仁義なき戦い Blu-ray BOX (初回生産限... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 28,966
通常配送無料 詳細
発売元: DIG JAPAN
カートに入れる
¥ 29,682
通常配送無料 詳細
発売元: LEO MART
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

仁義なき戦い Blu-ray BOX (初回生産限定)

5つ星のうち 4.8 36件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 32,184
価格: ¥ 28,966 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,218 (10%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 28,966より 中古品の出品:6¥ 23,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 仁義なき戦い Blu-ray BOX (初回生産限定)
  • +
  • 新 仁義なき戦い Blu-ray BOX(初回生産限定)
総額: ¥40,745
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 菅原文太, 松方弘樹, 渡瀬恒彦, 伊吹吾郎, 中村英子
  • 監督: 深作欣二
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 7
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2013/03/21
  • 時間: 502 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 36件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00AF995KM
  • JAN: 4988101168880
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,106位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【解説】
1973年、その後日本映画の金字塔となる「仁義なき戦い」第1作目が公開された。昭和の広島やくざ戦争を、それまでにないやくざ映画の体裁、荒々しい台詞まわし、アクティブな撮影技法を用い、荒ぶる男たちのせめぎ合いを、過激な暴力描写を交えフィルムに刻み付けるように描ききった「仁義なき戦い」シリーズ。公開から40年を迎える2013年、シリーズ5作がBlu-rayで甦る。
終戦直後の闇市から幕を開けるこのシリーズは、やくざ社会を舞台にしながら、高度成長期の日本に確実に存在した、猛り狂うようなエネルギーが映像から横溢する無二の作品群だ。複雑に入り組んだやくざたちの人間関係をまとめ上げながら、広島弁を駆使した生々しい言葉の応酬でギラつく男たちの“生"を切り取った脚本の笠原和夫。(完結篇は高田宏治)。手持ちカメラやズーム、粒子の粗いフィルムを駆使し、大部屋役者も含めた熱気溢れる役者陣を起用して彼らの芝居を引きだした監督の深作欣二。菅原文太、金子信雄、北大路欣也、松方弘樹、千葉真一、梅宮辰夫、渡瀬恒彦、山城新伍、小林旭ら錚々たるスターたちと、後にピラニア軍団として名を馳せてゆく川谷拓三、室田日出男、志賀勝らのキャストたち。彼らの常識を打ち破るチャレンジ精神が結実し、シリーズを通してくすぶり続けるような熱と、どんなことをしても生きぬこうとする登場人物たちの生命力に、見たもの誰もが興奮した。公開当時空前のヒットを記録、高い評価を受けながら一級の娯楽作品として新たなるファンを獲得し続けている。
Blu-rayで甦る5作品に加え、本ボックスには、ここでしか手に入らないボーナスDISCを2枚付属する。ボーナスディスク1として、シリーズ5部作が新たに一大叙事詩として再編集され、1980年に公開された「仁義なき戦い 総集篇」がBlu-rayで初ソフト化! さらにボーナスディスク2として、深作欣二・笠原和夫両名の没後にNHKで放送され、関係者の貴重な証言を多数収録したドキュメンタリー「“仁義なき戦い"を作った男たち」をDVDで収録。また、作品世界を解説したブックレットに加え、「~頂上作戦」公開時にシリーズを通して唯一制作されたパンフレットを縮小復刻! 「仁義」ファン必携、究極のBlu-ray BOX!

<収録作品>
DISC1「仁義なき戦い」(1973年1月公開/99分)<Blu-ray>
DISC2「仁義なき戦い 広島死闘篇」(1973年4月公開/100分)<Blu-ray>
DISC3「仁義なき戦い 代理戦争」(1973年9月公開/103分)<Blu-ray>
DISC4「仁義なき戦い 頂上作戦」(1974年1月公開/101分)<Blu-ray>
DISC5「仁義なき戦い 完結篇」(1974年6月公開/98分)<Blu-ray>

【スペック】
●ボーナスディスク1
「仁義なき戦い 総集篇」(1980年4月公開/224分(予定))
1作目から4作目「~頂上作戦」までを中心に(「完結篇」からも一部使用)、インターバルを挟みながら、編集されてなお合計3時間44分にも及ぶ重厚なる総集編。多数登場するキャラクターや複雑に絡んだ関係性など、シリーズの魅力を伝えきるにはそれでも十分な長さとは言えず、「仁義なき戦い」経験者・中毒者のためにこそ存在する作品。よってシリーズ5作を観賞後に体験することが望ましい。劇場公開後は二番館・三番館での上映や東映チャンネルなどでしか見ることができなかった幻の作品が、Blu-rayで初のソフト化! このBOXでしか手に入らないスペシャルディスク。
Blu-ray/COLOR/224分/2層/ドルビーTrueHD(モノラル)/16:9(シネスコ)【1080p Hi-Def】

●ボーナスディスク2
NHK DVD「“仁義なき戦い"を作った男たち」<DVD>(2003年5月3日放送・ETVスペシャル)
「仁義なき戦い」シリーズは、アウトローの抗争劇を素材に「戦後日本人の自画像」をドキュメンタリータッチで描き「アウトロー映画」を単なる娯楽から脱皮させた。シリーズに出演した北大路欣也、松方弘樹、カメラマン・吉田貞次やプロデューサー・日下部五朗、岡田茂元東映社長らの証言や、生前の深作欣二のインタビュー映像を交え、「仁義なき戦い」が、日本映画に与えた影響を解き明かしてゆく。「仁義なき戦い」の脚本・笠原和夫、監督・深作欣二が相次いで逝去した直後に放送され、反響を呼んだドキュメンタリー番組を初ソフト化。
出演:山根貞男(映画評論家)、井筒和幸(映画監督)、黒田あゆみ(NHKアナウンサー) 語り:蟹江敬三
DVD/ドキュメンタリー/COLOR/約89分/片面1層(予定)/ステレオ/4:3 発行:NHKエンタープライズ
※本ビデオグラムは、著作権等の理由により、放送と一部異なる箇所がございます。あらかじめご了承ください。

●封入特典
◆ブックレット「仁義なき戦い 解説/資料篇」(24P)
◆縮小復刻「仁義なき戦い 頂上作戦」パンフレット(28P)
当時の東映作品では公開作品のパンフレットはほとんど制作されていなかったが、シリーズのヒットを受け劇場で販売された「仁義なき戦い」シリーズ唯一のパンフレット。4部までのストーリー紹介や場面写真を中心に構成され、菅原文太、笠原和夫らによる寄稿文をはじめ公開当時の熱を伝える文章などが多数掲載されている。さらにパンフレットについていたポスターも縮小して再現!
◆縮小復刻ロビーカード 5作品×各6枚(全種)
劇場公開時、映画館の館前やロビーに張り出されていたカラーの場面写真。映画スチールが基本的にモノクロだった時代、カラーの素材は後から彩色されたものだった。東映の宣材物は、基本的に作品ごとに6枚の着色ロビーカードが存在する。今回はシリーズ5作品のすべて、計30枚を全種類復刻。

●収納ケース付

●本編ディスク・各巻共通映像特典
◆予告編

BSTD03630/29,800円(税込31,290円)/COLOR/本編501分/本編(blu-ray:1層5枚) +ボーナスディスク(blu-ray:2層1枚+DVD片面1層1枚)(予定)/ドルビーTrueHD(モノラル)/16:9(シネスコ)【1080p Hi-Def】

※ボーナスディスクは単品での発売予定はございません。
※初回生産限定につき、ご予約いただかないと入手困難になる場合がございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。
※ジャケット及び商品の仕様に関しましては、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

深作欣二監督によるヤクザ映画の傑作「仁義なき戦い」シリーズのBOX。『仁義なき戦い』『~広島死闘篇』『~代理戦争』『~頂上作戦』『~完結篇』の5作品を収録。特典映像には初のソフト化となる『仁義なき戦い 総集篇』ほかを収める。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
やくざ映画の最高傑作です。
この後も、やくざ映画はいくつも出ていますが、この作品を超えたものは見当たりません。
また広島弁が非常にネイティブで素晴らしい。(出演者が皆、広島出身ではないかと間違えます)

出演者(菅原文太、小林旭、松方弘樹、梅宮辰夫、金子信雄、田中邦衛など)もこの映画を足掛かりに、皆さん、やくざ映画の大御所になっています。(あえて言えば、高倉健、鶴田浩二が出ていませんが、文太さん・旭さんの掛け合いが素晴らしいのでこれでよかったと思います。また健さんが個人で一流であることは認めますが、作品としてはこの作品は超えられていません。)
また新人で若き日の北大路欣也も出ており、本当にいい演技をしています。(今では目力No.1の俳優さんですよね)

ビデオテープでは、擦り切れるほど見ましたが、永久保存版としてブルーレイを購入させていただきました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
若かりし頃劇場で上映していた作品です。
当時は、劇場から出て来る人たちが主演の菅原文太さんや梅宮辰夫さんの様に肩で風を切って出て来ていたのを思い出します。
Videoでレンタルが解禁になった時は仕事も早々に切り上げてレンタルショップに駆けつけてまだ誰も再生していないVHSビデオを
ダッシュで奪い取り早々に家に帰りビールを飲みながら2,3回は見てセリフまで覚えてしまったものです。
今回 Blu-rayBOXが販売されているのを知り速攻で購入改めて見て若い頃見た感覚とは違う
仁義なき戦いという映画を観て重厚さ、世情、時代背景が実にバランスよくストーリーに表れていて感動させられました。
高い買い物でしたが買って後悔はしないはずです
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
仁義なき戦い、7枚組、Blu-rayボックセット!この映画の凄いところは「怖がり、痛がる」ところですね。洋画でも邦画でもだいたい格好良く死んでいきますが、この映画はとにかく格好悪く死んでいきます。泣きながら痛い、痛いと死んでいきます。もちろん人が撃たれたり、刺されたりした場面に遭遇したことはないですが、すごいリアリティを感じます。このシリーズでは、あの松方弘樹でさえ「まってくれ!撃たないでくれ!」と逃げ回りますからね(笑)

日本のバイオレンス映画の金字塔であり、海外にまで影響を与えてる深作欣二の最高傑作ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
かなり前にレンタルビデオで見たことがありましたが、菅原文太さんの訃報の際に映像が流れまた見たくなりました。
特に代理戦争と頂上作戦は実録物として傑作だと思います。小林旭が素晴らしい。頂上作戦のラストシーンは特に
印象的です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
日本の個性派名バイプレーヤーがまたひとり亡くなられた。
加藤武さん(以下、敬称略)、最後は文学座の代表を務めておられたと言う。

加藤武と言えば、同じ早稲田出身の北村和夫や小沢昭一らと並んで、数多くの日本映画でその顔をお見かけした。
代表作としてメディアで挙げられていた市川崑の金田一耕助シリーズでの等々力警部役は、コミカルなキャラクターと「ようし、分かった!」の迷台詞と共に記憶に残るが、その訃報を聞いた時、真っ先に思い浮かんだのは「仁義なき戦い」シリーズでの打本組長役であった。

ご存じの通り、70年代の実録東映やくざ映画の最高峰であり、深作欣二、笠原和夫、菅原文太の代表作でもある今シリーズは、それまでの任侠路線とは一線を画した戦後日本の焼跡に蠢く者たちによる猥雑で暴力的な集団抗争劇であり、ひとくせもふたくせもあるアウトローやチンピラたちがスクリーンを闊歩する様を、手持ちカメラを駆使しながら縦横無尽に活写したダイナミックなアクションであった。

その一方で、特殊で強面なやくざ社会を描いているにも拘わらず、いつしか現代社会の縮図や複雑怪異な人間模様を連想させるようになり、その小市民的な駆け引きや立ち回りが情けなくも可笑しく、壮絶なヴァイオレンス劇にコミカルなスパイスが絶妙に振りかけられていた。
...続きを読む ›
4 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
内容は別として、この手の映画は洋画邦画問わず嫌いだったんです。どうしても殺人場面がそれなりのリアリティーを持って出て来ますから。

だから洋画ならゴッドファーザーもDVDのボックスになってから、丁度自分もこれは単なるマフィア映画じゃないと理解が出来て落ち着いて見れるようになってから見ましたから、この仁義なき戦いも同様で、遅れに遅ればせながらやっと観たと言う感じです。

感想は満点。今更なんですが、文句なし。逆にシリーズ一本一本がこんなに短かったとは逆に驚きでした。もっと長い作品だと思っていたので。

山守みたいな奴って何処にでもいますよね。何の才能も無いのに運だけで生きている奴って、芝居だと分かっていても憎たらしかったな。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー