通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
今日という一日のために がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

今日という一日のために 単行本 – 2016/10/6

5つ星のうち 5.0 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 648

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 今日という一日のために
  • +
  • しあわせの五・七・五 足して引きひとつ残ればいい人生
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

毎日新聞夕刊(一部地域朝刊)に連載のコラム「しあわせのトンボ」。新聞が届いたらまずここから読む、という人も多い大人気コラムです。週1回、10年に及ぶ連載分から64編を厳選し、大幅な加筆修正をして1冊にまとめました。

著者の近藤勝重さんは端正な文章に定評のあるコラムニストであり、ジャーナリストです。毎日新聞の社会部時代にはグリコ・森永事件や山口・一和会の大阪戦争、日航ジャンボ機墜落事故を最前線で取材し、記事にしてきました。しかし「しあわせのトンボ」では堅苦しい話は抜きにして、散歩中に心奪われた風景、友との会話で気づいたことなど、身近な話題と世相をていねいに織り上げることを大切にしています。「日々の暮らしが穏やかに続く。その日々のほんのささやかな幸福感やありがたさを書かず、語らずして、政治に物申すことも、政治を変えることもできない」と、近藤さんは言います。


心は内に閉じ込めるものではなく、外に連れ出すものなのかもしれない。そう気付いて始めたのは、外に出て自然に触れることであった。(「心は外に」)

改めて言うまでもなく、人の心はわかりにくい。本音と建前の物言いもあれば、うそも言う。さらに言うなら、自分の心すらわかっていないのが人間だ。鏡の自分を見て、そこに映っていないもう一人の自分がささやく。「本当のことを言ったら」と。(「『わかった』はわかっていない」)

その一日、何か無為に過ごしたかのような気もしたが、思い返せばよく笑った日であった。ぼくは何人もの笑いの天使に会った。今日という一日も、こんなぐあいに過ぎてくれれば日々これ好日である。(「笑いの天使とともに」)


しみじみと味わい深い文章で日常のなにげない風景を鮮やかに切り取った名コラム。近藤さんとゆく〈読む散歩〉をぜひお楽しみ下さい。

内容(「BOOK」データベースより)

毎日新聞「しあわせのトンボ」傑作選、連載10周年記念作品。味わい深い文章で日常のおかしさやせつなさを鮮やかに切り取る珠玉のコラム集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344030141
  • ISBN-13: 978-4344030145
  • 発売日: 2016/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 11.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 200,364位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
10
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(10)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「ほのかなる空の匂いや秋の晴」 高浜虚子

本書の読後、私は虚子の一句を諳んじていた。
そして自分は「今日という一日のために」精一杯歩んできたか?
と、問いかけてみました。

コラムニスト近藤勝重氏の愛読者であるが、新書が出るたびに
新しい発見がある。

第4章 「哀しみを知って笑いを深くする・・」

それは悲しみでなく「哀しみ」である。
悲しみは「負の感情」であるが、哀しみは人が生きる上で
抗いようのない絶対的な事実を受け入れざるを得ないときに
抱く感情であり、負では無い。
気持ちの持ち様で「正」にも変わると受け取った。
その教えが判り易く、心に響くコラムとして描かれているのである。

近藤氏のコラムの領域が「how-to」を超え「Bible(バイブル)」の域へ
到達したと言うのは過言だろうか。
それは読者一人一人が本書を手に取り感じて貰いたい。
変わりのない普通の暮らしが如何に大切であり、しあわせなことか。
それは日々の蓄積であり、あなたの人生だと気づかせてくれる。
この辺で経済至上主義から距離を置き、「生きる」ことを考え直す時期が来たのでは
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一つ一つの話が心に染み入ります。
四季折々の自然と共に綴られる、情感豊かな世界に時を忘れて読み耽りました。
描かれている風景にすっと読み手をはいりこませる文章が魅力的です。
"死ぬ力−生きる力=残日"冒頭に示されたこの本のテーマです。けれども日々を生きる、ってすごく難しい。どんなふうにいきればすぎて行く一日を丁寧に、かけがえのないものとして生きられるのか、ヒントをもらいました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した「この世界の片隅に」を鑑賞した。作品は主人公のすずが昭和8年から21年に至るまで生きていく様子を描いている。本書との共通点があったので紹介したい。
 1つ目は、日常を大切に生きることの意味を私たちに訴えていることだ。映画では家族で旅行を楽しんだり、海藻を干す仕事を手伝ったり、兄や妹と泥んこになって遊んでいる。微笑ましい場面がある一方で、戦中となり配給が少なくなり、米の炊き方を工夫したり草花を生かして料理したりしている。どんな状況においても、その日を乗り越えていくさまざまな試行錯誤がなされている。時代の波に翻弄されながら、その日一日楽しいことや苦しいことがあろうとも精一杯生き抜くんだという強い意志を感じ取ることができる。近藤先生は心を外に出して自然に触れることの大切さを訴えている。そうすれば「時間に限りがあると感じる」だけでなく「人生のすばらしさや謎に魅了され、空や木の自然の美しさを思い、元気になるんだ」と。両者は心と身体を自然へ向けることで「生きる」ことの大切さを実感できると教えてくれている。
 2つ目は人との別れではなく、「出会い」を大切にしていることだ。映画は、家族や幼馴染との死別が描かれている。だが、すずはこの世界の片隅にいる自分と出会ってくれた人や場所に感謝する言葉を最後に述べている。別れの悲しみも受
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は、近藤さんのコラムが昔から大好きです。
何故大好きなのか?その理由は、今まで改めて考えたことがありませんでした。
しかし、この本を拝読して、その理由がはっきりと分かりました。

近藤さんのコラムは、一文字一文字が映像となって、その時々の情景や心情がダイレクトに伝わって来るから、私は大好きなのです。

この度のコラムのどれもこれもが、映画のクライマックスのワンシーンを観ているようで、色々な想いを抱かされました。

特に私が感じ入ったのは、「あんパンとおじいさん」です。3ページの中に、集約されている内容が、映像になって伝わってきました。

スーパーにいるおじいさんの情景に、ほっこりとし、年老いたお父さんに対する息子の心情に、グッとこみ上げるものを感じました。
しかし、最後は、またほっこりと、にこやかに想像の世界へ誘われます。

近藤さんのコラムは、暖かくほっこりする中で、数多くの事を、考えさせてくれる映画の如しです。是非多くの人に鑑賞頂きたい短編映画名作集です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー