通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人間・失格―たとえばぼくが死んだら (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人間・失格―たとえばぼくが死んだら (幻冬舎文庫) 文庫 – 1997/4

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人間・失格―たとえばぼくが死んだら (幻冬舎文庫)
  • +
  • スコットランドヤード・ゲーム (小学館文庫 の 2-1)
総額: ¥1,276
ポイントの合計: 33pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

集団で他人を傷つけるハイエナ達よ、僕は…凄惨なイジメによって、少年が自殺した。真相を知った父親の中で鈍くきらめく光。しかし…人は人を裁けるのか。父子の絆、イジメ、少年愛…大反響を呼んだ問題のドラマを小説化。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

一人の少年の自殺。その裏には凄惨なイジメと、複雑な少年愛の世界がからみ合っていた。真相を知った父親の中で鈍くきらめく光。人は人を裁けるのか。大反響を呼んだ問題のTVドラマを小説化。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 411ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (1997/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877284346
  • ISBN-13: 978-4877284343
  • 発売日: 1997/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 313,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
TBS系野島3部作の2作目にあたるこの作品は、野島伸司の代表作というだけではなく、今や国民的アイドルKinKi Kidsの二人が、デビュー前に揃って出演し、その人気に火を点ける切掛ともなった記念すべき作品です。
「虐めによる少年の死」を起点に、壮絶なイジメの背後にある「10代の少年の苦悩と葛藤」、「親子の絆」などが、それぞれに複雑な事情を抱えた登場人物を絡めて描かれており、「果たして、人は、人を裁く事ができるのか?」という壮大なテーマを考えさせられた素晴しい作品です。
既にドラマやDVDを見た方でも、活字ならではの、「野島ワールド」もイイですよ!! "感動する事間違いなし!!"お勧め!!です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 haru 投稿日 2004/8/19
形式: 文庫
有名進学校に進学した誠が、いじめを受けて自殺に追い込まれる。
神に近づく為にシャッターを押す教師、クラスにいじめがないと思って疑わない担任、親友のルカ、そして最後に誠の父が犯した罪・・・。
登場人物全員が誠に対してなんらかの責任を持っていて、読んだ後もじっくりと考えさせられる本でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
脚本家として一流の野島さんですが……。

内容なとっても今の時代でも考えさせられるテーマのものなのに
本となると読みにくい。視点、シーンの移り変わりが激しすぎるので
もったいないという感じです。
逆にドラマで見る方がわかりやすいです。

ある意味、本ってこういう書き方でもいいのかなぁ……と、思ってしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 牧野san VINE メンバー 投稿日 2006/9/2
形式: 文庫
希望もなく、シリアスで暗い物語の様な印象を受けました。

テーマは人が人を殺して良いのか?ということだそうですが、とても難しいテーマです。

何が善で何が悪なのか。そしてその曖昧な線引き。また平等について色々と考えさせられました。

重い話なのですが、その分読み終わった後の考えることも多いかと思います。

文章はとても読みやすく、難しい表現も出ていませんので、中学生くらいでも読めるかと。

ただ考えさせられることは、何度も言うように、難しいかも?って感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 話じたいに別に文句はないけど。この人脚本家としては本当に一流だと思うけど、小説家としてはちょっと。文章に許しがたいものがある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック