Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 540の割引 (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小澤 竹俊]の今日が人生最後の日だと思って生きなさい
Kindle App Ad

今日が人生最後の日だと思って生きなさい Kindle版

5つ星のうち 3.9 53件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
新書
"もう一度試してください。"
¥ 900 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

二八〇〇人を看取ってきた
ホスピス医が教える、
人生にとって大切なこととは――。

「もし、今日が人生最後の日だとしたら。
あなたはどう生きたいですか?」
最後の瞬間まで、仕事に全力を注ぎますか?
それとも、愛する家族とともに過ごしますか?

後悔のない人生を過ごしてきたと胸を張れる人は、多くいません。
どんな人生を過ごしてきても、死の絶望を目の前にすると、
人は恐れ、悲しみ、後悔をします。

「人はどう生きればいいのか」
「どういう死が満足できるものなのか」
2800人の看取りを通して、学んだ「後悔のない最後を迎える」ための生き方を教えます。

今を生きる上での悩みや苦しむ
あなたの支えとなる一冊です。

【本書の構成】

第一章 明日の自分に宿題を残さず、今日を生きる
○「最後の日」を正しく迎えるために、一日一日をきちんと終えていく
○残された時間が少なくなると、「丸裸の自分」が見えてくる

第二章 人生最後の日に何をするか
○最後の一日は、「人生に納得する」ためにある
○あなたは一番大切なものを人にゆだねられるか
○老いて、病いを得ることで、人生は成熟していく
○誰かに看取られて、この世を去れるなら、それ以上の幸せはない
○大切な人へ手紙を書くと死が怖くなくなる

第三章 苦しみから、人は多くのことを学ぶ
○苦しみは決して「悪」ではない
○最後の日が近づくとあなたに「支え」が現れる
○相手を一〇〇%理解する必要はない

第四章 二八〇〇人を看取ってわかったこと
○使命感を持って進むとき、道はひらける
○人は後悔せずには生きられない
○肉体が死に向けて、きちんと準備を整えてくれる

内容(「BOOK」データベースより)

二八〇〇人を看取った医師が教える人生にとって大切なこととは。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2539 KB
  • 出版社: アスコム (2016/2/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BGA0QVK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,954位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
スタンフォード大学の卒業式でスティーブジョブズが語った「今日が人生最後の日だとしたら」とはまた違う内容でした。

医療関係に立つ著者の視点からみた「幸せとは」というお話。普段ビジネス書を読むことが多い私にとって、何か「家族」「人生」を振り返る良書でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
もっと一人一人にアプローチした内容なら嬉しかった。

大事なことは何かを再確認するにはいいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 chidachan 投稿日 2017/7/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
考えさせられる内容でした。いつか必ずやってくるその日を恐れるより身近な事だと落とし込むだけでも変わってくる気がしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
今まで読んだ本で、初めから終わりまで泣きっぱなしの本は初めてでした。
もしかしたら、明日には自分がこの世にいないかもしれないと考えると、なんてことない日常の事は大切に思えてきます。
死ぬ本人も辛いけど、残された人はもっと辛い。少しでもお互いが悲しい思いをしない為にも、1日1日を大切にしていきたいと思いました。
私はこの本を読んで、後悔のない人生を送りたいと思うようになりました。毎日どうでもいいと思いながら過ごしている人に、読んでもらいたいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
当初、内容とタイトルが合ってないな、と思って読み始めたのですが、
読み進むうちに、タイトルの意味がわかってきました。

内容はホスピスで患者さんがどのような生き方をしているか、です。
大事なことは穏やかな気持で過ごせるように、医療関係者が努力すること。

いくつか大事だなと思ったことがあります。

1.最後を自宅で過ごしたい人と病院で過ごしたい人がいる。病院ですごしたい
  人は、家族に迷惑をかけたくない人。排泄物の世話を家族にやらせたくない
  人。これは本人の選択肢。家族がそれを押し付けてはいけない。
  寝たきりの人の介護は、素人にはかなり大変です。2時間おきに体位変換
  する必要があります。最後まで在宅は無理という医療関係者の強い意見も
  あります。その場合、どうするかまでは書いてないです。

2.病気によっては、1ヶ月前には普通に歩け、食事も普通にとれていた人が、
  歩行もできず、食事が取れなくなる状況に急変することがある。
  こういう人でも穏やかに過ごせる。

3.最後の過ごし方を補助するための、いくつかのテクニック。たいしたことが
  ないように見えて、実は大事な
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
小澤医師は、ディグニティセラピーを現場で実践している数少ない医師の一人。
死の現場に向き合い続けてきた彼の言葉には、途方もない説得力があった。
多死社会の日本において、絶対に読むべき本のひとつだと断言します。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コージ 投稿日 2017/4/26
形式: 新書 Amazonで購入
本当に勉強になりました❗この値段で多くを勉強させていただきありがとうございます。心が軽くなりました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
値段の割にボリュームが少ないです。定価が600円位だったら
丁度だったかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
深く心の琴線に触れる言葉があふれているのかと思い読み進みましたが、「そうですよね・・・」と同調できる想定の範囲の内容でした。
ただ、今まで以上にそばで支えてくれる家族や友人・仕事仲間には、もっと「ありがとう」と笑顔を伝えていこうと思えました。
「自分には明日がない」のスイッチを毎朝入れて、元気と優しさをおすそ分けしていきます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
どんな状況にあっても、気付きが得られる本だと感じました。

健康で、でも毎日の仕事が嫌だな面倒だなと感じる最近。
この本を読んだことで、昨日よりも感謝の気持ちをもって、今日からを過ごせそうな気がします。
私が日常だと思っていた今の毎日は、決して普通なことではなく、とても有難いことだと分かりました。

タイトルにあるように、「今日が人生最後の日」と想像してみました。
もしそうだったら、私は両親や兄弟にありがとうと伝えたい。
だからこれからは、そういう気持ちを日頃から表していこうと思います。

私には、高齢の両親がいます。
病気が増えたり、行動がゆっくりになったり、耳が聴こえにくくなったり・・・
老いていく両親の姿に私は不安や、心配、恐怖のような気持ちを抱えてしまっていました。
でもこの本を読んで、そういった気持ちが少し軽くなりました。
両親の気持ちを受け止め、話を聞いたり、なるべく穏やかな気持ちで過ごしてもらえるよう、寄り添っていきたいなと感じました。

無力な自分を責めず、受け入れ、自分の弱さを認める。
人に支えられ生きていて、そして自分も人を支えている。

自分自身の不安や苦しみが軽くなり、そして安心感を得られた本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover