中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人間小唄 (100周年書き下ろし) 単行本 – 2010/10/19

5つ星のうち 3.0 22件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 118
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

野間文芸賞受賞第一作となる、書き下ろし長編小説。

俺の精神を踏みにじったあの作家だけは許さない。
作家を拉致監禁し、「短歌を作る」「ラーメンと餃子の店を開店し人気店にする」「暗殺」のどれか一つを強要した俺。だが、事態は思わぬ方向へ--。
希代の作家が描き尽くす史上最低のバトル!

内容(「BOOK」データベースより)

「情熱だよ。やむにやまれぬ情熱だよ」。こんな小説、ほかの誰にも書けない。パンク純文学作家が放つ、空前絶後の書き下ろし長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062165880
  • ISBN-13: 978-4062165884
  • 発売日: 2010/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 480,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
芥川賞作品である『きれぎれ』にみせるような凝った悪文は、現在では簡略化されているというか、熱を感じなくなった。
個人的な感想をいえば、『きれぎれ』では熱がありすぎて、少々私にはこってりしすぎたものの、その後ファンからは名作と謳われた『告白』では、やはり見事なバランスであった。
この『人間小唄』だが、やや尻すぼみの感は否めない。
凝った文体を練り上げる作業が億劫にでもなってしまったのではないかなどとも訝ってしまう出来。
しかしながら、この作者は『既存の洒落た文学へのアンチテーゼ』なるものを抱えているようにも思われるので、このお粗末な文章、排他的な独自の言語と言うのは、町田氏なりの一つの形なのかもしれない。
物語としては、特筆すべき点はないかと思われる。
よく言えば町田流、悪く言えば行き当たりばったりの何でもアリストーリー。
幻想的な世界観に嵌め込んでしまえば、強引な展開にも納得はいく。
逆に言えば、現実と非現実の狭間のような、この幻想世界を理解できない方には全く魅力を感じ取ることが出来ないかもしれない。

装丁はすばらしい。
所有することに、喜びを素直に感じられる出来。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
町田さんの本はかれこれ10冊以上は読んできた。『きれぎれ』『実録・外道の条件』『パンク侍、斬られて候』『告白』など、「やられたな」と苦笑しつつ拍手した本も少なくない。
でも今回はスカじゃないかな。復讐相手を逃げられない時空に閉じ込めて突き付けた「短歌を作る」「ラーメンと餃子の店を作って成功させる」「暗殺」という3つの条件に沿っての箱書きで、突き当たった壁を破ってくる、いい時のパワー、スイングが感じられませんでした。
出版社の記念出版という期限に合わせての、熟さないままの速成だったのかもしれないし、あまりにもたくさんの本を書きすぎて枯れてきたのかもしれません。これから町田さんの本を読み始める人には勧められません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
冒頭の下りは、とても奇妙で
彼独特の文体もあいまって、わらけるぐらいに良い感じ。

そこから、違った展開になっていく。

感じとしては、「悪い村上春樹」のような世界観だったなぁ。

まあ、ネタバレするのでそれ以上は書けないけれども
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 :-)  投稿日 2011/3/23
形式: 単行本
短歌の解釈まではおもしろく読めたのだが
本筋の拉致監禁以降は正直、つまらなかった。
蘇我臣と未無の2人の内面が全く分からない(というか描かれていない)ので
主人公が理不尽な仕打ちを受けているようでただただ悲惨だった。

あと一番残念なのは、2人の会話のやりとりがかなり雑だということ。
過去の名著のような言葉を選んでる感じがなく、あまり笑えない。

唯一笑えたのは、どういった場面か忘れてしまったが
「あらよっと」の場面です。
気に入ったので今度使ってみようと思います、職人気分で。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 saroshi 投稿日 2012/3/3
形式: 単行本 Amazonで購入
THIS IS パンク小説。
町田康さんの小説は近年の作品ほど、よりパンクに、音楽的に、言いかえれば難解になってきている気がする。
デビュー作である「くっすん大黒」を中島らも氏は「全く役に立たない小説」として高評価した。
町田さんの小説は、無意味に意味を置くことでパンクな世界を生みだしてきた。
やがて、社会の不条理と戦うアナーキズムをもって、天下無敵のパンク文学を確立し、それは歴史的名作である「告白」に結実したように思う。
本作は、その延長線上にある作品だ。
だけど、どこかで、一般読者の理解する範疇を超えてしまっている。線は同じなのだけど、点が行きすぎてしまったような感が否めない。しかし、それはきっとわざとなのだろう。
思えば、「きれぎれ」もそうだった。
町田さんはきっと故意に、ギターのフレットを操作するように高音と低音を使い分けているのだと思う。
そういう意味で、先日出版した「残響」ほどではないが、これはかなり高音に近い作品だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
少し言葉を盛り過ぎな印象です。読者により深みを持たせる手法なのだと思いますが、少々子供じみたやり方で、読み手が疲れる割に内容に乏しいという印象です。期待していただけに残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック