通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
今日もていねいに。 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【非常に良い】ご検討ありがとうございます。良好品 全体としてきれいな状態です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

今日もていねいに。 単行本(ソフトカバー) – 2008/12/11

5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2008/12/11
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 今日もていねいに。
  • +
  • 松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)
  • +
  • 100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この本は、「どうして?」という問いかけによって、日々を新しくするための秘訣です。
暮らしのなかのひとつひとつと向き合い、じっくりと考え、頭だけでなく自分という
存在すべてで取り組むためのやり方を、たくさん並べてみました。
「暮しの手帖」編集長、書店経営、文筆業と、八面六臂の活躍を続ける著者・松浦弥太郎が、
自身の経験から見つけた、まいにちを大切に生きる秘訣。
よく働き、よく暮らすための実用集です。川原真由美さんのイラストもたくさん入って、
肩の力を抜いて、リラックスして読めるつくりになっています。
「今日もていねいに。」暮らしたいあなたに贈る本。

内容(「BOOK」データベースより)

「暮しの手帖」編集長、書店経営、文筆業と、八面六臂の活躍を続ける著者が自身の経験から見つけた、まいにちを大切に生きる秘訣。よく働き、よく暮らすための実用集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 166ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2008/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569704735
  • ISBN-13: 978-4569704739
  • 発売日: 2008/12/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 419,860位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
物事を丁寧に、行う、考える事で、気持ちに、余裕が出来る気がした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
30代後半以上のそれなりの経験を積んできた人なら、ああ、あの感覚か。ということが、わかるのではないでしょうか。
当方40代ですが、その状況、行間というか空気、雰囲気、背景、その人の気持ちを勝手に想像して、うるっと涙が出そうになる。そんな感じです。

反面、10代、20代くらいだと説教に感じるのでしょう。
読み始めていい本だなぁと思ったとき、レビューを読んでみたのです。なぜこんなにも説教と感じる人が多いのかと思いました。

読了し、それは読者のそれまでの経験によるものだろうと理解しました。
私も若い頃読んでもピンとこなかったと思います。文字に書いてあることをそのまま読んだのでは、説教と解釈したに違いありません。

たくさんの苦い経験をし、暖かい気持ちをもらってきた(と気づいている)人にはとても良い本だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 betty VINE メンバー 投稿日 2013/6/29
形式: 文庫 Amazonで購入
他の方が書かれている”なんとなく読後感が良くない”という意味がよくわかりました。
読みながら、随所に鼻白む感じがありました。
著者の年齢(1965年生まれ)からすると、達観しているというか、俗っぽく言うと、
なんだか説教じみて年寄り臭いです。語り口はソフトであるにもかかわらず、
押し付けがましい感じがしてしまうのです。こちらの捉え方でしょうか。
しかし、読みながらアレレ。。と思う箇所がやはり多いのです。

以下多少ネタバレ(すみません。)
マカロンの章。気持ち良く接客してくれたお店の人に、そのお店の商品を買って
プレゼントする、という行動。
自身の仕事が早いとする章では、決断が早いので、レストランで他人の注文まで
決めてしまう。(それはアカンやろ。)etc.

最後の解説?で、メイクアップ・アーティストの山本浩未氏が、”お坊さんみたいな人”と
表現していますが、言い得て妙ですね。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
筆者のことは全く詳しくなく、雑誌の編集長とか書店の経営者とか本に書いてある経歴のことしか知らないので、先入観なしに読みました。読んで一度目は、立派な生き方をしてこられたことにひたすら感心しました。述べていることも至極当たり前で、日々をそのように過ごしたいと思いました。ところが2度目に読むと、どうにもあんまり心地よくないのです。なんというかやや押し付けがましく感じられたりして。3度目に読むと、筆者の人生がかくも成功した軌跡を書いているようにも感じられたりするのです。ところどころに過激な表現が出てきたり、思考がもう少し柔軟であってもいいかなと個人的に思いました。どんな方かわからないのですがかなり物事に対して頑なな方なのかなと推測したりして、読後感がすっきりしないのです。この本の読み方は、スープの上澄みをいただくように読むことが良いように思えます。スープの底にまでスプーンを入れてはおいしくなくなるかもしれません。女性が書いているようにも感じて不思議感覚の本でした。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
全体を通してやさしさを意識した本だなという印象。
まるっきりこの本の通りていねいに生きようとすると
少しガチガチになってしまうのではないかと思う。
ていねいに生きることを心がけるあまり
常に緊張していたり追われたりするようになるのは嫌だなあ。
と、読んでいて思っていたのだが他の方のレビューを読んで納得。
たしかに少し押し付けがましい感じがしないでもないです。

なので読むときに100%で受け止めようとするのではなく
「なるほどねー」ぐらいな気持ちで読むといいかもしれません。

本という「デザイン」としての出来はわたしはとてもすき。
本文中の書体も、文字間も、挿絵も、すきです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
雑誌「暮しの手帖」ファンなので、手に取りました。
全体に綺麗な文章ですんなり読めます。いくつか、自分の行動を反省させられるような、実際に行動が変えたくなるような力を持っている箇所もあります。歳をとると行動が変わること(それを伴うような価値観の変化)はあまり無くなってしまうので、その点、この本を読んだだけの価値は十分にありました。
しかし・・・他の方が書いていますが、何かしっくりこないような、疲れるような感じも確かにあります。
押し付けがましい、と言ってしまえばそれまでですが、何か違う・・・うまく言い表せないのですが、「自分の本棚に置いておきたい本ではない」、というのが正直な感想でした。
まだ若い(40代)彼が、こう「偉そう」にいろいろなことを言い切るのは、とても勇気が要ることではないかと思います。それが反感にもなるのでしょうが、わたしの場合は自分と比較して、驚きと感嘆のほうが強かったです。
願わくば、現実の松浦さんが、この本から想像される、この本にある通りの方でありますように・・・。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー