中古品:
¥ 11,400
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 NEXPEEDJAPAN
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【実機にて動作確認済み】※帯付き。ディスク(5枚)・ケース・外箱揃っています。『クリーニング実施済』中古品ですが、特に目立った不具合は無くとてもきれいな状態です。 ■当店では商品のすり替え被害防止の対策として、シリアル番号や商品特有のコードが確認の出来る製品については、番号を控えさせていただいております。ご了承ください。 ■30日間の「返金、返品」保証付きです。 ■お急ぎ便、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いや代金引換え、ローソンまたはファミリーマートを利用したコンビニ受取も可能です。 ■Amazon配送センターよりご注文後、24時間以内に迅速、丁寧に梱包し直接発送致します。 ■商品には『はがせるシール』を使用しています。 ■最後までご覧頂き誠にありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

人間の証明 DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:17¥ 11,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 竹野内豊, 夏川結衣, 大杉漣, 田辺誠一, 高岡蒼佑
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/02/16
  • 時間: 468 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002KU986
  • JAN: 4988632122375
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 44,095位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

2004年7月~9月、フジテレビ系列にて放送された、森村誠一原作の社会派ミステリー「人間の証明」を映像商品化。1977年に松田優作、岡田茉莉子出演で映画化された「人間の証明」のドラマ版。今作では竹野内豊が、主人公である刑事役を熱演する。

レビュー

プロデューサー: 鈴木吉弘 演出: 河毛俊作/成田岳/久保田哲史 原作: 森村誠一 脚本: 前川洋一 音楽: 岩代太郎 出演: 竹野内豊/夏川結衣/大杉漣/田辺誠一/高岡蒼佑/横山めぐみ/池内博之/緒形拳/ボー・スヴェンソン/風間杜夫/國村隼/松坂慶子/鹿内孝/松下奈緒
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
DVD-BOXで一気に見てとても素晴らしく、驚きました。ドラマの枠を超えていると思います。

何度か見た後に原作も初めて読んでみましたが、原作の骨組みを大事に作ってあることが

よくわかりました。

刑事もの、サスペンスものは苦手だったのが、棟居刑事の静かなモノローグに引き込まれ、

人間ドラマにひきつけられ、音楽もとても美しく効果的でした。

映画よりも長い時間にわたり、濃密な物語を見せてもらえて、観客として幸せに思います。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とても重いテーマであっただけに数字の面ではあまり目立ちませんでしたが、今の時代だからこそ強く訴えかけるものがある、素晴らしい作品だったと思います。人が人であることの証明・・それぞれの人物がしっかりと証明してくれましたね。
そして、棟居刑事を演じた竹野内豊さん。彼の役者としての力量に驚いています。彼のこれからの作品がとても楽しみです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/4
このドラマで描かれているテーマやストーリーは、重く悲しい。息抜きに見たり、爽快感を求めるようなドラマではない。
しかしそれ故に、小手先の面白さで見せるようなドラマではなく、骨太のテーマが描かれる。黒人青年の死という事件を通して、家族とは、親子の愛情とは、赦すということとはどういうことなのか。過去と対峙することの難しさと大切など、様々なテーマが真摯に描かれる。
さらにテキサスの場面で描写される人種差別についても、今レビューを書いている時点(2015年)で、現実にアメリカで警官による黒人の射殺が問題になっている。根深く難しい問題が真正面から描かれている。
重厚で、尚且つ非常に良質であり、じゅっくりと腰を据えてみたいドラマだ。

俳優では、竹野内豊の好演が光る。心の翳りや繊細さ、微妙な心の動きなどを表現できる人だと思うが、棟居という人物にはぴったりの配役だったと思う。特に最終回の松坂慶子(=恭子)との対峙はとても見応えがあった。
大杉漣の名演技、緒方拳の存在感、りりぃの陰影のある演技など脇を固める俳優の演技も素晴らしいが、その中でも國村隼(小山田)と風間杜夫(新見)が見どころだったと思う。文枝という女性を巡って、微妙な立ち位置にいる二人だが、反目したり喧嘩したりしながらも、理解し信頼するようになっていて、時にどこか可笑しささえ感じさせる。この二人の場面が、ドラマのアクセントになり、また引き締めていたと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あすなろ 投稿日 2006/8/20
自分は、原作も読んでないし、ドラマ、映画も見たこと無くて、ただ竹野内豊好きさでこのドラマ見たんですけど、竹野内さん主演のドラマの中でこれが一番好きです。過去に深い心の傷を負った主人公を演じる竹野内さんは、いつになくダークで渋いです。また脇役も大物がそろってます。個人的に、國村さん&風間さんのコンビが大好きですw妻を捜す夫とその愛人。一見不自然な関係のこの二人生まれる妙な連帯感が見ていて奇妙で面白くもあります。ストーリーも、最初てんでバラバラなとこから始まって最後はきっちり全てが繋がるって感じで飽きずに楽しめました。最後に松坂慶子と竹野内豊が対話するシーンは鳥肌モンです。・・・と色々書きましたが、実際見ての感想は、全体的に暗く、人間の弱さ、怖さ、汚さが伝わってくる作品です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 marie 投稿日 2011/10/19
Amazonで購入
このドラマを見た後で、映画の「人間の証明」を深夜放送で見ました。
昔の角川映画らしく、大袈裟でお金をたくさん使ったあまり意味のない映画に仕上がっていました。
それを考えると、このドラマは本当に奇跡的に良いです。というか、素晴らしいです。

人間というものを全く信用していない棟居刑事と郡恭子。この似たもの同士が、それぞれに紆余曲折を経て、最後取調室に辿りつくのですが
二人の対決、ドラマ史に残るやり取りでした。いままで、凡百のサスペンスドラマの犯人自白シーンを見てきましたが(崖の上が多い)
ここまで緊迫した、そしてエモーショナルなものは見たことがありません。
決して激しかったり、声を荒げたりしているわけではないのに、二人の攻防はまさしく戦いでした。

何がすごいって、郡恭子が最後まで一切反省も後悔もしていないところが凄いんです。
じゃあ何故落ちたのか?
棟居は、この女のかすかに残る人間性の名残りのようなものを信じていました。だから、最後の最後には、厳しさではなく、優しさで攻めたのです。
それは、殺された彼女の息子の心を語ることでした。その瞬間、女は目の前に、自らが殺した息子を見たのです。
そして、一瞬ではありましたが、自分が人間であることを思い出してしまった
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す