人間の証明 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

人間の証明 [DVD]

5つ星のうち 3.9 67件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,596 (31%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、かばいち堂 【古物営業許可証:第651010000548号】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 3,480より 中古品の出品:10¥ 810より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ人間の証明¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 人間の証明 [DVD]
  • +
  • 野性の証明 デジタル・リマスター版 [DVD]
総額: ¥7,760
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 岡田茉莉子, 松田優作, ジョージ・ケネディ, ジョー山中, 三船敏郎
  • 監督: 佐藤純弥
  • 形式: Color, Dolby, Original recording remastered, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2000/09/22
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 67件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HM4J
  • EAN: 4997766600086
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 92,670位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   東京で殺害された黒人青年ジョニー・ヘイワード。彼が最期に残した言葉「ストウハ」を頼りに、日米をまたにかけて捜査を続ける刑事(松田優作)たち。やがて、戦後の混乱による母と子の悲劇があらわになっていく。
   角川映画第2弾の、ヒューマンサスペンスの超大作である。日本映画初の本格的ニューヨークロケ、ジョージ・ケネディやブロドリック・クロフォードといったハリウッドスターの起用も話題になった。原作は森村誠一。国内のゲスト出演も三船敏郎、鶴田浩二など、実ににぎやかである。
   劇場公開時は「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね…」のキャッチコピーがおおいに評判になるとともに、それを英訳して歌うジョー山中の主題歌も大ヒットした。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

アメリカロケなど、当時の日本映画の枠を超えるスケールの作品として高い評価を得た佐藤純弥監督によるミステリードラマ。ジョー山中、三船敏郎、松田優作ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
松田優作と鶴田浩二が同じ画面にいるのが今見るととても不思議。この二人をはじめ、ハナ肇、夏八木勲、長門裕之、和田浩治、峰岸徹、地井武男、范文雀、北林谷栄、鈴木ヒロミツ、近藤宏、そして三船敏郎。登場場面は少ないが、大滝秀治、室田日出男、坂口良子、伴淳。主題歌のジョー山中も亡くなっている。劇場で見て以来37年ぶりにDVDで見直したが、あまりの物故者の多さに改めて時の流れの速さを感じた。

「犬神家の一族」に続く角川映画第2弾の大キャンペーン。TV出演時の松田優作のムスッとした無愛想な様子が懐かしい。

最も角川映画的な角川映画がこの「人間の証明」。中川右介の「角川映画1976ー1986 日本を変えた10年」を読むと角川映画初期の10年の企画や制作状況がよく分かる。角川映画ファン(がいるのかどうか分からないが)は必読でしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
角川映画のスタートは鮮烈だった。
今の大映を吸収した角川映画ではなく、凄いスケールだった頃の角川。
角川春樹氏という良くも悪くも「ツインターボ」みたいに馬力のある
大プロデューサーに率いられて、確かにそれまでの日本映画にはない
魅力を届けてくれた。

第1作の「犬神家」はもはや伝説の域だが、この2作目もなぜだか
忘れられない。子供の頃に映画館で観た記憶が残っているのは本作と
「八つ墓村」くらいのものだ(笑)。

マンハッタンであれだけのスケールでロケを行い、松田優作とオスカー
俳優G・ケネディとの対峙に震えたが、子供心にNYCは危なそう、という
感覚を持ったのも確かだ(笑)。G・ケネディの最期も忘れられない。
松田優作は「ブラック・レイン」が遺作となったが、なにかアメリカが似合う
俳優だった。

それから三船敏郎と鶴田浩二の出演(とはいえシーンは一緒にならないが)も
凄いことだった。東宝時代に鶴田が大スターの三船に嫌悪感を持っていた
ことはよく知られるが、こういう再会の仕方は良かった。

ニューオータニの夜景も今なお鮮明に思い起こされるが、ストローハットと
あのラストシーンの
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
いい映画はどの世代が観ても面白い
とも言えますが、この映画は特に親子関係が希薄になってきた世代の(というより親のありがたみを感じる機会が少ない)方にこそオススメです
というのもこの映画は親子関係について考えさせられます
監督さんはお涙頂戴ものにしたとおっしゃってますが(親子関係がテーマだからでしょうか)、すでに親元を離れている僕からしたら涙より郷愁を強く感じました
親と一緒に過ごす時間はどうしてあんなに思い出深いんでしょうか・・・特別なにがあったわけでもないのに
親がウザイ、と思う人はこの映画を通して別の視点から考えてみるのも面白いと思います

昔みた人が懐古するだけではもったいない、若い人がたくさん観てくれると嬉しい映画です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
大量の広告で原作と映画のメディアミックスを成功させた『犬神家の一族』(1976年)から一年。時代の風雲児となった角川春樹は、角川春樹事務所製作第二作として森村誠一原作の『人間の証明』を映画化した。
 ファッションデザイナー八杉恭子(岡田茉莉子)のショーが終わった会場のエレベーターで一人の黒人男性ジョニー・ヘイワード(ジョー山中)が腹部を刺された状態で倒れ死亡する。「ストウハ」という謎の言葉と西条八十の詩集を残し・・・。同日、別な場所で車による轢殺事件が発生。捜査に乗り出した警視庁の棟居(松田優作)とベテラン刑事の横渡(ハナ肇)のコンビは二つの事件にあるつながりを見つけていく…。
 優作は、黒人男性の過去を追って渡米する寡黙な棟寄刑事を好演した。作品の中で優作は常に眉間にしわをよせて捜査をする。テレビと違いアクションは控えめだがしかし「太陽にほえろ!」のジーパン刑事と同様に華麗に走った。特に岩城洸一を追い詰めるシーンではその美しい走りっぷりにうっとりしてしまう。後にプロデューサーの黒澤氏が「世界一美しく走る俳優」と表現したがまさにそのとおりだと思う。優作のほかに鶴田浩二、三船敏郎、ジョージケネディなど豪華キャストが出演しているが、優作は存在感のある演技で見事に主役をこなし、作品を一級のエンターテインメントたらしめている。そういえば撮影中、スケジュール調整でもめた俳
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック