 世界史、日本史を一通り学んだ上での一読がオススメと思われる。日本としての常識ではなく世界視点での常識でも考える事の大切さを教えてくれる一冊である。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
口述筆記で書かれた本のせいか、内容が余りにも頼りないと言う感じです。個人的な予測的な話が多いので、読んでいてなんかモヤモヤ巻が残りました。

歴史関係の本は好きなのですが、他の歴史本と比べ裏づけが余りにも弱いのです。曖昧な感じが残る記載ぶりになっていて、残念な作りです。

後、タイトルは本を売るためのものですね。意味はありません。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「はじめに(まえがき)」で著者が早々に「(この本)に書いたことは、・・・自分で咀嚼して腹落ちしたことがすべてです。勘違いや誤解が多々あると思います」と言い切ったのでずっこけてしまった。そんな、素人の手慰みによくも「教養」と麗々しく銘打って、1750円という安かない定価をつけて臆面なく売り出したもんだな。本文は案の定「きっとこうだったことでしょう」「と思います」のオンパレードで、参考文献の記載ひとつなく、本書の信頼性の担保は表紙裏の「著者紹介:出口治明」の経歴における「訪れた世界の都市は1000を超え、読んだ歴史書は5000冊以上」の一文のみとなっている。とてもじゃないが知識のソースとしてまともに取り合う気にならない。
空き時間に片手間に読む娯楽書としては面白いので、その点だけで星3つ。しかし、いかんせんこの本に立脚して歴史・世界史を理解し語ろうとするのは、危険すぎるのでやめるべきだ。
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
なんというか、こういう解釈でいいのか自身が持てませんでした。なんというか強引にビジネスマンに売ろうとしたようなイメージを受けます。出口さんが著者じゃなければ買わなかっただろうし、こんなに店頭で見ることもなかったかと。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 er 投稿日 2014/5/29
形式: 単行本 Amazonで購入
他の方も書いていますが、「だと思います」が多すぎます。歴史的事実の記述だと思い「ふむふむ」と思って読んでいると「思います」で文末がしめられており、「あんたの予想かい‼︎」とずっこけてしまいます。それは本の最後まで続き、読む側としても慣れませんでした。
また、当方歴史の知識などほぼ無いに等しいのですが、そういう読者にとっては、ローマ帝国の皇帝の名前がずらずらと羅列されているようなこの本は馴染みが薄く、熱中して読めませんでした。また、どう仕事に効くのかもよく分かりません。国際的なコミュニケーションにおいて、この本の知識が生きる場面が多いようにはとても思えません。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この本は、本人が話す分には著者が教養ある人だとは思われますが、この本の内容を使って歴史を話したら教養のない人だと間違いなく思われます。
理由は、
まず著者の独断とどこかからか手に入れた知識が入り混じっていて、歴史の事実なのか考察なのか判断つかない。だから、読者がこれを話しても「なんで」と聞かれたら、わからないし、勝手なことを言っているようにしか見えない
ついでに、序文に書いてあるとおり、出典の怪しげな知識が混じっているので、読者が使うとよりいっそうおかしいです。実際、私がたまたまよく知っている部分がありましたが、いくつかの基本知識が明らかにおかしかったです、例えば仏教にかんする基礎知識で十悪に関して。
ただし、元の知識が怪しい部分があっても、こういった部分をつなぎあわせて、一つの歴史の見方を考察した、著者自身は教養のある人、考えることのできる人だと思います。だから、本人が話す分には全く問題ないですが、読者には無理です。むしろうすっぺらなあやしげな人の印象しか出ないです。相手が教養ある人ならばなおさらやめておくことです。

だからこの本の読み方としては
1, そんな見方もあるんだね、と単純に著者の見解を楽しむ、見解そのものは独特で楽しいです
2. この本の内容をベースに、事実を確認して自分の歴史の見方を構
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す