通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 単行本 – 2015/9/2

5つ星のうち 4.2 33件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/9/2
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 549

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン
  • +
  • アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書 495)
  • +
  • 物流ビジネス最前線 (光文社新書)
総額: ¥3,110
ポイントの合計: 94pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

前代未聞の潜入労働ルポ!

いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈なシェア争いを行っている。だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、いままでベールに包まれたままだった。そこで著者は、宅配ドライバーの助手に扮し、あるいは物流センターのバイトとして働くという、「潜入労働ルポ」を敢行する。そこで見えてきた、宅配戦争の「光と影」とはーー。アマゾン、ユニクロの内幕を暴き「企業に最も嫌われるジャーナリスト」の異名を持つ著者が放つ、衝撃のビジネス・ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

アマゾン、ユニクロに潜入した次の標的は、ベールに包まれた「宅配ビジネス」だった。“企業にもっとも嫌われる”ジャーナリストが書く、衝撃の潜入労働ルポ!「送料無料」の暗部に迫る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 316ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/9/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093798745
  • ISBN-13: 978-4093798747
  • 発売日: 2015/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
毎日のように、ヤマトと佐川急便と日本郵便で荷物を送り、また荷物を受け取っています。ヤマトがアマゾンの仕事をはじめてから荷扱いが雑になりドライバーの負担が増大して、現場では疲弊感が漂っているのをいつも感じています。佐川急便の下請けドライバーともよく接していて薄々は気づいていましたが、本書を読んで改めて彼らも大変だなと思いました。ヤマトが現在の状況でアマゾンの配達を続けていけるのか、かねてより疑問に思っていました。著者が指摘するように砂上の楼閣のように脆くみえるということには同感します。ただ本書の中で日本郵便のデリバリーの記述が少なかったのが残念でした。現在、荷物の扱いは三社の中では、日本郵便が一番良いように私は感じています。少子高齢化と地方都市の疲弊が続くこれからの日本で、当たり前のように荷物を送り、届くという宅配システムの未来を考えるのに参考になる一冊と思われます。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 実際に作者、横田増生氏がヤマト運輸や、佐川急便で働いてみて、その現場の「真実」が描かれています。ネット通販市場は数少ない成長市場ですが、注文したその商品は空を飛んで来て勝手に私達の手元に届くのではないのだ!人間が荷物を作り、夜中に寝ずに車を走らせ、みんなで仕分けして間違いないように届けているのです。注文すればあっという間に手元に商品が届く過程にこれほど壮絶で過酷な「現場」があったのです。運送業界はそれを生業としているのだからそれは仕方がないことで、他の業界の仕事だってそれはそれなりに過酷だよ!って言うことも可能です。しかし日本の宅配のレヴェルってすばらしいと思います。そのレヴェルがどのように「維持」されていたのかの秘密がわかります。本の帯に「企業からもっとも嫌われるジャーナリスト」って書いてあります!わかる気がする(笑)業界的には最も公にさらされたくない部分をテーマにしたルポですからね。でも読み手とすればこういうことを知りたかったという核心部分のテーマなのです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ユニクロ帝国の光と影を著した横田増生氏(よこたますお)による著作。
1965年福岡県生まれ。関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て
米国・アイオワ大学ジャーナリズム学部にて修士号。1993年に帰国。
物流業界紙「輸送経済」の記者、編集長を勤める。
1999年よりフリーランスとして活躍している。

宅配業界について取材しまとめている。
Amazon以来の潜入取材もおこなっており、ヤマト運輸羽田クロノゲートでの
労働実態がわかる点も本書の貴重な点である。(第7章)
夜勤の内4割は外国人。ベトナム人が多い。
著者が次々と流れてくる荷物に対して割れ物シールだの天地無用シールに
対して怒りを感じる、丁寧に扱って欲しければ上乗せ運賃、正規運賃を払うべきだと
主張するのはよく分かる。自分もかつてFedExの貨物上屋にて似た作業に従事していたので
その辺の感覚は同感だ。実際に荷物、貨物を投げたりしていたし・・・。
(それくらいしないと時間に間に合わない。物量多すぎが原因もほぼ同じ)
アルバイトが2ヶ月で一度入れ替わる、入れ替わりが激しい割に教育体制が
なっていない。怒鳴るだけのヤマト社員達などの問題点も散見される。
今は多少は改善
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 ヤマトさんの雇用労働の実態は、私達が行った信用調査と驚くほど一致しており、びっくりしたと同時に、やっぱりそうか、
と、感じました。
 御著書の内容をいくらか補足すると、期間雇用従業員を2か月雇用で雇ってその後1か月の休みを与えるのは、正確には
「休み」と称して1か月間クビにするのは、ヤマトさんの社会保険負担逃れと解雇予告の手間を省く為です。2か月雇用で雇
ってその後1か月間クビ。その後また2か月雇用で雇う。そして1ヶ月間クビ。これを繰り返して行けば合法的に社会保険を負担
せずに済みますし、解雇予告の手間も省けます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
元物流専門紙の編集長だった横田増生氏が、宅配業界の裏側について語る作品。
聞き取りの取材だけではなく、実際に運送会社のトラックに同乗したり、配送センターで仕分け作業を勤めるという潜入取材まで行っている。

本作では主にヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社に焦点を当てているが、3社の歴史や特色はまさに三者三様だ。民意をバックに規制緩和を求め拡大したヤマト運輸、政治家との結びつきや社内闘争を経て成長した佐川急便、巨大資本を有するがサービスでやや遅れをとった日本郵便、といった具合。
大手3社共通の課題として、シェアの拡大と運賃の適正化が挙げられている。シェアを拡大するとなると、他社より運賃を安く設定するのが手っ取り早いのだが、収益が悪化し人材の確保が難しくなってしまうという、よくある二律背反である。

先般ヤマトがクール便の荷物を常温で扱うという事件が明るみになったが、シェア拡大を急ぐ経営陣と、不十分な環境で重労働を強いられる現場とのアンバランスが原因なのだと思う。この構造は牛丼店や居酒屋など、外食チェーンとも共通した問題なのではないだろうか。
増田氏が取材したドライバーの中にも、うつ病やクモ膜下出血など、明らかに過労が原因と思われる症状が現れている。Amazonで注文した商品が指定した時間に届く便利なサービスが、この
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック