通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仕事が速い人はどんなメールを書いているのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOKの森
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あります。書き込みはありません。中古品ですので、イタミ・ヨゴレなどありますが、本の中身は「良好」状態です。丁寧に梱包して迅速に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/15

5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,458
¥ 1,458 ¥ 1,130

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
  • +
  • 世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法
総額: ¥2,970
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「メールなんて誰が書いても同じでしょ?」
いいえ、そんなことはありません。
仕事が速い人は「目的」「ビジュアル」「返信しやすさ」「言葉」「処理速度(の削減)」……
という5つのポイントを意識しながらメールを書いているのです。


これまでに1万通を超えるビジネスメールを添削し、
自身も1日に100通以上のメールをスピード処理するという著者が、
仕事が速い人が書くメールの《共通点》を徹底分析。


なぜ、“仕事が速い人"は「させていただきます」を使わないのか?
なぜ“仕事が速い人"は金曜の夕方に重要なメールを送らないのか?
“仕事が速い人"が、届いた順に返信するのはどうしてなのか?


本書のテクニックを使えば、定時退社も夢じゃない!?

出版社からのコメント

これまで1万通以上のメールを添削してきた著者による、超実践的高速メール術。「お手すきのときに」と書かない、金曜の夕方には大事なメールを送らない・・・・・・などユニークな事例も紹介。「仕事が速い人」の発想を盗め!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 文響社 (2017/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905073782
  • ISBN-13: 978-4905073789
  • 発売日: 2017/3/15
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.3 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,457位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
的確なメールで、無駄なやりとりを減らして、確実に返事をもらうためのノウハウが満載です。
依頼メールや営業メール、催促メールなどを書くのが面倒になりやすいメールの例文やテクニックも豊富なので、すぐに使わせて頂きました。
メールを送ることの多いビジネスマンだけで無く、フリーランスなどで様々なメールを多く書く方にもオススメです!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
正直、目新しさはないのですが、自分の行動を後押ししてくれます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
仕事を進めていく上で、増え続けるメールやSNSの文字のやり取り。
その完成度やかける時間は、個人差がかなりあり、限られた時間で、良い仕事をするためには重要なポイントと、いつも感じていた。

気づけて大きかったのは、メールの扱い→仕事のエッセンスが詰まっているため、
メールが速くなる=他の仕事も速くなる、思考や習慣を身につけられるということ。

メール対応の中で、
・順に返す(優先順位をあえてつけない)
・フォローメールの効果的なタイミング
・催促のメールを送る場合の具体例 などなど、

すぐに改善すべき、具体的なヒントが多数得られた。
これで、今日からの仕事のスピードアップは間違いなし!!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この方法は主に、仕事で「メール」を使っている方、
特にメールで顧客や取引先、社内連絡などのやりとりが多い方なら、
一日「30分」以上の時間短縮が可能になると思います。

実際に読んだ感想として印象に残った内容は以下の4つです。
------------------------------------------------

●受信トレイに届いた順に返信する(メールに優先度をつけない)

●「お手すきの際に」は使わない(主導権を握る)

●メールはビジュアルが重要(読み易いレイアウトは相手の返信速度も上がる)

●逃げ道を作った上で相手に確認メールを送る(相手を不快にせず、期限を守ってもらう)

------------------------------------------------

そしてこの本の中に出てくる最も驚いた方法が

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■受信トレイに届いた順に返信する
 (メールに優先順位をつけない)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
です。

メールは用件の
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容は平易で、1日で読破できる。
個人的には賛同できない部分があるが、参考になる部分もあった。
新入社員よりも、少しビジネスに慣れてきた頃に読むとよいのではないか。
また、異動直後や自身の仕事のスタイルに疑問を感じた時に手に取ると良いと感じる。
自分にはある程度の参考にしかならなかったが、他人に勧めることができる書籍だと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルから想像して、IT系ヤングエグゼクティブの「効率最優先」のメール術かと思って手に取りました。ところが、まったく違いました。

とてもていねいなメール術を解説しています。目的は「返信をもらうこと」。あいまいなメールや、答えにくい問い合わせでは、なかなか返信をもらうことができません。では、どんな書き方をすれば返信をもらえるのか。返信を速くもらえれば、仕事を速く進めることができるし、お互いに勘違いや無駄なやりとりがなくなるので、仕事も速くなります。

小手先の技術ではなく、メールを「コミュニケーションの手段」とみすえて、本質的な部分を教えてくれる良書と思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
わたしはメーカーの営業企画部に所属している。
本著を購入した理由は、1日約200~300通届くメールの処理速度を高めたいと考えたためだ。
読了した結果、本著の評価は、★3つ。
理由は、普段から自分が心がけている内容が多く、新たな発見が少なかったためだ。
期待値が高かっただけにやや残念であった。

■本文引用
<仕事が速い人が心がけているポイント>
1、 そのメールを送る目的は何か?
2、 相手が読みやすいビジュアルか?
3、 返信して貰える内容か?
4、 相手の心に刺さる言葉を使っているか?
5、 スピーディに処理しているか?
■学び
本パートを読み、上司から教わって実践している
「スピーディに処理する(メールに優先順位を付けず原則即レスする)」が原理原則である事を知った。
今後自部門のルールとして徹底したい。

■本文引用
仕事の速い人は、投げかけメールで終わる事はない。相手の思考を先まわりして予測し、
メールを1往復でも減らそうとする。
■学び
本パートを読み、直近「1回のメールで終わらせる」という意識が薄まっている事に気付かされた。
特に相手が知りた
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー