通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人類は「宗教」に勝てるか 一神教文明の終焉 (NH... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Free Shop NAGOMI
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品をご覧頂き有難うございます。中古品の為スレ、汚れ、書き込み等ある場合がございます。商品個別の状態、その他気になる点等ございましたらメールにてお問い合わせ下さい。 迅速、丁寧な発送を心がけております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人類は「宗教」に勝てるか 一神教文明の終焉 (NHKブックス) 単行本(ソフトカバー) – 2007/5/26

5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,156
¥ 1,156 ¥ 35

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人類は「宗教」に勝てるか 一神教文明の終焉 (NHKブックス)
  • +
  • ニッポンの底力 (講談社+α新書)
総額: ¥2,061
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現在もテロや戦争で多くの人命が奪われている。子や妻、母といった愛する人を喪う哀しみの涙が、世界の至るところで流されている。メシアは汝の隣人を愛せよといったのに、なぜ暴力はなくならないのか、この世に神はいないのだろうか…。エルサレム、アメリカなど世界をめぐり、「宗教」が験される現場から思索し、人類普遍の問いに、比較宗教学の長年の研究成果から挑む。キリスト教、イスラム教といった一神教はいうまでもなく、アジア的な多神教からさえも袂を分かち、“無神教”という新たな宗教の到来を説く衝撃の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

町田/宗鳳
1950年京都府に生まれる。14歳で出家し、以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。1984年に寺を離れ渡米。ハーバード大学神学部で神学修士号およびペンシルヴァニア大学東洋学部で博士号を得る。プリンストン大学東洋学部助教授、国立シンガポール大学日本研究学科准教授、東京外国語大学教授を経て、現在は広島大学大学院総合科学研究科教授、オスロ国際平和研究所客員研究員(ノルウェー)、国際教養大学客員教授、日本宗教学会評議員。専攻は比較宗教学、比較文明論、生命倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 262ページ
  • 出版社: NHK出版 (2007/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140910852
  • ISBN-13: 978-4140910856
  • 発売日: 2007/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 269,925位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
本来、人間の救済や解放を目指していたはずの宗教(とくに一神教)が、
むしろ人間を抑圧し、世界平和を妨げる最大の要因になっていること、
また、つねに「仮想敵」を想定せざるを得ない構造を持つ一神教よりは、
多神教的なメンタリティーこそが、今後は求められるべきということについては、
すでに同様の議論がなされてもいるし、基本的に同意できる。

ただ、必ずしも多神教ばかりが良いわけではなく、
そこからさらに「無神教」に進むべき、とする理由として、
「多神教たる仏教にも、激しい宗派対立が存在する」
という事実が挙げられるのみでは、完全に説明不足だと感じた。
その直後の部分では、「無神教」のエッセンスを語る教えとして、
華厳経の「四種法界」の思想が、唐突に引用されているのだが、
多神教である仏教一般と、その教えの一つである華厳経が
具体的にどう違うのかはさっぱりわからないままだし、
全く背景の異なるアーミッシュが「事事無碍法界」を実践していた、
とするあたりにも、やや大風呂敷が過ぎるという印象を受けた。

また、ところどころ記述がひどく粗いことも、やはり気になった。
曼荼羅とインダラ網についての説明がなされたあとで、<
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かじか トップ500レビュアー 投稿日 2014/6/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
 人目を引くタイトルを付けて,でも内容はそれに適合していない,というのは,出版社が営業上よく取る手法なので仕方がないことかもしれません。私もタイトルに惹かれて購入したのですが,著者の言ってることはどうも矛盾しています。
 彼が言っている「宗教」は,主にユダヤ教,キリスト教,イスラム教などの千数百年前に教典が成立した「一神教」を指すようですが、一方で国家神道も「疑似一神教的コスモロジー」であると言っています(p.53)ので多神教を含む宗教全般を指すこともあるようです。一神教が、宇宙にはただ1つの真理しかないのであり,その唯一の真理を受入れてこそ,人間が人間たりうる尊厳があり得るから、争いが生じるのだと言っていますが,これは一神教だけでなく、体系的な宗教全般、そして共産主義,国家主義などのあらゆるイデオロギーが大なり小なり有する性格でしょう。つまり,先験的な価値判断があり,その上に構築された思想体系全般にいえることで,無宗教が国是であったかつての共産主義国家では,それを信じないものは圧迫されたことはまだ覚えている人が多いのではないでしょうか。著者自身も,共産主義は疑似一神教だと言っています。だとすれば、宗教に限定するのはおかしい。イデオロギー全体を対象として批判すべきではないでしょうか。
 人類が今後共存していくために必要なのは,宗教による排外主義だけではなく,自分
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2008/6/17
形式: 単行本(ソフトカバー)
 蛮勇ということばがあるが 著者の「語り」は蛮勇に満ちている。

 「21世紀は宗教の時代ではないか」という事を僕自身がいままでのレビューで幾度か言ってきただけに 本書の題名を見ただけで買ってしまった。
 著者の「乱暴なくくり方」に関しては すでにほかのレビュアーの方の言われる通りである。著者の「熱い想い」という筋が一本通っているが 取り上げている素材は その「取り上げ方」において 幾分強引で乱暴だ。

 但し それは作者も承知した上での「確信犯」であると僕は強く感じた。

 世界にあまたある宗教を「断罪」するという趣旨を 出来るだけ多くの人に伝えたいと考えるのであるなら それなりに「ざっくりした」口調は必ず必要だ。おそらく著者は 本書をいくらでも難解かつ格調高く書くことはできたろうが それを避けて あえて「ざっくばらん」な話し方を取った。
 その戦略は 本書への批判を容易にするという点では逆風なのだろうが それ以上に「読ませる」という点には成功している。そうして 本書の趣旨を考えるなら その「読ませる」点が肝要なのだろう。

 著者は宗教家だ。彼が批判しているのは「宗教そのもの」ではなく「宗教に隠れた人間の愚かさ」である。

 考えてみると有史以降 現在に至るま
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Review−−人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉
 キリスト教が愛や平等の精神に満ちあふれていると思っている方がいたとしたら、ショック療法としてこの本を読むのもいいかもしれません。ただ、比較的まとまっている前半に比べ、後半は雑多なトピックが漫然と配置されている感が否めません。あえてまとめるなら副題が示すとおり、ユダヤ・キリスト・イスラム教などの一神教の独善性を超えて、個人の愛、個人の良心を発揮することで世界が直面している問題に立ち向かおう、ということのようです。既存の宗教組織への嫌悪、個人に潜在する善の本質を強調する点で、いわゆるニューエイジの系統に属する本であろうと考えます。
 掲げたテーマが壮大な分、個々の事例になるとアラも目立ちます。たとえばアメリカの宗教をキリスト教でなくてアメリカ教、と批判するのはいいのですが、地域も時代も無視してピューリタニズムにアメリカ宗教の源泉を求めるのはいかがなものかと思います。また巻末の方で、文明が衝突し合う時代に日本人の持つ曖昧さが真価を発揮する、と書いていますが、同時に日本人は自らの曖昧さを明晰に自覚し、他者に対して論理的な説得を試みなければいけないとも言っています。明晰に自覚される曖昧さ、を理解するのは難しい。
 最後に、国際紛争や民族問題などの原因をすべてそれぞれの関連団体が持つ宗教性(それもかなり
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告