通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
今のピアノでショパンは弾けない (日経プレミアシリ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

今のピアノでショパンは弾けない (日経プレミアシリーズ) 新書 – 2013/6/18

5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2013/6/18
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 今のピアノでショパンは弾けない (日経プレミアシリーズ)
  • +
  • 調律師、至高の音をつくる 知られざるピアノの世界 (朝日新書)
  • +
  • スタンウェイ戦争[第二版]誰が日本のピアノ音楽界をだめにしたのか (新書y (159))
総額: ¥2,451
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

コンサートチューナーとしてピアノを知り尽くす筆者が「ピアノを楽しむ」にこだわった目線から、日本人にありがちな様々な誤解を徹底解剖。豊富な蘊蓄、エピソードとともに誰もが楽しめるピアノの世界へと誘います。

一流プレーヤーや職人たちと直接接する筆者ならではの楽屋話、蘊蓄話も満載。ピアノの世界が身近になる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

クラシックを曲解した権威主義に付き合うのはやめよう!今のピアノを知らない大作曲家達、ロボットが優勝しかねない現代のコンクール、ピアニストの苦悩と憂鬱、巨匠の愛したピアノの物語―裏側まで知り尽くした筆者だから語れる、クラシック音楽が100倍楽しくなる知識。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2013/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532261902
  • ISBN-13: 978-4532261900
  • 発売日: 2013/6/18
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,060位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
商品レビューで批判的な評価も見ましたが、私は興味深く読ませていただきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
それなりにショッキングな書名ですから本屋に並んでいたら手に取りたくなるものだと思います。
そういう意味では、出版社や編集長の意図は達成されることでしょう。
ですが、(私だけかもしれませんが)タイトルから想像するような内容である「現代のピアノとショパンが生きていた時代のピアノとの構造的な相違点」を具体的に解明していってくれるような内容のものではありません。
あくまでも、調律師という立場から見た現代のピアノ事情、加えて日本のクラシック事情を述べられているという感じです。とはいえ、普通では知り得ない視点からのお話なので面白かったです。
でも、書名と内容との不一致から来る違和感は最後まで否めませんでした。
(217頁において書名の採用理由が書かれているのですが・・・・)
これからご購入を予定の方はこの点をご注意ください。

最後に、スタインウェイの素晴しさは異論の余地はないのですが、あまりにもそれを礼賛し過ぎる前提の下での書かれ方は、読んでいてちょっと疲れました。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
興味深い内容もありましたが、次の2つの点が気になり、そのためこの本の内容をどのあたりまで信用していいのか、判断に困っています。
1.書名とも関係しますが、ショパンの時代のピアノは、現在のものとは全く異なることが説明され、p108あたりには、現代でも当時の楽器でショパンを演奏することが称えられています。しかし、当時は今一般に使われている平均律では調律されていなかったはずで、当時の楽器でショパンを演奏するのであれば、当時の音律を使用することもそれに劣らず重要なことですが、それについては全く述べられていません。自分の興味のないとろこにはふれないのかと勘ぐってしますます。(ちなみに、現代のビアノを古典調律する調律師も日本にいらっしゃるようです。)
2.自らが所有している、20世紀前半のニューヨーク・スタインウェイの提灯もち的な記述が目立ちます。そのためか、p153にグールドの使用したスタインウェイ・ピアノの記述がありますが、それらが輸送中に落下し使用不可能になりその代わりとなるピアノに出会わないまま他界したとだけ書かれており、晩年にヤマハと出会い、それを気にいって自ら購入し、最後のゴールドベルクもそれで録音したことなどは書かれていません。(ちなみに、グールドが最後にヤマハを選択したことはスタインウェイにとってショッキングな出来事であったようです。そしてそのためか、ゴール
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
以前「調律師、至高の音をつくる」を読みこの本を試してみました。
残念ながら、「調律師..」のときのようなおもしろさはなく、新たな発見も見つけることができなかった次第です。ただ、この方がなさっているプレーヤーにマッチしたピアノを作る、届けることがすばらしい技であることに間違いはありません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
面白く読めました。一般的にクラシックとして広く知れている話ではない、本当のクラシックは裏ではこんな事が起こっているという生の声が聞けている感じ。
もっと髙木さんの著書を読んでみたいと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ピアノの歴史を短時間でしるにはうってつけ。昔、録音マンを目指した身としては、ほんとに楽しかった。作曲がピアノの発展とともに、やはり大きく変わっていく理由が納得できる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
音楽に詳しいわけではないのですが、ショッキングなタイトルに惹かれ、読みました。これまで知らなかったことだらけで楽しめました。といっても裏話や薀蓄に終始するのではなく、最終的にはこの本のキーワードは「温故知新」。昔のことを検証することで、明日のことが見えてくる……。この発想はビジネスの世界でも活用できると思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー