Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

人間の証明 1977

G
プライムで視聴できます

「母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね?」 “キスミーに行くんだ”ハーレムを飛びだした黒人青年ジョニーは東京のホテルのエレベーター内で鮮血に染まってしまう。“ストウハ”という最後の言葉と西條八十の詩集。刑事らは彼の過去を追ってNYへ。キスミーとは?ストウハとは?捜査が進むにつれ浮びあがる女流ファッションデザイナーの影。次々と明らかになる新事実。父と子、母と子、男と女の愛が見えない意図に絡みあう―

主演:
三船敏郎, 松田優作, 鶴田浩二
再生時間:
2 時間, 12 分

対応デバイスで視聴できます

プライム・ビデオのおすすめ

『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』見放題独占配信中

2月17日より配信開始の「バチェラー・ジャパン」
総合プロデューサー今田耕司ほか 出演者、女性参加者の詳細情報を今すぐチェック | 予告動画 も配信中。

その他おすすめ >> バイオハザード シリーズ I~V(字幕版)
アニメ | キッズ | お笑い・バラエティ | プライム・ビデオ トップページへ

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

プライムで観る
30日間の無料体験を試す

レンタルしますか?

レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタル期間が終了します。

レンタル 映画 HD(高画質) ¥300

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

プライムで観る
30日間の無料体験を試す

レンタル

レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタル期間が終了します。

レンタル 映画 HD(高画質) ¥300
レンタル 映画 SD(標準画質) ¥300
その他の購入オプション
このデバイスではビデオを視聴できません。購入したビデオはビデオライブラリに追加され、Kindle Fire、PC、iPhone、iPadなどの対応デバイスで視聴できます。
注文を確定または「今すぐ観る」をクリックすることにより、利用規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Int'l Sales, Inc.

作品詳細

ジャンル ドラマ, ミステリー・サスペンス, 日本映画
監督 佐藤純彌
主演 三船敏郎, 松田優作, 鶴田浩二
提供 角川書店
レーティング G
購入の権利 今すぐストリーミング 詳細
フォーマット Amazonビデオ(オンラインビデオをストリーミング)

その他のフォーマット

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
松田優作と鶴田浩二が同じ画面にいるのが今見るととても不思議。この二人をはじめ、ハナ肇、夏八木勲、長門裕之、和田浩治、峰岸徹、地井武男、范文雀、北林谷栄、鈴木ヒロミツ、近藤宏、そして三船敏郎。登場場面は少ないが、大滝秀治、室田日出男、坂口良子、伴淳。主題歌のジョー山中も亡くなっている。劇場で見て以来37年ぶりにDVDで見直したが、あまりの物故者の多さに改めて時の流れの速さを感じた。

「犬神家の一族」に続く角川映画第2弾の大キャンペーン。TV出演時の松田優作のムスッとした無愛想な様子が懐かしい。

最も角川映画的な角川映画がこの「人間の証明」。中川右介の「角川映画1976ー1986 日本を変えた10年」を読むと角川映画初期の10年の企画や制作状況がよく分かる。角川映画ファン(がいるのかどうか分からないが)は必読でしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
角川映画のスタートは鮮烈だった。
今の大映を吸収した角川映画ではなく、凄いスケールだった頃の角川。
角川春樹氏という良くも悪くも「ツインターボ」みたいに馬力のある
大プロデューサーに率いられて、確かにそれまでの日本映画にはない
魅力を届けてくれた。

第1作の「犬神家」はもはや伝説の域だが、この2作目もなぜだか
忘れられない。子供の頃に映画館で観た記憶が残っているのは本作と
「八つ墓村」くらいのものだ(笑)。

マンハッタンであれだけのスケールでロケを行い、松田優作とオスカー
俳優G・ケネディとの対峙に震えたが、子供心にNYCは危なそう、という
感覚を持ったのも確かだ(笑)。G・ケネディの最期も忘れられない。
松田優作は「ブラック・レイン」が遺作となったが、なにかアメリカが似合う
俳優だった。

それから三船敏郎と鶴田浩二の出演(とはいえシーンは一緒にならないが)も
凄いことだった。東宝時代に鶴田が大スターの三船に嫌悪感を持っていた
ことはよく知られるが、こういう再会の仕方は良かった。

ニューオータニの夜景も今なお鮮明に思い起こされるが、ストローハットと
あのラストシーンの
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
大量の広告で原作と映画のメディアミックスを成功させた『犬神家の一族』(1976年)から一年。時代の風雲児となった角川春樹は、角川春樹事務所製作第二作として森村誠一原作の『人間の証明』を映画化した。
 ファッションデザイナー八杉恭子(岡田茉莉子)のショーが終わった会場のエレベーターで一人の黒人男性ジョニー・ヘイワード(ジョー山中)が腹部を刺された状態で倒れ死亡する。「ストウハ」という謎の言葉と西条八十の詩集を残し・・・。同日、別な場所で車による轢殺事件が発生。捜査に乗り出した警視庁の棟居(松田優作)とベテラン刑事の横渡(ハナ肇)のコンビは二つの事件にあるつながりを見つけていく…。
 優作は、黒人男性の過去を追って渡米する寡黙な棟寄刑事を好演した。作品の中で優作は常に眉間にしわをよせて捜査をする。テレビと違いアクションは控えめだがしかし「太陽にほえろ!」のジーパン刑事と同様に華麗に走った。特に岩城洸一を追い詰めるシーンではその美しい走りっぷりにうっとりしてしまう。後にプロデューサーの黒澤氏が「世界一美しく走る俳優」と表現したがまさにそのとおりだと思う。優作のほかに鶴田浩二、三船敏郎、ジョージケネディなど豪華キャストが出演しているが、優作は存在感のある演技で見事に主役をこなし、作品を一級のエンターテインメントたらしめている。そういえば撮影中、スケジュール調整でもめた俳
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
元々建築の仕事をしていたので、映画も構図ビジュアルで観てしまう。「人間の証明」は35年前の映画だが、ラストシーンの構図の素晴らしさに感銘。主人公の女性が渓谷に立つ。夜が明け始める。女性のバックには山。その山のちょうど山頂から日が昇る。このシーンが最高に美しい。空気がキラキラ光る。女性の服もキラキラ光る(おそらくスパンコールの服?)女性は麦わら帽子を渓谷に投げる。帽子は空を舞う。そして女性は渓谷に身を投げる。落ちて行く女性ははあえて映さずに、谷底に落ちて行く帽子だけを映して、落ちて行く女性を暗示させる。やがて帽子は深い渓谷の空気の中にうっすらと消えて行く。以上のシーンに感動的な音楽が重なる。CGもなかった時代、おそらくちょうど山頂から日が昇る日をわざわざ待って撮影したとしたら脱帽モノ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー