中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仕事が忙しいあなたのための 週末海外! サンデートラベラーの旅行&仕事術 単行本 – 2007/7/1

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

週末海外の愉しみ。会社や仕事の呪縛から解き放たれて、つかの間の自由を手にする快感。それはサラリーマンにしか味わうことのできない、旅の醍醐味なのだ―年間50日旅するサラリーマンがおしえる、週末&有給で安く自由に旅する、とっておきの秘策集!近場アジアからリゾート、秘境まで、旅の裏技&現地情報満載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉田/友和
1976年、千葉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2年半の出版社勤務後、海外旅行経験ゼロのまま、会社初の寿退社を経て、旅行好きの妻に誘われ世界一周へ。旅の楽しさに目覚める。その体験を元に、妻の松岡絵里とまとめた世界一周旅行ガイド『してみたい!世界一周』(情報センター出版局刊)は、大きな反響を呼ぶ。帰国後は就職活動ののち、以前の会社に再就職し、社員編集者として働く。すっかり旅のとりこになったいまは、スキを見れば海外、国内への旅へ。この3年間の旅行は、60回、180日、15か国に及ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 情報センター出版局 (2007/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4795834539
  • ISBN-13: 978-4795834538
  • 発売日: 2007/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 831,284位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
掲載されてる旅行は9ヶ所
土日プラス有給を利用した旅と
夏休み・GW・正月を利用した「ちょい長期」旅を提案

それぞれの旅で
ノウハウ、旅行記、旅程・費用・基礎データが
紹介されている。

長期旅行に憧れるけど
現実はそんな休みは取れねーよ。
パック旅行では飽き足らない
じゃーどうすればいいの?といった
働く旅好きの気持ちを解消してくれる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 私はこの本を読んでみた。すると感想は、とても低いものだった。そこで原因を考えてみた。するとこの本は『~た』『~だ』の過去形で終わる文が多すぎるのだ。もちろん体験記だ、過去形が多いのはとうぜんだ。しかし、この本はそれが多すぎるのだ。

という感じの読みにくさで途中で読むのを止めました。あとフランスとかフィンランディアとか週末に行けないよね。1円で売られてる理由が分かりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 italy 投稿日 2008/3/27
形式: 単行本
仕事が忙しい人が週末と有給を利用して、海外旅行に行くテクニックを紹介しているのだが、
全てにおいて中途半端な印象を受けた。

バックパッカーにとってはヌル過ぎる旅だし、旅行初心者にとっては慌しすぎる。
何より、肝心のテクニックが「そんなの誰でも知ってるよ」という当たり前の知識が8割。
残りの2割は余程“旅行命”なひとでもない限り「そこまでは出来ないだろう」という無茶なもの。

つまり「相当な旅行好きだけど旅行の知識は余りない」という何だか微妙な人を
ターゲットに設定してしまっている。

まあサンデートラベルなんて、そうでもしなきゃ無理という
夢のない結論なのかもしれないけど。

旅行記もこれまで呼んだものと比べても、正直面白くない。
作者本人が楽しんだであろう事は分かるんだけど、
本当に元パッカーだったの?と言うくらい内容が表面的で、
旅行初体験の人の感想を聞いているようにすら思える。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告