¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仕事ができる人の「アジア史」入門―東洋の英雄や思想... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

仕事ができる人の「アジア史」入門―東洋の英雄や思想家たちに学ぶ[ピンチの乗り越え方]― 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/22

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 207

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仕事ができる人の「アジア史」入門―東洋の英雄や思想家たちに学ぶ[ピンチの乗り越え方]―
  • +
  • 仕事ができる人の「日本史」入門―ビジネスに生かす!  先人たちの発想と問題解決術
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 68pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『仕事ができる人の「日本史」入門』に続く、シリーズ第二弾は「アジア史」!

幾度も消滅の危機を迎えながらも、復活を繰り返してきたアジアの国々。
そんな国々の英雄たちの行動や思想は、いま日本に生きている私たちにも活かすことができます。

・諸葛孔明と英雄たちの仕事術
・遊牧民の武将、チンギス・ハーンはなぜ無敵だったのか?
・中国の秀吉と、中国の信長
・毛沢東の勝利の方程式……etc.

現代のビジネスパーソンたちが直面する、
さまざまなピンチを乗り越える方法を東洋の英雄や思想家たちから学べる1冊です。

出版社からのコメント

「お隣」の歴史を知ることは、「私たち自身」を知ることでもある(本書より)

これまで日本はお隣の国々から、様々な文化を享受してきました。
そんな国々の歴史を知ることは、日本の歴史知ることに繋がります。

本書では著者の夏川先生に、中国を中心に、朝鮮半島や東南アジアまでの歴史について
ポイントを絞ってわかりやすくまとめていただきました。

何度も読み返したくなる、ビジネスパーソンのためのアジア史入門です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: きずな出版 (2016/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907072619
  • ISBN-13: 978-4907072612
  • 発売日: 2016/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 766,771位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
“仕事ができる人の〜”というタイトルが気に入らない。
仕事ができる人はみなこう考えている、という思い上がりがあるのか。それとも、仕事ができる存在でありたいという、意識高い系の方々を洗脳したいのか。

「韓国や韓国が日本に起こるのは、当たり前」
それをいつまでも言っていれば、日本人が特定アジア人を嫌うのも当たり前だがな。
歴史から、贖罪史観は反発を買うだけだ、と勉強しなかったのだろうか。

「日本本土人のDNAは、沖縄やアイヌよりも朝鮮半島の人に近い」
これは嘘か誤解かのどちらかだ。
日本本土人に一番近いのは沖縄の琉球人だ。アイヌよりも半島人の方が近いというのは、正しい。ただ、遺伝子クラスターについての研究の結果なので、直系の話をすれば、また話は別だ。
よく知りもしないんだから、コピペでもいいから、せめて正確なデータを調べて、掲載すべきだ。

「我々日本人の先祖は、こんなにも朝鮮半島の方々に憧れていた」
もうね、、、
この手のバカな左翼をのさばらせないためにも、日本人は教養を身につけなければいけないと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前回も力作だったが、今回はさらにすごく熱が入っている。

よくここまでアジア史を読み込み、ビジネスで使えるように解釈できたものだと驚嘆した。

個人的に一番楽しく読めたのは、老子のところだった。
なので、次回は東洋哲学史で第3弾をお願いしたい。

買って損は決してない一冊!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す