人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BO... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 23,980
通常配送無料 詳細
発売元: モカショップ 伊勢崎
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX

5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 23,982 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 642 (3%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 22,826より 中古品の出品:10¥ 12,000より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX
  • +
  • 若葉のころ DVD-BOX
  • +
  • 青の時代 DVD-BOX
総額: ¥62,074
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堂本剛, 堂本光一, 黒田勇樹, 赤井英和, 桜井幸子
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2002/04/25
  • 時間: 540 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000063EF8
  • EAN: 4947127520140
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 70,130位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   1994年にTBS系列で放送され、そのセンセーショナルな内容が話題となった野島伸司脚本のTVドラマ。名門の高校へ優秀な成績で編入することになった極めて純粋で真面目な少年・大場誠(堂本剛)。新任教員の森田千尋(桜井幸子)が担任を務めるクラスに入ることになったが、彼はそこで世間のさまざまな暗部を目の当たりにすることとなる。
   いじめ問題や小動物への残虐行為、教師同士の反目や成績優秀な生徒(堂本光一)の教師への偏愛、義母との確執に父の不倫といった、善人の仮面を被った醜い内面がこれでもかというくらいに畳みかけられ、野島お得意のヒリヒリする不穏な空気がたまらない作品。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

1994年7月から9月までTBS系で放送された、名門男子中学校で起きる悲劇と復讐を描いた野島伸司脚本のドラマ。出演は堂本剛、堂本光一ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

野島作品の中でも一、二を争う傑作。
過激なイジメシーンに圧倒されてしまいがちですが
この作品、「少年を殺したのはどの愛か」
という言葉で語られるようにテーマは歪んだ愛
であると思います。
確かにイジメが問題ではあるのですが、それはあくまで表出で、
ではそのイジメの根底にはどんな人間の感情の渦があるのか・・
そこがこのドラマ、とても深く、上手いです。
自身の学歴コンプレックスに固執するあまり最後まで息子の窮地を
悟ることの出来なかった父親・・
誠を愛するあまりに強く憎んでしまった留加・・
留加への独占欲故に誠を陥れた教師・・
母親の過度の受験への期待に圧され優秀な誠を妬み嫉んだ和彦・・
父親の誠に対する、教師の留加に対する、留加の誠に対する、
また母親の和彦に対する、歪んだ愛
少年を殺したのはどの愛でしょうか?
演技、それから曲などの演出も含め、全体の出来としてもとても素晴らしい作品です。
野島作品は人の心の触れたくない柔らかく弱いタブーな部分を、オブラートに包むことなくどんと提示してくるから・・
もう要所要所が本当に・・痛いです。
陰陽双方の感動をよく感じさせられ、
考えさせられる、名作だと思います!
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
個人的、野島伸司作品最高傑作の1本です。
“脚本”、“キャスト”、“スタッフ”の三要素が、
完璧に化学作用を起こし、奇跡のような作品が生まれたと
いっても過言ではないと思います。
脚本の段階からカットされた部分、新たに付け加えられた部分、等、
全てが映像に向かって完璧に創られています。
(唯一、最終話で桜井幸子に集まって来る生徒の数が12人で、
12使徒、人間の善性を表現しているという部分だけ、
映像では解らなくなっていますが)
これだけの完成度を誇る作品ですが、残念ながら星4つ。
なぜなら、版権問題をクリアできず、主題歌として、
サイモン&ガーファンクルの楽曲が入っていないからです。
(これは、VHSも同じ)
ON AIRバージョンでは、サイモン&ガーファンクルの楽曲と相まって
物凄い迫力と感動を出していたのが……
本当に残念です。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
放映当初は過激なイジメの描写により非難を浴び視聴率も低迷したが父の復讐劇から驚異的な視聴率を記録した野島作品の話題作。
誠(堂本剛)のまっすぐすぎる正義感が仇となりクラスメイトからの陰湿なイジメにあうが泣き言ひとつ言わない誠の姿に涙する。
そんな誠のSOSに気付かなかった父(赤井英和)の苦悩。復讐のために殺人まで犯してしまうのは心情的には理解できる。
決して復讐には賛同できないがイジメが社会問題になっている今だからこそ、たくさんの人にもう一度観てもらいたい作品である。

残念な点はルカ(堂本光一)のその後の描写が無いことと権利の関係で主題歌のサイモン&ガーファンクルがカットされた事ぐらいですがそんな事も忘れるくらい夢中で観られるドラマです。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
野島氏は80年代にもトレンディードラマ系で活躍していたようだが、事実上「野島世界」を構築したのは「高校教師」が始まりではないだろうか?この作品で色々なタブーを取り上げ話題になったが、続く2作目と言ってよいであろう、「人間失格」もまた新たなタブーに挑戦した。
前作で謎めいた女優として注目を集めた桜井を再び起用、そして温厚なキャラクター設定で存在感を示した赤井が再び主役として抜擢された。前作同様温厚な人物設定でまたしても見事なはまり役ではあったが、前作と微妙に異なるのは赤井が後半になるにつれ殺人鬼へと変貌してしまう事だ。しかしながらその動機を知ると息子を失ったがためにがその感情がちょっと歪んだ方向へ行ってしまった。つまり紙一重な部分で善人の故に殺人鬼へと豹変してしまったとも言える。
桜井は前作とは全く逆のおてんばな先生役という設定で言い意味で期待を裏切った。
そして準主役として全くの素人キンキキッズを起用。当初はジャニーズが野島ドラマに染まるか?と危惧していたが、何のその見事にドラマに溶け込んでいた。特に剛が前半編の最後に墓の前で眠るように泣いていたのは初ドラマとは思えないほど好演だったし、赤井との球場での最後のキャッチボールは関西弁でしか伝わらない温かさを感じた。
確かに、前半の過激ないじめシーンや後半の戦慄の復讐と相変わらずの「野島節」が随所
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック