通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人類を変えた素晴らしき10の材料: その内なる宇宙... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

人類を変えた素晴らしき10の材料: その内なる宇宙を探険する 単行本 – 2015/9/28

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/9/28
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 1,789

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人類を変えた素晴らしき10の材料: その内なる宇宙を探険する
  • +
  • ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)
  • +
  • この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた
総額: ¥5,562
ポイントの合計: 169pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

すぐそこにある材料の、内なる驚異の宇宙へ

・ガラスが透明なのはなぜ?
・スプーンには味がないわけ
・世界一軽いモノって?
・電子書籍のインクの秘密
・映画も音楽もプラスチックのおかげ
・チョコレートの美味しさの元
・・・

私たちの身近にある材料の驚くべき秘密を明かす。
世界16か国刊行の大ベストセラー!

★年間ベストブック、多数!
★英国王立協会 ウィントン賞
★ビル・ゲイツ氏も絶賛!
★池谷裕二、瀬名秀明 氏も絶賛書評

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: マーク・ミーオドヴニク
ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ(UCL)の「材料と社会」学部教授。
『タイムズ』紙による英国で最も影響力のある科学者100人に選出。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::

はじめに:すぐそこにある材料の内なる宇宙へ
第1章:頑強……文明を変えた強くしなやかな「鋼鉄」
第2章:信用……記憶や愛を刻印する「紙」
第3章:基礎……社会の土台として進化する「コンクリート」
第4章:美味……「チョコレート」の秘密
第5章:驚嘆……空のかけらを生む「フォーム(泡)」
第6章:想像……映画も音楽も「プラスチック」のおかげ
第7章:不可視……なぜ「ガラス」は透明なのか
第8章:不可壊……「グラファイト」から世界一薄く強固な物質へ
第9章:洗練……技術と芸術が融合した「磁器」
第10章:不死……九八歳でサッカーを楽しむ「インプラント」の私
第11章:人工……材料科学の未来

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::絶賛::
ありきたりで取るに足りないと思われる材料の、隠された驚異を教えてくれる。
――『ニューヨークタイムズ』

才気にあふれた本書は、われわれの世界の見方を変えてしまう。
――『ウォールストリート・ジャーナル』

材料科学者である著者は、読者を魅了する情熱とともに、モノの背景をなす歴史と科学を語る。
――『サイエンティフィック・アメリカン』

内容(「BOOK」データベースより)

すぐそこにある材料の内なる驚異の宇宙へ。ガラスが透明なのはなぜ?スプーンには味がないわけ、世界一軽いモノって?電子書籍のインクの秘密、映画も音楽もプラスチックのおかげ、チョコレートの美味しさの元。身近にある材料の驚くべき秘密を明かす、超話題作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: インターシフト (2015/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772695478
  • ISBN-13: 978-4772695473
  • 発売日: 2015/9/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,640位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
身の回りのある日常生活にかかせない物でも、その生い立ちをいかに知らなかったことか思い知らされつつ一気に読んでしまいました。
まさか地球の大きさの5倍もある、、、、、があるなんて!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
19世紀にガラスの大量生産法が発達するまで、ビールの色はたいてい陰気な濃褐色だった。

材料は文明の発展を基礎付けるものだが、それは経済だけでなく文化や心理にも影響を与える。本書の原題は”Staff Matters”というが、まさに「材料がモノをいう」のである。ビールが万人にグラスで出されるようになってから10年もしないうちに、明るい黄金色をした新しいビールであるラガーがピレゼンで開発された。「心理物理学」と呼ばれる分野では材料がもたらす感覚的な影響を専門的に研究しているそうだ。

鋼鉄、紙、コンクリートなど身近な10の素材の性質や来歴を本書は解説する。ポイントとなるのは、材料がもつ「マルチスケール構造」を理解することだ。

一番大きな肉眼スケールでは「グラス」や「食器」と認識される物質は、結晶、原子といったミクロなスケールの登場人物たちによる入れ子構造で形成されている。材料がもつ「内なる宇宙」をのぞいてみれば、たとえばガラスが透明なのはなぜか、といった素朴な疑問に新たな視点が得られる。原子の構造はほとんど何もない空間だ。原子がスタジアムほどの大きさだとすれば原子核の大きさは中央に置かれた豆粒ほどで、電子は周囲のスタンドに落ちている砂粒に過ぎない。「なぜガラスは透明か」よりも、ガラガラの空間を光が通らない、つまり「なぜ万物
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書はイギリスでも話題になっていたそうだが、Material Scienceのいい入門書だ。著者の現所属は、UCLのInstitute of Making、イギリスの科学教育は一方で伝統的だが、もう一方では革新的だ。以前、オリヴァー・サックスの「タングステンおじさん」を読んで、戦前の英国という存在が科学技術の分野において、どのような存在だったかということを驚きと嫉妬の念をもって感じたことがある。そのような材料分野での工学的な意味での先駆性が、この著者の本にも生きているように思った。
はじめに:すぐそこにある材料の内なる宇宙へ
第1章:頑強……文明を変えた強くしなやかな「鋼鉄」
第2章:信用……記憶や愛を刻印する「紙」
第3章:基礎……社会の土台として進化する「コンクリート」
第4章:美味……「チョコレート」の秘密
第5章:驚嘆……空のかけらを生む「フォーム(泡)」
第6章:想像……映画も音楽も「プラスチック」のおかげ
第7章:不可視……なぜ「ガラス」は透明なのか
第8章:不可壊……「グラファイト」から世界一薄く強固な物質へ
第9章:洗練……技術と芸術が融合した「磁器」
第10章:不死……九八歳でサッカーを楽しむ「インプラント」の私
第11章:人工……材料科学の未来
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dendenhaiA 投稿日 2015/10/14
 この本で取り上げられるのは鋼鉄、紙、コンクリート、チョコ、エアロゲル、プラスチック、ガラス、グラファイト、磁器などである。
 筆者がロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの材料科学者なので、微に入り細を穿つような専門的な内容を期待したのだが、1章が20ページ程度で、しかも自身の家庭や思い出話、TVや映画の話、等々がたびたび挿入されるので浅い上に、話題があちこちに飛ぶのでかえって分かりづらい。
 あくまで科学エッセイであり、軽い読み物である。元から知識の無い人のための入門用の本らしい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「材料が私たちにとって根源的に重要であることは、文明の各段階を区別するために私たちが付けた名称――石器時代、青銅器時代、鉄器時代――からはっきり見て取れる」と、著者は言う。本書は身近にある10の材料をベースに、一方で文化・文明とのかかわりを、一方でその内なる構造を科学的に物語っていく。

材料の科学的な構造を知ると、その成り立ちに驚かされるものも多い。ひびが入って壊れやすかったコンクリートを強化した「鉄筋コンクリート」。これは鉄筋とコンクリートの膨張率がたまたまほぼ同じだったからこそ生まれた異色の組み合わせだという。ティーカップとして使われる「陶磁器」も、無数にある素材からカオリンという白い鉱物を選んで調合したことで初めて生まれた。発祥の地、中国ではこのことは秘密とされ、ようやく西洋で謎が解明されたのはなんと1000年以上も経ってからだ。そして極めつけは、鉛筆の芯の材料「グラファイト」の結晶をどんどん薄く剥がしていくと、ついに2次元(単層平面)にまで至ったところで、「グラフェン」というまったく新しい物質に生まれ変わることだ。あの軟らかな鉛筆の芯から、世界一薄く強固な材料ができあがる。まるで魔法のようではないか。
美味しいチョコレートがつくられる芸術のような工程、物質をゼリー状にしてその内部骨格だけを抜き取った「エアロゲル」(世界で最も軽い固体で、無色な
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す