通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人類最強のときめき (講談社ノベルス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 relibro
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【お急ぎ便、代引き、コンビニ決済受取対応。Amazon倉庫より毎日発送】すれ傷、細かいよごれが若干あります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人類最強のときめき (講談社ノベルス) 新書 – 2017/4/20

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 787

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人類最強のときめき (講談社ノベルス)
  • +
  • 症年症女 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,359
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人類最強の請負人・哀川潤。
長瀞とろみの依頼で乗り込んだのは、
生まれたての火山島。
哀川潤が生存競争を挑むのは――植物!?
『戯言』から芽吹き、『人間』以上に伸びやかな、
『最強』のスペクタクル!

内容(「BOOK」データベースより)

人類最強の請負人・哀川潤。長瀞とろみの依頼で乗り込んだのは、生まれたての火山島。哀川潤が生存競争を挑むのは―植物!?『戯言』から芽吹き、『人間』以上に伸びやかな、『最強』のスペクタクル!彼女の『今』が試される。“最強”シリーズ、第三弾!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 196ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062990938
  • ISBN-13: 978-4062990936
  • 発売日: 2017/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,166位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
失敗も収録されており、またこの最強シリーズは戯言シリーズの潤さんとはちとちがい少し破天荒さにかける気がしますが、これはこれで時間の経過もかいまみえてよいのかなと思いした!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 海底火山の噴火により、新たな島が誕生した。しかし、その海域は国境やら支配地域やらの関係上、絶妙に危うい区域で、現在表裏を問わず、十以上の組織が所有権を主張している。新たな火種が世界を焼き尽くす前にどうにかしようと、どうにかしてもらおうと選ばれたのが、人類最強の請負人、哀川潤。島に数日滞在するだけの楽なお仕事のはずが、危機また危機の連続!
「ここがあたしの死に場所か?」
 人類最強が死を覚悟するほどの表題作をはじめ、読者を死ぬほど夢中にさせる小説とか、謎の飛び降り事件とか、デジタル探偵の挑戦とか最強のギャンブラーとか、5本の作品で人類最強の請負人の現在を綴った連作集。

 今作も、展開は急ぎ足でしたが、表題作が一番面白かったです。敵がとにかくあの手この手で人類最強を苦しめる。主人公格がただの一般人の探検隊だったらもう立派な長編ホラーに仕上がる内容で、人類最強だからこそ短編で収まるのかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『あとがき』でも触れられていましたが,奔放でいろいろな姿を見せてくれながら,
そのどれもに哀川潤という人間の『強さ』と『弱さ』,そして『芯』が窺える全五篇.
古いファンにはおなじみの彼女ですが,西尾さんの楽しそうに書く姿が浮かんできます.

物語は,海底火山から生まれた島に始まり,自動執筆や機械と人間の仕事といった,
ここ最近で話題になった題材が多く扱われており,イメージがしやすくなっています.
また,前半二つの『最強シリーズ』も,こちらが慣れたのか,あちらが落ち着いたのか,
スラスラとまではいきませんが,アクの強い一人称語りに手こずることは減った印象です.

反面,人外相手の『大きな世界』に対し,あっさりで大雑把にも映る解決は物足りず,
深そうなことをこね回す割には,分かるような,ないような…となるのはこれまで通り.
各タイトルの『ときめき』と『よろめき』も,取って付けたようでうまいとは思えません.

一方,『失敗シリーズ』の三つは,軽いブラックだったり,やりたい放題をしつつも,
納得をさせられたり,光るカッコ良さなど,分かりやすいのはやはりこちらと感じます.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
最強シリーズ3巻目、新旧合わせて五つの短編です。
今回のお話たちは皆、結構読みやすいと思いました。
初めてこのシリーズを読む(いないか?)人に、「潤さん」の超人ぶりが過少評価されないか心配。
暴れ回る潤さんも好きですが、こんな潤さんもいいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告