通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン 単行本 – 2015/9/2

5つ星のうち 4.2 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 597

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン
  • +
  • アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)
  • +
  • 物流ビジネス最前線 (光文社新書)
総額: ¥3,110
ポイントの合計: 94pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

前代未聞の潜入労働ルポ!

いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈なシェア争いを行っている。だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、いままでベールに包まれたままだった。そこで著者は、宅配ドライバーの助手に扮し、あるいは物流センターのバイトとして働くという、「潜入労働ルポ」を敢行する。そこで見えてきた、宅配戦争の「光と影」とはーー。アマゾン、ユニクロの内幕を暴き「企業に最も嫌われるジャーナリスト」の異名を持つ著者が放つ、衝撃のビジネス・ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

アマゾン、ユニクロに潜入した次の標的は、ベールに包まれた「宅配ビジネス」だった。“企業にもっとも嫌われる”ジャーナリストが書く、衝撃の潜入労働ルポ!「送料無料」の暗部に迫る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 316ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/9/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093798745
  • ISBN-13: 978-4093798747
  • 発売日: 2015/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,158位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロボット三等兵 VINE メンバー 投稿日 2017/3/19
形式: 単行本 Amazonで購入
 実は、本書を注文したきっかけは、ここ数日のヤマトさんが、半分の値になっている 大手の宅配便の運賃を上げる、また、その数日前にヤマトさんの労組が立ち上がって 未払いの残業代を払うことになったというニュースをネットで見たがためです。
 タイミングで買ったような案配です。ルポルタージュですが、著者もヤマトさんに潜入、現場で夜昼となく働いてあげく、不眠症(神経の崩れ)をきたし、眠剤を服んでいるとの記述がありました。
 過酷な労働は、私にも経験があるですが心身も壊すことがあります。
 ルポルタージュですが、著者の他の本も読んでみたいです。
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 ヤマトさんの雇用労働の実態は、私達が行った信用調査と驚くほど一致しており、びっくりしたと同時に、やっぱりそうか、
と、感じました。
 御著書の内容をいくらか補足すると、期間雇用従業員を2か月雇用で雇ってその後1か月の休みを与えるのは、正確には
「休み」と称して1か月間クビにするのは、ヤマトさんの社会保険負担逃れと解雇予告の手間を省く為です。2か月雇用で雇
ってその後1か月間クビ。その後また2か月雇用で雇う。そして1ヶ月間クビ。これを繰り返して行けば合法的に社会保険を負担
せずに済みますし、解雇予告の手間も省けます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 私達が普段、何気なく利用している宅配便。私自身も年中、アマゾンで本を購入している。
 本書は、そうした物流業界の厳しくも生々しい現実を、ルポライターである筆者自身が、トラックの助手席や仕分け作業場などに潜入して身を持って体験した渾身のルポである。
 ヤマト、佐川、日本郵便、アマゾン等の物流各社の現状と課題等にも触れ,経営陣やドライバーなどの現場で働く作業員達の生の声も聞こえてくる内容で、我々が気軽に利用している宅配の裏に、いろいろな人々の苦労によって支えられていることを思い知らされた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 実際に作者、横田増生氏がヤマト運輸や、佐川急便で働いてみて、その現場の「真実」が描かれています。ネット通販市場は数少ない成長市場ですが、注文したその商品は空を飛んで来て勝手に私達の手元に届くのではないのだ!人間が荷物を作り、夜中に寝ずに車を走らせ、みんなで仕分けして間違いないように届けているのです。注文すればあっという間に手元に商品が届く過程にこれほど壮絶で過酷な「現場」があったのです。運送業界はそれを生業としているのだからそれは仕方がないことで、他の業界の仕事だってそれはそれなりに過酷だよ!って言うことも可能です。しかし日本の宅配のレヴェルってすばらしいと思います。そのレヴェルがどのように「維持」されていたのかの秘密がわかります。本の帯に「企業からもっとも嫌われるジャーナリスト」って書いてあります!わかる気がする(笑)業界的には最も公にさらされたくない部分をテーマにしたルポですからね。でも読み手とすればこういうことを知りたかったという核心部分のテーマなのです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
おもしろい、佐川OBとして興味深く読ませていただきまさした。潜入取材なの価値あり
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
個人宛宅配市場については、以前から主たるプレイヤーが入れ替わり、激烈な競争に置かれているという印象でしたが、この本を読んでそのあたりの経緯がよくわかりました。著者の潜入レポートもあり、現場感覚もよく伝わってきて非常に参考になりました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容的には思っていた通りで満足です。
最期まで読みおえてませんが買ってよかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
【概要】
(分野)宅配業、ルポルタージュ
(頁数)目次&前書12頁 + 本文&後書307頁
(出版日)2015/9/2

 本書は、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便の三社の経営史を読み解きながら、現代の「いびつな」宅配業界の構造を指摘します。
ところどころに、筆者の潜入取材を交え、その「現場の疲弊」を強調しながら、私たちが「運賃無料」として都合よく使用しているサービスの裏で何が起きているか、一体誰が犠牲になっているのかを描いています。

【内容】
 本書は、業界の二強である「ヤマト運輸」と「佐川急便」のビジネス構造や経営戦略の違いについて述べながら、二社の後塵を拝しながらも小型郵便で他者を圧倒しつつある「日本郵便」の逆襲についても述べられます。
 特に、「ヤマト運輸」がドライバーに至るまで社員を持つに対し、「佐川急便」は個数に応じてアウトソーシングしているため、「佐川急便」は取扱個数が多くなっても利益が上がりにくい構造にあることが挙げられており、Amazonとの契約を打ち切った背景として説得力がありました。

 また、近年における三社の取扱個数は、Amazonを始めとするECサイトに大きく左右されています。
特にAmazonは取扱量が圧倒的に多く、宅配業各
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー