中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仏果を得ず 単行本 – 2007/11

5つ星のうち 4.4 67件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,377 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

文楽に情熱を傾ける若手大夫の奮闘を描く青春小説。健は大夫の人間国宝・銀大夫を師匠にもつ。ある日師匠から、技芸員から「変わり者」と噂される三味線、兎一郎と組むように言われる。不安と戸惑いを覚えながら稽古に臨むが、案の定、兎一郎は全く違う演目をひき始める……。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 284ページ
  • 出版社: 双葉社 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575235946
  • ISBN-13: 978-4575235944
  • 発売日: 2007/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 340,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
読みはじめは少女漫画?レビューには泣けるってあったけど、これで泣ける?と思いましたが、読み進むにつれて引き込まれました。一口に精進とか芸の道に邁進とか言うけれど、その事が出来るのは、惚れきる事の出来る対象に出会ってしかも、それに向かって純粋に突き進む事の出来る一握りの人なのでしょうね。師匠もいいね。有無を言わさぬ圧倒的な実力で目標と出来る師に出会うという事は実に幸せな事だと思います。文楽の演目も歌舞伎などで題は聞いた事がある程度でしたが、そのストーリーなどは知りませんでした。健の解釈を頭に置いて文楽を見てみたいと思います。泣ける?と思っていたのに、泣きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 文楽には何の興味ももっていなかったが、この本を読むと、一度見てみたいと感じます。読者を物語の世界に引き込む作者の力には毎回感動します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ストーリーを読ませる腕はピカイチだと思いますし、テーマの目の付け所はさすがだね。
大好きな作家のひとりです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文楽をあまり知らない読者には、文楽をすでに何年もやっているという主人公なので、ちょっとこの主人公の心情に入りにくいものがあったかもしれません。
まったく文楽が何かわからない人が、文楽をやらなきゃいけなくなったという話なら、もっと面白かったかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の書名にある「仏果」とは、仏教用語で、修業を積むことによって得られる悟りのことを意味します。本書は、主人公として描かれる健が、文楽の修行を通じて悩みながらも、成長していく物語です。とても人間くさい登場人物の性格が、うまく生き生きと表現されています。ちなみに文楽とは、義太夫節・三味線と人形劇から成る人形浄瑠璃のことです。伝統芸能の世界には馴染みがありませんので、その世界で繰り広げられる様々な事件の中で、登場人物が悩んだり恋をしたり人間関係で衝突したり・・・という内容になっています。章ごとに読みきりの独立した内容になっていますので、文楽の名作を毎回うまく紹介してくれながら、人間ドラマを描く本書の内容は、久しぶりに読みごたえのある小説に出会う興奮をもたらしてくれました。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
三浦しをんは結構好きで、これまでに何冊も読んでいて8割が再読したいと思うレベルなのだが、これはタイトルと表紙がつまらなそうで、読まず嫌いしていた。

先日、あまりに暇なので古本屋に行ったら、これを見つけてちょっと読んだら面白かったので買って帰った。最後まで最初の期待を裏切る事無く、とても有意義な時間が過ごせた。名作である。

ストーリーは、文楽という伝統芸能に人生をかける主人公が、一人前の芸人になっていきつつ、恋もしつつの青春物語。三浦しをんはあまり世間に知られていない世界を題材にする事が多いが描写が上手いので、読むと必ず駅伝が見たくなったり、林業に興味を持ったりしてしまうが、これを読んだ後は案の定文楽に興味が沸いて仕方が無い。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
青春小説といって一般に思い浮かべられるものといえば、
スポーツか、バンドか、それともひたすら恋愛、とか
そのへんだと思うのですが、今回、三浦しをんが描いたのは
文楽(人形浄瑠璃)にかける青春だ。
主人公の健は、30才ちょっと、青春モノの主人公にしては
トウが立っている気もするけれど伝統芸能の世界ではまだまだ
これからの若手。三味線と人形の動きにあわせて物語を語り、
演じる太夫という役割を舞台ではになう。大先輩のもとでの
修行と公演の日々を送る健。頑固な三味線奏者と組むように
師匠に言われて困惑しつつも、自分なりの役作りや作品の
理解につとめ(心中だの仇討ちだのという古典的な文楽の
テーマやキャラクターを、現代の日常生活におけるトラブルや
自分の恋愛から学ぶ、というパターンがユニークである。
文楽の有名な演目のストーリーにも興味を持てるし)、
精進する健のすがすがしさ、未来への不安など、誰もが
通る青春という季節の危うさ、力強さを感じられて、
大抵の人には遠いはずの文楽の世界に生きる彼がすごく
身近に思えてしまう。三浦しをんが大の文楽愛好家で、更に
すばらしい文章力と描写力を持つ作家だからなしえた
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー