通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないの... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: アマゾンのガイドライン基準にて販売させていただいております。帯は原則としてはございません。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか (幻冬舎新書) 新書 – 2013/3/29

5つ星のうち 4.3 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 224

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか (幻冬舎新書)
  • +
  • モチベーションで仕事はできない (ベスト新書)
総額: ¥1,581
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

仕事ができるのは、
やる気に満ちた人より、いつも穏やかな人。
考える前に、体が動く働き方! !

モチベーション高く働く――。意欲が常に湧き上がっている、理想とされる働き方だ。モチベーションという言葉が仕事の場面で使われ始めたのは2008年のリーマンショック頃。同時期には職場うつの問題が急浮上している。高い意欲を礼賛する風潮が、働き方を窮屈にしたのだ。そもそもモチベーションとは、ささいな理由で上下する個人の気分。成果を出し続ける人は、自分の気分などには関心を払わず、淡々と仕事をこなす。高いモチベーションを維持する人などいない。気持ちに左右されない安定感ある働き方を提言する。

○パワハラ上司の多くはモチベーションが高い
○モチベーションの高い仕事依存症の人は生産性が低い
○仕事のできる上司が部下のモチベーションを下げる
○やりたくない仕事は、気持ちではなく、淡々と乗り切る……

内容(「BOOK」データベースより)

モチベーション高く働く―。意欲が常に湧き上がっている、理想とされる働き方だ。モチベーションという言葉が仕事の場面で使われ始めたのは2008年のリーマンショック頃。以来、時を同じくして職場うつの問題が急浮上。高い意欲を礼賛する風潮が、働き方を窮屈にしたのだ。そもそもモチベーションとは、ささいな理由で上下する個人の気分。成果を出し続ける人は、自分の気分などには関心を払わず、淡々と仕事をこなす。高いモチベーションを維持する人などいない。気持ちに左右されない安定感ある働き方を提言する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 201ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344982991
  • ISBN-13: 978-4344982994
  • 発売日: 2013/3/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,689位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
・モチベーションは人材育成を語る上で取り上げるべき観点ではない。
・それは単なる「気分」であり長期的に継続するものでない
・むしろ下手にモチベのある人はパワハラなどで周囲を疲弊させる。
・そもそも仕事の上でモチベーションが問題になることが「贅沢」なのであって食うや、喰わずやの状況においては誰もモチベなどを問題にしない。(嫌でもやる)
・食うに困らない、職は自由に選べる、個人の裁量が上がった現代からこそ、人は悩み苦しみ、モチベを低下させる。(何をしていいのかわからない。その結果の引きこもりなんてのも贅沢病。
・意識改革研修や制度改革を行ってモチベーションが上がった試しなどない。
・じゃあ、どうすればいいのか。習慣にせよ。
・そして道を極める、人とのつながりを重視すればよい。

という本です。主張は面白いし、納得性も高いが結論の部分にすっきりしない。
人とのつながりを苦痛に感じる人は少なからずいるからだ。書中、作者は普遍的な解決策を模索していたので、これはちょっと片手落ちだとは思う。その点以外はおおむね、満足できる内容だったので★4つです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
成功した経営者の説くリーダーシップ論や、立身出生やアメリカンドリームを若者に吹き込む自己啓発本とは全く反対の志向の本です。

著者の考える「ハイパフォーマー」は、政治家や経営者、芸能やメディア業界の著名人ような、自らの企画力で仕事を考え出し、人々の感情操作を行いマネジメント能力を発揮するタイプの人間ではなく、製造、流通、教育、医療福祉、農林水産など、社会の土台を支えている実務の世界での実力者のことでしょう。

テレビにしても出版しても、自分の職業理念をドラマチックに語る成功者をもてはやし、他人の競争心を煽るような方向で番組や記事を作り上げ、視聴者や読者に一時の満足感とモチベーションを与えるような作品作りが非常に多くなっています。

若者に夢を与えて失敗を恐れずにチャレンジさせるには、そのような味付けが非常に有効なのでしょうが、この成熟社会において、国民平均の年齢が45歳近辺にあるという現実を考えると、多くの視聴者や読者は、そのような成功談は既に自分の生活とは別世界のものと冷め切って見ているのでしょう。

本書の著者も、企業経営者やメディア著名人というよりはコンサルタント業の実務家であり、成功物語を喧伝する出版界の傾向に対して非常に冷めた考えをお持ちのように思います。

おまけに、近年
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 maru 投稿日 2013/9/16
形式: 新書
仕事ができない理由を、「モチベーション」という、感情により上下する
もののせいにするのはおかしい、という考え方に、目からウロコ。
その後も、
・モチベーションとは、「まず、モチベーションありき」、ということではなく、
プロセスの結果上がっていくもの。
・労働というのは当然行うべきものであり、仕事で自己実現を図るといった
ことを目指すのは問題なのでは。
といった筆者の意見にいちいち納得してしまった。

ただ、主張は共感するものの、自分には少々面白みに欠けたため、
★は3つとさせていただきました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
バブル時代のような「頑張れば報われる」という勤勉倫理が無くなった昨今では、仕事のやりがいや自分のやりたいことを仕事に求めるべきだという風潮にありますが、「そんな内発的動機なんて求めるのは現実的ではないよ」と本書ではバッサリ切っています。

前半では、企業が謳う「モチベーション至上主義」についての批判が書かれています。
そもそも企業というのは利益追従のための組織であり、個人の自己実現を支援するためのものではありません。
かつ、モチベーションは体調が悪いといった個人の内面により振れ幅が大きいものなのだから、企業が口を挟むべき問題ではないというのが筆者の主張です。

後半では今後あるべき仕事の価値観について触れられており、本書では「職人」の働き方を引き合いに出しています。
彼らは全体性や裁量性が大きく、かつ作り手とつくるものへの関係性の関係がしっかりあるから、一種の「誇り」を持てているのだ、と。
企業で働いていると仕事の一部の工程にしか関わることができず、かつ会社の方針や職場の人間関係など様々な制約がありますが、
「自分のスキルを磨いて同じように誇りを持とうじゃないか」というのが筆者の訴える仕事の価値観です。

モチベーションという言葉を切り口に組織論と個人の働き方について言及を
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー