Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,380

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[吉田たかよし]の今どきの大人を動かす「ほめ方」のコツ29 こんなふうに声をかけられたら脳はもう、逆らえない
Kindle App Ad

今どきの大人を動かす「ほめ方」のコツ29 こんなふうに声をかけられたら脳はもう、逆らえない Kindle版

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,380

紙の本の長さ: 240ページ

商品の説明

内容紹介

ほめ言葉は最強の武器になる!

◆こんな「戦略的ほめ言葉」が、大人の脳を本気にさせる
◆脳の快感ホルモンが出るほめ言葉のカギは、形容詞でなく名詞
◆男性脳VS女性脳――求めるほめ方の違いとは?
◆新入社員・中堅社員を伸ばし、職場の一体感を生む「ほめの5段階評価」
◆子どもの脳がぐんぐん育つ「目のつけどころ」
◆こんな一言で、目上の人・気難しい人の心もわしづかみ
――脳科学に基づいたコミュニケーションの極意!

出版社からのコメント

「ほめられると嬉しくなる」「ほめられるとやる気になる」――ほめられたときに生じるこのような感情の動きは、実は、人間の脳に共通した「ある性質」に基づいていることを知っていますか?
別名「やる気神経」とも言われる「A10神経」がほめ言葉によって刺激されることで、脳内物質「ドーパミン」が分泌されます。すると、気分がワクワクして血流や代謝が上がり、目の輝きが増して幸福感に包まれます。これは、宝くじに当たったときや恋愛をしているときとほとんど同じ。つまり、「ほめられること」は高揚感とやる気を引き出す、脳にとっての大きな「報酬」なのです。
この報酬は、断ることができません。誰もが不可抗力で「ほめ言葉のいい影響」を受けることになります。

本書は、そんな脳が聞き入れずにはいられない、「人を動かすほめ言葉」を多数掲載! 脳科学の力で、毎日の仕事に「いい変化」を起こしませんか?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 26798 KB
  • 紙の本の長さ: 178 ページ
  • 出版社: 文響社 (2016/12/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N1TUS5H
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,221位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
夫婦関係を良くするには夫を立てて褒めることが大事なようなのですが、これまであまり褒めたことなく、どうやって褒めれば良いのかを知りたくて購入しましたが、書いているのが男性なので、女性目線、妻目線で書かれているものを買えば良かった…私には実践的ではなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
人間は基本的に、ほめられると気持ちがいいものだ。
やる気も出るし、人間関係もおかしくなることは少ない。だから「ほめ方」の本は多い。
本書は医学博士の吉田先生が、「脳」の動きの観点から、望ましいほめ方を書いたもの。
確かに「なるほどなあ」と思うことは多い。
だが私も多くの人と付き合ってきたが、まさに人それぞれ。
本書で書かれていることは大いに参考になるが、「この通り」にやるのはどうだろう。
やはり、相手によって微妙に変える工夫をすべきだと思う。

男性脳、女性脳という切り方で、男と女の接し方の違いも書かれている。
これは参考になったが、ときには「男性みたいな女性」もいるものだ。

……と、いちゃもんをつけているわけではない。
ほめることは人間関係の「武器」であるという著者の考えには、ほぼ全面的に賛同する。

あくまで「コツ」「ヒント」「気づき」であって、
ここから何かを得ていくのが、この本の正しい読み方だろう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾンカスタマー トップ50レビュアー 投稿日 2017/1/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
医学博士、吉田先生がお勧めの実践例がいいと思った。
たとえば、女性部下を褒める時と、男性部下を褒める時ではどう違う誉め方がいいか?
適切な言葉使いは?その良い例と、悪い例が具体的に示されている点が、分かりやすい。
誉められると、脳はドーパミンを出しその快適さが、更に褒められる快感を求め努力が引き出される仕組みなのだという。
では、部下でなく目上の人に、お世辞だろうなどと思われず心をわしづかみにするほめ方なんてあるんだろうか?
あるんです!本書のコツ29を、じっくりとお読みになれば・・・。
ある程度参考になるとは思うが、正直に言って、そんなにうまくいくか?という気もするので☆3
うーん・・・ほめ方下手ですみません。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ほめられることで刺激を受け、「ドーパミン」という快楽ホルモンを作り出す「A10神経」。
脳の仕組みを始めとした難しい話を平易な文章でまとめる様子は、「さすが吉田たかよし先生!」という感じです。
しかし、その論理を土台とした実践例に移ったとたん、例えの軽々しさに齟齬が生じてしまうのも事実。
とはいえ、人もロケーションも異なるうえ、過去の情報である成功事例に模倣が通じないのも道理かと。
具体的な方法論ではなく、数々の実績をあげた著者の考え方にこそ価値があるハズです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す