Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 712

¥ 87の割引 (11%)

(税込)
ポイント : 356pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田坂 広志]の人間を磨く~人間関係が好転する「こころの技法」~ (光文社新書)
Kindle App Ad

人間を磨く~人間関係が好転する「こころの技法」~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 712
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 230

商品の説明

内容紹介

なぜ、欠点の多い人間が好かれるのか?/「嫌いな人」は、実は自分に似ている/人間関係がこじれていく「本当の理由」/心がぶつかったときこそ、「絆」を深める好機/どうすれば、本当の自信と強さが身につくのか?/「人間を磨く」とは、「非の無い人間」をめざすことではない/難しい人間関係に直面したときが、人間を磨く最高の機会/「優等生」が、周りから好かれない理由――今すぐ実践できる「7つの技法」

出版社からのコメント

◎なぜ、欠点の多い人間が好かれるのか?

・「嫌いな人」は、実は自分に似ている
・人間関係がこじれていく「本当の理由」
・心がぶつかったときこそ、「絆」を深める好機
・どうすれば、本当の自信と強さが身につくのか?
・「人間を磨く」とは、「非の無い人間」をめざすことではない
・難しい人間関係に直面したときが、人間を磨く最高の機会
・「優等生」が、周りから好かれない理由
・なぜ、心の中の「思い」が、相手に伝わるのか?
・なぜ、「自分の非」を認められないのか?
・心の中で相手を誉める、それだけで、嫌悪感は薄れていく
・相手の心に「正対する」だけで、関係は良くなる
・自分から心を開いて、拒否されたらどうするか?
・感情的な非難をすると、相手に対して、ますます攻撃的になる
・「和解」は、ときに、十年の歳月を超えて起こる

今すぐ実践できる「7つの技法」

【目次】

人間関係が好転する「こころの技法」

第一の「こころの技法」 ‐ 心の中で自分の非を認める

第二の「こころの技法」 ‐ 自分から声をかけ、目を合わせる

第三の「こころの技法」 ‐ 心の中の「小さなエゴ」を見つめる

第四の「こころの技法」 ‐ その相手を好きになろうと思う

第五の「こころの技法」 ‐ 言葉の怖さを知り、言葉の力を活かす

第六の「こころの技法」 ‐ 別れても心の関係を絶たない

第七の「こころの技法」 ‐ その出会いの意味を深く考える

「人間を磨く」ことの真の意味

さらに「人間を磨く」ことを求める読者のために

※詳しい目次をご覧になりたい方は、下記「目次を見る」をクリックしてください。

【著者紹介】
一九五一年生まれ。七四年東京大学卒業。八一年同大学院修了。
工学博士(原子力工学)。
八七年米国シンクタンク・バテル記念研究所客員研究員。
九〇年日本総合研究所の設立に参画。取締役等を歴任。
二〇〇〇年多摩大学大学院教授に就任。
同年シンクタンク・ソフィアバンクを設立。代表に就任。
〇五年米国Japan Society よりUS-Japan Innovatorsに選ばれる。
〇八年世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Agenda Council のメンバーに就任。
一〇年世界賢人会議ブダペスト・クラブの日本代表に就任。
一一年東日本大震災に伴い内閣官房参与に就任。
一三年「現実を変革する七つの知性」を学ぶ場「田坂塾」を開塾。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 536 KB
  • 紙の本の長さ: 156 ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/5/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GR89G12
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,215位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Tokyo girl 投稿日 2016/12/25
形式: 新書 Amazonで購入
だれしもこの一冊を読んだら心に
響く内容ではないでしょうか。是非多くの方に読んでいただきたい本です!!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なんちゃって、お遍路くん トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/7/17
形式: 新書
第1の技法:心の中で自分の非を認める
第2の技法:自分から声をかけ、目を合わせる
第3の技法:心の中の「小さなエゴ」を見つめる
第4の技法:その相手を好きになろうと思う
第5の技法:言葉の怖さを知り、言葉の力を活かす
第6の技法:別れても心の関係を絶やさない
第7の技法:その出会いの意味を深く考える

目新しいことが書かれているかと言われれば、どこかで目にしたり読んだりしてきたものです。
が、解説の切り口や著者の体験に基づく事例はそれぞれの本でちがっていますし、なによりも
気づかされるのは...(私の、私だけの経験では...)30,40代ではアタマでわかり、やってはみる
けれども長続きせず、50代で少しだけ実感でわかり、少しだけ長く続けることができるように
なって、全部ではないけれどもずっと続けられるようになって...おそらく、60代以降で大きく
うなずけて、続けられる内容なのではないかと思います。

自分がいままで経験してきたことを整理できました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「人間を磨く」ためには、小さなエゴを静かに観察して、自身の醜い感情も認めてコントロールできるようになることが大事だという。
小さなエゴは「自分にはない」と思い込んだり、押さえ込んだりすると、心の奥深くで密やかに活動を始め、それが人間関係のトラブルへとつながっていく。だからエゴとは共存していくしかないということに妙に納得した。小さなエゴの具体例として「密やかな驕り」「無意識な傲慢さ」などなど、なかなか自ら気づくことのできない心の動きが紹介されていて身につまされた。この本を読むと、誰しも何かしらの自分の中の小さなエゴに気がつくのではないだろうか。なんとなく物事がうまくいかなくて、自分の生き方を見つめ直したいときにお勧めの一冊だと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1970 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/5/30
形式: 新書
「相手の姿は自分の心の鏡」という言葉とその背景の解説に
人生で出会う人や自分を取りまく方々とのより良い関係を
築くヒントが隠されている。
そして人間を磨くとはつまり心の鏡を磨くことと解釈できる。
人間として克服できない非や欠点を抱えながらも他者と向き合う技法、
田坂さんのかつての自分を振り返った(未熟さと失敗)
著書でもあります。

(本書は「知性を磨く」「人は誰もが『多重人格』」に続く三部作の完結です)
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
作者が学生時代にかわいげがないといわれて
その言葉を糧に謙虚に生きていたことが
書かれていました。
最初はこのようなスタンスはグローバルな時代には
合わないだろう、昔会社で成功した人だろうと
斜めに構えて読んでいました。
しかし、笑うから愉しくなる、行動より感情が生まれる、
自分を信頼していないから、人を信頼できない等
こころに響く言葉が多くありました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人間を磨くための修行として、日常生活で心がけるべき姿勢・考え方が大きく7つ、示されています。しっかり心の置き所として定着させていきたいことばかり。中でも、自分の心の中の「小さなエゴ」を認識するところがスタートとなるのでしょう。そして、様々なことを引き受け、成長していきたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
こういった内容の本は結構あると思いますが、その中でもお勧めできる本だと思います。
著者は東大卒のいわゆるエリートだと思いますが、その経歴にかかわらず、謙虚に内省して人間力を高めておられる姿にはとても好感が持てます。
こういった結論に導く心理学的な本も多く読んだことがありますが、この本は心理学の観点から書かれた本ではなくとも、心理学と全く同じ結論を持って主張が展開されています。人生修行の王道を行く、まさに正統派の本と言えると思います。
嫌いな相手をどう好きになるか、嫌いな相手でも縁を切らないことが大事、対人関係の嫌な経験から自分を成長させる、など、著者の実経験に基づいて話が進められており、それも非常にわかりやすいところです。
社会人は全員読んだらいいと思える本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover